DSCN8741fer.jpg

帝国ホテル 東京「インペリアルバイキング サール」でディナーバイキングを
体験してきました。

ローストビーフ、アップルパイ、カレー、エビフライ、
ショートケーキなど、帝国ホテル伝統メニューのオンパレード!!


日本・フィリピン国交正常化60周年記念「フィリピンフードフェア」が開催!
更にインペリアルバイキングサールの定番帝国料理も提供されていて、
なかなか華やかなディナーイベントでした。
DSCN8668vfdtr.jpg

17:00時頃、帝国ホテルに到着!!
どうもこの日は宝塚で、イベント? (何かの引退興行??)
があったみたいで、凄い数の警備員が配置されていました!
DSCN8862cs.jpg
19:45分頃の帝国ホテル周辺の様子。
宝塚ファンの大歓声が、帝国ホテルにまで響いてきた!!
DSCN8669vfd.jpg
DSCN8670b.jpg
DSCN8849few.jpg
DSCN8850fer.jpg
パークサイドダイナーやガルガンチュア、アクアが「ハワイ・ハレクラニフェア」を
開催していた。
帝国ホテル全体が南国風の雰囲気。
夏ですねえ。
DSCN8672gbdf.jpg
DSCN8673bgfve.jpg


17階の「インペリアルバイキング サール」に移動する為のエレベーターに
乗る為に、1Fロビーへ。
17:00辺りのロビーの様子。
やっぱり混んでいる。
DSCN8675bfgbdf.jpg
DSCN8676bgf.jpg
やっぱりランチ時より、夕方の帝国ホテルの方が面白いな。
薄暗い方が、照明がより重厚に感じる。
昼と夜とでは、随分印象が違うんですね。
DSCN8677bfg.jpg
そういえばランデブーラウンジ周囲の椅子が全て埋まっていた。
日曜の夜なのに、利用者が多いんだ。
(もっと日曜の夜は空いているとばかり)
DSCN8679bgf.jpg
DSCN8681b gf
DSCN8682bgf.jpg
ランデブーラウンジが激混み!! 
あえて撮影しなかったけど、過去最大級の混み様!
サービスの方々が、凄いスピードでサービスを展開していた。
(とはいえあれだけ忙しいのに、サービスの方々が決して走らない姿勢に関心)
DSCN8683bfg.jpg
とりあえずエレベーター入口へ移動。
やっぱり、女性の方がエレベーター前で案内してくれた。
エレベーターが閉まる瞬間までお辞儀してくれて恐縮
してしまう。
(この辺りのもてなしは、本当に怖い位徹底している。さすが。
見習わなくては)
DSCN8685bgf.jpg
インペリアルバイキング サールがある17Fへ移動。
よく考えたら、「夏の帝国」って初めてだ。
春とか冬ばかり訪問していた記憶が。

DSCN8684bfgg4w.jpg
DSCN8686bfg.jpg
DSCN8687b gf
古いエレベーターだけど、重厚感があって少し気分が引き締る。
(とはいえ、液晶も設置されていてホテルイベント案内などもある)
DSCN8688bfg.jpg
17F到着。17Fエレベーター付近(17:00頃) 割と静寂。
DSCN8845few.jpg
DSCN8846fwe.jpg
17F待合いスペース。
(バイキングが始まる前は、ここで休息が取れる。クロークに
荷物を預ける事も可能)
既に日曜日のバイキングがスタートしていた。
特に、クロークに預ける荷物もないので、そのままインペリア
ルバイキングへ入場する事にした。
DSCN8696bf.jpg
DSCN8697bgr.jpg
フィリピンの観光リゾート島ボラカイ島の案内が、入口に
設置されていた。
いつもよりも、陽気な気分になる。
DSCN8695bgf.jpg
入口が「フィリピンフードフェア」仕様になっていて、なんだか
エキゾチック。
DSCN8838fer.jpg
DSCN8820gre.jpg
DSCN8821erfgver.jpg
フィリピンの服を来たサービスの方が席まで案内してくれる。
でも、陽気な南国風の服なのに、動きがフォーマル。
(謎の違和感があっておもしろかった)
やっぱりここは帝国ホテルなんですね。
DSCN8698b.jpg
DSCN8699fw.jpg
DSCN8765ferfe.jpg
席に座ったら、簡単な説明を受けてバイキングスタート。
今回時間制限はなかった。
ドリンクの有無などを聞かれたが、アイスティーやホットの
紅茶なら何度お代わりしても料金に含まれるのでお得。
(今回はアイスティーとホットティーを交互に注文)

ただ、フェスティバル中ということでトロピカルドリンクの様な
飲み物を用意してあったようだ。
ビールやアルコールなどが欲しい方はバイキングと別料金になるが、
注文しても楽しいだろう。
DSCN8839erf.jpg
インペリアルバイキング サールのディナー時の様子。
重厚な雰囲気がありますね!

さすが日曜日のディナー。
家族連れが、実に多い。
ちなみに、インペリアルバイキングで誕生パーティーという
家族連れも多かった。
いたるところに、バースデーケーキでお祝いが行われていた。

DSCN8756fre.jpg
とりあえず、前菜コーナーの様子などを。
やっぱり、スタート時は並びますね。
DSCN8740fer.jpg
DSCN8759fer.jpg
DSCN8760fverfwe.jpg

前菜&冷製コーナーには、氷の彫刻が設置されていた!!
中には帝国バイキングのロゴが!
いかにも帝国ホテルっぽくて、感動してしまう。
DSCN8742frew.jpg
DSCN8779fver.jpg
テリーヌやスモークサーモン、帝国ホテル伝統のポテトサラダなど
帝国伝統メニューが並ぶ。
DSCN8743fer.jpg
アスパラガスの冷製スープの下には、帝国ホテル伝統の
コンソメスープゼリーが。
DSCN8744fwe.jpg
エビと豚肉のクレープ。(フィリピンフードフェアの一品)
さっぱりした味。

DSCN8761fer.jpg
蛸の燻製と海藻の柚子風味のソース分葱和え

となりが、トマトとモッツアレラのカプレーゼ
やっぱり気温が高いと、冷製関係の料理がよく売れますね。
DSCN8763fewr.jpg
DSCN8713ved.jpg
DSCN8714ved.jpg
DSCN8715ved.jpg
サラダコーナーも女性客多し。
野菜の鮮度は完璧。パリパリ感が見た目だけでも分かる。
そういえば、どの料理も温度差が徹底的に管理されていて
冷たい料理は、テーブルに運んでも冷たかった。
DSCN8710ved.jpg
DSCN8711ved.jpg
DSCN8712vfed.jpg
エスカルゴブースに。
ディナー時において種類は3つ。

「小海老とピーマンのココナッツカレー風味 リゾーニ添え」
「エスカルゴの香草バター風味」
「魚介類のサフランスープ仕立て バジル風味」
ランチは確か2種だったけど、ディナーだと3種になるんですね。
暑かったからこのブースはパスしてしまったけど。
サフランスープをいただいて、見ても良かったかな。
DSCN8757fer.jpg
この窓際のブースは帝国ホテル特製ローストビーフ、揚げ物、帝
国ホテル特製カレー、フィリピン料理、煮込み、パスタなどが設置
されています!


さり気なく帝国ホテル名物料理が、一気に味わえる夢の様なブース!!
DSCN8703fwer.jpg
牛肉煮込み フィリピン風。

食べてみたところ、アメリカ南部の煮込み料理に似ていた。
フィリピンはアメリカ統治時代があったから、自然とアメリカ
料理を取りいれていたのかな?
DSCN8704fer.jpg
フィリピン風ポトフ
フランス料理っぽいアレンジか?
DSCN8705vef.jpg
海老と野菜のピーナッツソース。
DSCN8706vdf.jpg
豚肉のガーリックライス
DSCN8708fd.jpg
ビーフンの炒め煮

実はこのビーフンにはまりました。
(お出汁が、やたら美味しくて)
帝国ホテルの出汁でビーフンを作ると、こういう
テイストになるんだなあ……と妙に感心してしまった。
DSCN8747frw.jpg
DSCN8748fwe.jpg
DSCN8749fcwe.jpg
DSCN8751rfce.jpg
パンやドライナッツ。
どうしても、ここに来ると私は帝国ホテルカレーを食べる事になるので
パンの出番がない……
DSCN8752fcwer.jpg
さすがにお頭付きではないですか、帝国伝統のエビフライが大量
に用意されていて感動!!


エビフライが、整列して積み重なっているのが美味しそう。
(実際、エビが肉厚で美味かった)

フィレビーフのカツレツも良かった。
DSCN8767fver.jpg
DSCN8770fer.jpg
遂にご対面!!
「帝国ホテル特製 伝統のローストビーフ」

おおお! 本物だ!!!
DSCN8768fer.jpg
やはりスタート時から、ローストビーフの人気が高い。
行列が出来るが、手早い仕事でローストビーフをカットしていくので
直ぐに食べられる。
ちなみにディナーなので、ローストビーフが提供されていた。
ランチだとローストポークなどの場合がある。
(ローストポークはそれはそれで、ジューシーなお味で好きだ)
牛肉はUSビーフだそうです。
DSCN8809ferwedew.jpg
デザート&フルーツブース。
最近オブジェとか用意されているんですね。
注文を受けてからその場でアイスクリーム(ジェラート)を取り分けて
くれるサービスは健在でした。

DSCN8718ved.jpg
アイスクリーム(ジェラート)がディナー時はなんと10種!
ランチ時は8種だった。
初めて抹茶ジェラートを確認!
ちなみに、サービスの方のお勧めはラムレーズン。
ラムレーズンはランチ時には確認できなかったけど。
もしかして、ディナー限定メニュー?
DSCN8719ved.jpg
DSCN8724ved.jpg
グラススイーツは夏仕様。
モンブラン、ピーチのゼリー、フロマージュのムース
ココフラン(フィリピンフェアスィーツ)
DSCN8725fre.jpg
帝国ホテルの伝統のメニューモンブランが、グラススィーツ化して
いて驚いた。
帝国ホテルの売店で単品のモンブランを買うと、900円位だったっけ??
味は冷たいけどねっとり。
DSCN8726fer.jpg
DSCN8727fer.jpg
DSCN8728fer.jpg

例の帝国ホテルのプリンかと思ったら、フィリピンフェアスィーツに
アレンジされていた。
想像以上に、夏向きメニューに切り替わるんですね。

確かに前回冬に来た時とは、メニューの趣が違う。
DSCN8732vger.jpg
ケーキ類コーナー!!
帝国ホテルお得意のスポンジを生かしたケーキ類が並んでいます!!
DSCN8729fer.jpg
遂にディナーバイキングということで、帝国ホテルアップルパイが登場!!
おおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!
ランチでは見かけなかったんですよね!!
大量にリンゴが具に使われていて、圧倒された。
(焼き色はもう、完璧)
DSCN8730ve.jpg
DSCN8746fwr.jpg
一体林檎が何個使われているんだろ??
多少お腹いっぱいになっても、あっさりしてるから
どこまでも食べられる。
DSCN8731ve.jpg
DSCN8733fer.jpg
DSCN8734fer.jpg
チーズケーキの味は、昔懐かし系だった。
(生地の滑らかさ具合がどこまでも均一)
DSCN8735ferfer.jpg
DSCN8736fer.jpg
DSCN8737fer.jpg
このレアチーズが、フェイントの様に美味しかった。
見た目よりも、味が派手。
DSCN8738fre.jpg
やっぱりスポンジ&焼き菓子系が得意なホテルですね。

アフタヌーンティー時のショートケーキもそうだけど、毎日スポンジを
均一な焼き上がりに仕上げなきゃならないそうだけど。
今回もスポンジのふわふわ感を楽しめた。
DSCN8717ved.jpg
フルーツコーナーはマンゴーやスイカが用意されていた。
今にして思うと、相当上質のマンゴーだったんだろうな。

とはいえ、スイカが各席で大人気でした。
やっぱり夏ですし。
DSCN8764fer.jpg
とりあえず、前菜をいただいいてからローストビーフを食べる事に。
蛸の燻製が美味。
全体的に夏向きだ。
前菜はあくまで軽めに食べてから、ローストビーフやカレー、その他の帝国
名物料理を楽しむ方がいいだろう。
(どうしても、最初のメニューなので前菜を大量に食べてしまう恐れあり)
DSCN8753fer.jpg

前菜を食べ終えてから、一気にローストビーフブースへ向かう!!!!
帝国ホテルのローストビーフを食べるのは、人生初となる。
食べる前から、胸が高鳴る。
(有名なメニューなのに、なぜか食べる機会を逃していた)
DSCN8771fdewd.jpg
台の上で、西洋わさびや胡椒などをトッピング可能。
個人的には英国風に西洋わさび。
(胡椒を振りかけている方も多数いた。主に男性)
DSCN8776fre (1)
帝国ローストビーフを食べてみる。
ジューシー!
どちらかというと、中華料理の様なチャーシュー感が強いかな?
(ハム感ではない)

肉汁はたっぷりとじこめられていた。
USビーフを使用しているそうだけど、肉質というよりは
焼きの技術が勝っている感じがした。
パサパサ感は皆無。
つまり食べやすい&柔らかくて美味い。
DSCN8774feverewr.jpg

あとね……牛肉に実にしっかりと塩で下味がついていて
感心した。
なんというか、下味とか、焼いた後寝かせる事とか実に
しっかり仕事しているんだろうな。

USビーフでも、ここまで味を引き出せるとは……
DSCN8775fewr.jpg
あと、お肉のカットの幅も肉質の柔らかさに合わせて
あるんですね。
ナイフとフォークで、このローストビーフに触ると
「ふにっ」としたジューシーな感覚がたまらない。
書いていてお腹が空いてきた。

DSCN8778fer.jpg
DSCN8784rfver.jpg
DSCN8786fevr.jpg
ほうれん草とシーフードのペンネグラタン
牛肉煮込みフィリピン風
豚肉のガーリックライス

折角なのでフィリピン料理をいただく事に。
DSCN8788fver.jpg
DSCN8790fver.jpg
要するに「牛肉煮込みフィリピン風」って、ビーフシチューに近いかな?
帝国ホテルのビーフシチューを食べているかの様な感覚だった。
(お肉は柔らか)
DSCN8791fer.jpg
グラタンは、チーズが贅沢にどっさり使ってあった。
凄い量のチーズに、焼き目をつけてあるんだな……
街の洋食屋さんのグラタン風で食べやすい。
DSCN8793fer.jpg

豚肉のガーリックライスは屋台風な味。
味わいがシンプル。
外で食べると美味そうなルックスですね。
DSCN879csdefwfwewefwe.jpg
野菜たっぷり伝統のカレー

カレーは小さいお皿によそってもらうシステム。
(大きい皿で、一杯カレーを食べたい方は前もって言っておけば
いいだろう)

そういえば、カレーのルーだけ注文していた方がいたけど。
どういう食べ方だったんだろう???
未だに気になるな。
DSCN8797dwe.jpg
ディナー限定のフィレビーフのカツレツと、やはりディナー限定のエビフライ
をカレーに乗せていただくことに。
エビフライの揚げ加減が、兎に角上手すぎる……
帝国ホテルって、揚げ物が謎に美味いな。
やっぱりディナー時だと、揚げ物もフィレビーフとかエビフライなど
ちょっと豪華なメニューが加わってきて楽しい。

フィレビーフのカツレツ自体、単品でもかなり完成度が高かった。
(カツカレー風にしたら、ソースとカツの相性が抜群。しかも、味
がボリュームがあるけど上品)

DSCN8800fwe.jpg
そのあと、ポテトサラダやビーフン、冷製スープなどをいただいたが
どうしても、ローストビーフの味が忘れられず、もう一度食べる事に。
DSCN8805fer.jpg
2回目はダブルでいただく。
やっぱりこの言い方は悪いですが「チャーシュー感」のあるロースト
ビーフは魅力的。
DSCN8803fewr.jpg
DSCN8804fewr.jpg
この時点で、本格的に満足してしまいデザートに移行することに。
このローストビーフをパンにはさんで食べたり、ご飯にのってけて
食べたりと、色々アレンジ出来るんだろうな……と妄想。
DSCN8808fer.jpg
DSCN8812fer.jpg

という訳で、伝統のアップルパイをまずいただくことに。
テーブルにアップルパイを置いた瞬間、謎のオーラーを感じた。
これが伝統スィーツってやつですか。

DSCN8813fer.jpg
割と細かくカットしてあったが、2ピースのアップルパイを
同時に食べる事に。
ちなみにこの角度から見ると、パイ生地が目立ちますが……
DSCN8816fger.jpg
横から見ると、とんでもない肉厚のアップル果肉が!!!
実は、パイ生地が極薄のアップルパイなんですよね。
DSCN8818gver.jpg
うわー、全然しつこくない!
食べやすい!!
重そうなのに、軽い味わいなのでどこまでも食べられる!!
しかも、肉厚なアップル果肉が口の中で爆発しそうだ!!!
DSCN8819gver.jpg
この時点で、アイスティーからホットティーに切り替え。
確かこの時間あたりから、ありとあらゆる席でバースデー
ケーキやお祝い事が始まる。

なんとなく店内に活気が出てくる。
でも、どこか引き締まった感じがするのが、帝国バイキングの特徴なんだろう。
(ちなみにバースデーケーキに火を灯すとき、きちんと
帝国マッチを使用していた)
点火する道具も、ビジュアルにこだわるんですね。
DSCN8822gfer.jpg
モンブラン、ショートケーキ、チーズケーキ、レアチーズ
などレトロなケーキをあえてセレクトしていただく。
(レトロな定番系ケーキを楽しむなら、やっぱり帝国ですよね)
DSCN8823fer.jpg
やっぱり、何度も言うが生地が美味い。
ショートケーキのカット具合も、あえてスポンジの味を楽しむ
為、あまり層が出来ない様にしている。
DSCN8826fer.jpg
DSCN8827fer.jpg
チーズケーキが昔ながらのふわふわ感。
グラスデザートもそうだけど、きっちり冷やされていたので
夏に食べるのにもってこい。
ちなみに、帝国ホテルのインペリアルバイキングは
あらゆる年代の方が、家族単位で利用する為に
こういったあらゆる年代の方が好きなスィーツメニュー構成
になっている。
DSCN8831fwer.jpg
というわけで、帝国伝統のメニューを堪能しジェラートコーナーで
御口直しをしようとしたのですが……

最後の最後に、凄いメニューが来た!!!

帝国ホテル抹茶ジェラート!

ちなみにジェラートをいただきたいときは帝国スタッフに
声をかければ取ってもらえる。
DSCN8832fer.jpg
ブラットオレンジ マンゴー 抹茶をいただいたのですが……

抹茶の苦さが、ストレート!! これは斬新!!!
うわ……なんじゃこの苦さは…個人的にツボだ……なんだろうこの謎の
抹茶な、植物感!!
ジェラートなのにミルク感があんまりない……
濃ゆいというのではなく、ここまで抹茶なアイスって初めて。
(特に肉料理を食べた後、帝国ホテル抹茶ジェラートの真価を発揮する)
DSCN8833fer.jpg
人には全くお勧めできないが、個人的に大ヒット!!!
(スィーツメニューの中で、この抹茶ジェラートが一番感動した!)
どちらかというと「伝統」系スィーツが多い中で……

唯一冒険というか実験的な味をこっそり目指した、ジェラートだと
思う。
(なぜこういう斬新な抹茶ジェラートになったのか、気になる……
面白い味付けをしてきたな、このデザート担当の方は)

DSCN8834fe.jpg

とりあえずお茶好きで、苦味に強い方にこの抹茶ジェラートは
向いている。
とはいえ、帝国スタッフお勧めの「ラムレーズン」も気になる。
(やっぱり無理しても食べておくべきだったか)

毎回思うのは、ある程度満腹になってからこのジェラートを
いただく場合が多いんですよね。
DSCN8836fer.jpg
(会計)インペリアルバイキング サール ディナー フィリピンフードフェア


SUB TOTAL             小計   8700円
SERVICE CHARGE               870円
GRAND TOTAL     総合計  9570円(内消費税額 708円)

平日17:30 ~ 21:30 (ラストオーダー)
土・日・祝日は17:00よりスタート。
DSCN8837fer.jpg
とりあえず、覚えている事をランダムに書き連ねると……↓

今回の滞在時間は2時間。


どの席の方々も、思う存分食べていたので特に遠慮しなくていい。
ただし、他のホテルのブッフェと比べてフォーマルさが強い。
メニューは見ての通り、帝国ホテル伝統の洋食系がメイン。
だから、どの世代の方でも楽しめる。

品数がとにかく多いので、全て味わうのは至難。
(少量ずつ味を試すやり方でも、多分それだけで満腹になる恐れあり。
それだけディナー時のメニュー数は多い)

好きなメニューにターゲットを絞って食べた方が楽しい。

斬新なフレンチやイタリアンなどの最新メニューなら外資系ブッフェだが、
伝統的な洋食系メニューだったら帝国ホテルになるのでは。


またディナー時の場合、やはり夜にしか出ないメニューを
多数確認した。

正直に書くと、ランチ時よりもディナー時のメニューの方が面白い。
やはりアップルパイとローストビーフの存在感は巨大過ぎる。

サービスの方々は、超ベテラン、ベテラン、新人と多様。
DSCN8844fer.jpg
DSCN8847fer.jpg
帝国バイキングは、後からじわじわ、じわじわ行きたくなる
から不思議。
やっぱり定番の帝国伝統メニューの存在がでかい。

とはいえ、今回のフィリピンフードフェアみたいに新メニューの
投入に見られる様に、新しいメニューにチャレンジしてみようという
前向きな空気を感じた。
もしかしたらインペリアルバイキング サールが、少しずつ変化
し始めている時期なのかな。
【平日限定】バイキング発祥 帝国ホテルのディナーバイキングの一休限定プラン!通常最大9,020円→7,800円

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ