DSCN4889ds.jpg
いいお店だったな……大変なもてなしを受けてしまった……
コンラッド東京日本料理レストラン「風花」で、鮨ランチをいただきました!

金目鯛の炙り(炭火)と、冬サヨリの昆布〆など素晴らしいお寿司の
数々……最高だ……。

「風花」カウンターのホスピタリティが凄すぎる! 
正に完成されたホテルのお寿司でした!!
DSCN4844sd.jpg
DSCN4845sd.jpg
という訳で、お昼前11時頃にコンラッド東京へ到着。
11時30分からのコースなので、とりあえず早めに来ましたよ。
DSCN4849sd.jpg
インド人の団体さんが、多数チェックアウト。
その後、ランチ目的のお客さんが多数コンラッドへ来店。
DSCN4852sd.jpg
DSCN4853sd.jpg
DSCN4856sd.jpg
DSCN4854sd.jpg
DSCN4858sd.jpg
11月下旬ですが、もうコンラッド東京にはクリスマスツリーが
展示してありました。
去年と同じく、クリスマスツリーをチェック!
DSCN4859ds.jpg
DSCN4860sd.jpg
DSCN4862sd.jpg
ツリー飾り(オーナメント)は、ガラス細工でした。
なるほど。コンラッドはガラス系のツリー仕様だったのか。
DSCN4863sd.jpg
DSCN4864sd.jpg
DSCN4865sd.jpg
流石コンラッド。ツリーもどこか品があるというか、デザイナー風だ。

DSCN4868sd.jpg
DSCN4966ca.jpg
1Fエレベーター乗り場前。
ここから28F風花まで移動します。バー&ラウンジ トゥエンティエイト
や中華料理店チャイニーズブルーも28Fに集中しています。
DSCN4869sd.jpg
ロビー&レストランの「28」ボタンがあるので、そこを押せば到着します。
さすがに迷い様がないですね。
DSCN4870sd.jpg
DSCN4871sd.jpg
DSCN4872sd.jpg
DSCN4874dscwe.jpg

28Fに到着。
11時頃のロビーの様子。
DSCN4876sd.jpg
おお、うねったクリスマスツリーですね!
やはり、コンラッド位になると、一筋縄ではいかないクリスマス
ツリー。
DSCN4875sd.jpg
DSCN4878d.jpg
松明が根元に設置された、ちょっとかわいいクリスマスツリー。
なんというか、コンラッドのクリスマスツリーはジョークが
効いていますね。
DSCN4882ds.jpg
DSCN4881ds.jpg
こちらのツリー飾り(オーナメント)も、ガラス細工。
DSCN4880ds.jpg
ホテルだとお寿司を食べに来ても、クリスマスツリーが楽しめるというのが
いいですね。
DSCN4883ds.jpg
11月下旬 バー&ラウンジ トゥエンティエイトの様子。
意外に混んでいました。
DSCN4885ds.jpg
バー&ラウンジ トゥエンティエイトの横が、和食レストラン「風花」です。
更にその奥が名店「チャイナブルー」
DSCN4896ds.jpg
DSCN4897ds.jpg
ちなみに「風花」のお向かいにモダンフレンチ 「コラージュ」 が
あったりします。
これはオープン時の画像。
この後席は7割程埋まっていたので、ランチ時はまあまあ込んでいる様子。
DSCN4887ds.jpg
DSCN4888ds.jpg
風花前に到着!
和食専門店だけあって、雰囲気が引きしまっている。
入口前には着物姿の店員さんが控えているの。
ちょっとしたオーラーが出ていますね!
DSCN4889ds.jpg
DSCN4900ds.jpg
DSCN4910ds.jpg
お寿司のカウンター席に案内されている途中、思わずインテリア
に見惚れる。
まるで漆みたいだ。
DSCN4942ds.jpg
着物の方に案内されて更に、風花店内奥へ!
おお、インテリア家具がとことん洗練されている!!
カッシーナの家具なども確認!
それに、天井が高い!!
DSCN4909ds.jpg
空気がピンと張っていて、心地いい緊張感がありますね。
DSCN4906sa.jpg
DSCN4904sa.jpg
風花店内に用意された寿司カウンターへ!!!
(お昼のオープン時、カウンター席一番乗りだった)
なんと風花のランチで、握り寿司コースを頼むとカウンターで食べるシステムに!
職人さんが目の前にいて、大緊張!!
DSCN4927ds.jpg
天気のお話しをしながら、歓待を受ける。
丁度テーブル席限定のチラシ寿司を、仕込んでいる最中だった
ようです。
焼きアナゴのいい香りがした。
DSCN4901ds.jpg
テーブル席の食事の進み具合を確認する職人の方々。
ちなみに、「大将」はお休みだったそうです。
DSCN4902sd.jpg
白いカウンターに、シルバーの皿が置かれていた。
DSCN4903sa.jpg
これが盛り皿! 
DSCN4907sa.jpg
お茶(あがり)をいただく。
お茶は、サービスの方が運んできてくれた。
DSCN4908ds.jpg
カウンター席には、スタイリッシュなガラス製パーテーションで
仕切られている。
店名の「風花」は、(晴天時に雪が風に舞うようにちらちらと降ること)
という意味だからそれに合わせて、雪をイメージした白いカウンター
だったりするんだろう。
イメージカラーが雪のホワイトということですね。
DSCN4911ds.jpg
DSCN4912ds.jpg
先附 豚肉と青菜のお浸しが出てくる。
どうやら、コースがスタートしたらしい。
DSCN4915ds.jpg
DSCN4916ds.jpg
お寿司の具材はこんな感じでディスプレーされる。
この具材から、お寿司が握られていくわけか。
DSCN4917sd.jpg
白いかを、包丁で細工していく。
スピーディーかつ丁寧な包丁さばき。
DSCN4918ds.jpg
握った後、お醤油を塗ってくれる。
お皿に6貫一度に盛ってくるのかと思っていたら
なんと一貫ずつ、包丁で細工したり、炭火であぶったり
した後に握ってくれるのだ。
DSCN4919ds.jpg
この白イカは、細切りしてあるので食べやすく
のど越しが良かったです。

全然いかが、ねちゃねちゃしていなくて、さらりとしているのですよ。
DSCN4920sd.jpg
DSCN4921sd.jpg
ヒラメが出てきました。
やはり6貫とは言っても、白身魚など淡白なもの
から出してくれます。
やっぱり握りたては美味しい……
DSCN4922ds.jpg
DSCN4924ve (2)
冬サヨリの昆布〆
DSCN4924ve (1)

透明感があり、なおかつ旨みが強烈な美味しさだった!
しかし、手が込んでいますね……
ただ切って握っただけのお寿司ではないな……
DSCN4926ds.jpg
青柳の握り
DSCN4929cds.jpg
DSCN4928dwq.jpg

赤身(青森のマグロ)
ちなみに、握る前に産地の説明や解説なんぞも入ったりする。
出すタイミングも、おしゃべりのタイミングも上手い。
なるほど、これがプロの寿司職人さんか……
実に居心地いいし、いい雰囲気だ。
DSCN4930ds.jpg
DSCN4931ds.jpg
金目鯛の炙り(炭火)
これが本日の主役ですね!
ほんのり暖かく、香ばしい焼き目がたまらない一品!!
しかし、風花の握りは色々細工や工夫を仕掛けてくる傾向に
あります。
美味しいなあ。
DSCN4930ca.jpg
皮目がパリッ! としていて……なおかつ炭火でスモークしたかのような
香ばしさ!! 凄くいい香り!
なのに、身はほんのりあたたかなレア。
この味はお肉では出せないな……
しかし、金目鯛がここまでジューシーな握りに変化するとは……
DSCN4933ds.jpg
DSCN4934ds.jpg
巻物に入ります。
梅、カッパ、かんぴょう、御新香から具を選択可能。
今回は御新香にしましたが、出刃包丁で細かくカットしてから
巻いていただきました。
DSCN4935sd.jpg
DSCN4936ds.jpg
御新香が細かくカットされているおかげで、歯ごたえが良かった
です。
やっぱり、いい包丁でカットした後すぐに食べると味がいいんだな……
見た目普通に見えますが、色々手が込んだ一品でした
DSCN4937ds.jpg
握りと巻物は終わりですが
で、ここから運命の「旬の海鮮小丼」が登場します!!

風花特製のアナゴ、鯛、マグロ、イクラなど。
ちなみにアナゴには、甘タレがたっぷりかかっています。

海鮮小丼とはいえ、かなり具を大きめに盛ってくれた模様!!
DSCN4938ds.jpg
アナゴが美味すぎる……アナゴの握りが3貫入っているだけの
分量か。
実は、イクラが、下の方にもわんさか隠れていた。
なんでも大将が休みだから、色々こっそりサービスしてくれた
とか。
この海鮮小丼を食べつつ、職人さんの方々とおしゃべり。
DSCN4939ds.jpg

アナゴがやはり焼きたてなので、口に含むと熱量を感じます。
これが風花のアナゴの味か……ここまで香ばしいとは……
しかも甘だれが、焼いた身にしみ込んでいてたまらない!!
DSCN4940ds.jpg
大体分量的には、握り&小丼含めてお茶碗二杯半だそうです。
割と量的には満足してしまいました。
女性なら、丁度いい量ではないでしょうか?
(この後、3時からアフタヌーンティーに行く予定だったので
最適な量でした)

まあ、量を食べるというよりは味を楽しんだというべきかもしれません。
見ての通り、色々な技巧を尽くして握ってくれるので満足度が
大きいと思います。
DSCN4948cas.jpg
デザート(水菓子)はカウンター席か、窓際のスーパーシートを選択可能。
今回はスーパーシートを選択!!
DSCN4941ds.jpg
DSCN4943ds.jpg
浜離宮や海など、素晴らしい眺望!!
まさか、お寿司を食べた後こんなダイナミックな風景を
楽しめるとは……
これは、お得感があるな……
DSCN4945cas.jpg
黒い革張りのチェアは、イタリア カッシーナハンス・ウェッツスタイン デザ
インのオラ アームチェアがスーパーシートに設置されています!

流石にいいダイニングチェアを持ってきていますね。
イタリア製家具を取り入れた和食店だったとは!
DSCN4946xz.jpg
上品な布地のサンシェード。
DSCN4947xz.jpg
DSCN4949cas.jpg
メロン、苺、林檎などの水菓子。
恐ろしく甘みが強烈なメロンだった……
普通にお茶請けに使えるくらいの甘さ。
相当いいフルーツを用意してくれているんだな。
DSCN4950cd.jpg
DSCN4952ca.jpg
とりあえずホッと一息。
途中で先程の寿司職人様が、スペシャルシートまでご挨拶に!
とことん丁寧な、お店だなぁ……
DSCN4953ca.jpg
DSCN4955ca.jpg
DSCN4958ca.jpg
DSCN4959cas.jpg


和食店のお寿司カウンターを食べたとはいえ、スタイリッシュな
空間を楽しめる。
ここは本当にいいお店ですよ。
ホスピタリティというか、おもてなし感がハイレベル!
年末にこういういいお店が発見出来て、素直に嬉しい。

ここの調理の方々も、サービスの方々も相当出来るレベルの方々
だと思う。
コンラッド東京はいいお店を持っているんですね。
今まで、気が付かなかったなあ……
DSCN4891ds.jpg
(会計)
今回は一休レストランで【1日限定 2名様まで!】新鮮素材の江戸前握り6貫と旬の海鮮小丼を楽しむ鮨ランチ!5,589円➝4,800円(14%OFF)を利用しました!
今回は一休レストランを利用しましたので、4800円ジャストで済みました。

量は適量ですが、わずか4800円で本格的な江戸前の技巧が楽しめます。
眺望を楽しみたい方は、デザート時にスーパーシートに移動すれば、都内屈指
の眺望が見渡せる。

また、和食専門店ながらインテリアの完成度が高い!
ホテル系インテリアを見学したい方にもうってつけ。
個人的には、コンラッドの店舗の中でこの「風花」が一番気に入りました。
サービスの方々も数多く配置されているので、ホテル的サービスの中で
和食を堪能できるはず。
日本人なら、この店は一度訪れるとみんな好きになるのでは。
DSCN4867sd.jpg
DSCN4964cd.jpg
DSCN4898ds.jpg
【1日限定 2名様まで!】新鮮素材の江戸前握り6貫と旬の海鮮小丼を楽しむ鮨ランチ!5,589円➝4,800円(14%OFF)

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ