DSCN6638cds.jpg
帝国ホテルタワー館30~31階 リニューアルされた特別階プレミアムタワーフロア。
今回は最後に、スーペリアルーム(スペーリアダブル)のコンチネンタルブレックファスト
を実際頂いた時のレポートになります。

帝国ホテルルームサービスは、ワゴンテーブルセッティングが美しい。

特別階プレミアムタワーフロアに宿泊すると、特典としてルームサービスの朝食
「コンチネンタルブレックファスト」が無料で付いてくるんですが……
パジャマ姿で、優雅に帝国紅茶を楽しんでしまいましたよ。
DSCN6315cdssd.jpg
今回の宿泊プランは一休の帝国ホテル 東京 【一休限定】「WINTER OFFER 第2弾」 特別階プレミアムタワーフロア コンチネンタルブレックファスト付だったのですが。

朝食はインペリアルバイキング サールでバイキング形式でとろうかな? と考えていました。
(その場合、有料になる)
部屋の案内時ベルマン様に相談したところ、「本来なら有料の朝食が
無料でついてきますので、ぜひルームサービスをご利用を」との事。
(※ちなみに、大変良く出来たベルマン様で、インペリアルバイキングでの
利用ポイントも色々教えてもらった)
DSCN8839erfvd.jpg
帝国ホテル東京 インペリアルバイキング サール
こちらはこちらで、バイキング形式なので食べ放題なんですよね。
でも、別料金か……

さてルームサービスにすべきかルームサービスにしたものか……どうしたものか……
とはいえ、よくよく考えたらルームサービスの朝食は、泊まらなくては頂けないよな。
というわけで、ベルマン様のアドバイスに従いルームサービスに。
DSCN6463few.jpg

ご朝食注文カードを午後11時30分までに外のドアノブに引っ掛けて
おくと、朝食ルームサービスの注文が完了する。
DSCN6468csdse.jpg
またルームサービスの時間も指定可能。
なんと朝6時からルームサービスを頼めるのだ。
朝着替えなしに、早朝部屋で食事をとるのに便利ですね。

無料の「コンチネンタルブレックファースト」の中からフレッシュ
ジュースに「グレープフルーツ」
飲み物に「紅茶&レモン」を選択。
DSCN6467cafew.jpg
卵料理やシリアルは追加料金で注文可能。
今回は全体像がまるで分らなかったので、とりあえずパス。
DSCN6466vs.jpg
エッグベネディクティン(牛タンとポーチドエッグ)もあるんだ。
ご朝食注文カードを外のドアノブに引っ掛けておいて、夜プールへ
泳ぎに行って帰ってきたら既に無くなっていた。
DSCN6583few.jpg
朝5時に目が覚める。
シモンズのマットレスが快適過ぎたせいで、まるで目が覚めない。

DSCN6529dew.jpg
ゲストアテンダントに連絡。
「朝7時30分頃にルームサービスの時間の、変更は可能?」
と尋ねてみると、あっさりOK。
た、助かった……
DSCN6595few.jpg
シューシャイン靴磨きを終えた、靴が届けられる。
靴は全体に栄養が行き渡ったような、見事な光沢感を
伴った磨きあがりだった。
DSCN6597fe.jpg
袋にも、帝国ライオンの黄金ロゴが!
DSCN6615fwe.jpg
新聞がドアの外に到着していた。
朝日新聞と日本経済新聞。
DSCN6621cdw.jpg
ぴんぽーん!
呼び鈴の音と共に、遂に朝食のルームサービスが到着する!
ルームサービスの方が、流暢&エレガントなトークをしながらワゴンを部屋に運んでくる!
(蝶ネクタイが素敵だった)
恐ろしく頭の切れる方で、こちらが投げかける言葉にも、軽いジョークをいれて切り返してくる。
多分お客に応じて、対応してくるタイプの相当洗練された接客技術だ。
DSCN6616dcacfa.jpg
ルームサービスの方と相談した結果、ワゴンを窓際にセッティングして
貰う事に!
これなら、風景を楽しみながら帝国ホテルルームサービスの朝食を楽しめる
という訳だ!
DSCN6625f3re.jpg
ルームサービスの方が、ワゴン台を窓際席まで運びセッティングしてくれる。
これは美しい……
なんかね、このテーブル配置を見ただけで帝国ホテルに来て良かった
思えてきたわ。
DSCN6656dwq.jpg
一番左のバスケットがブレックファーストロール
中央に花瓶、フレッシュジュース
左に紅茶セット一式という、優雅なフォーメーション

DSCN6619few.jpg
朝のプレミアムタワーフロア スーペリアルームの眺望は
こんな具合だった。
こんな風景を眺めながら食事とは……贅沢だな。
DSCN6653dwq.jpg
DSCN6626fe.jpg
ルームサービスはのレストランとは違い、客室での提供になるのでどこ
まで演出してくるのか気になったのだが。
お見事に一輪の花が帝国ホテル風。
DSCN6652dqw.jpg
ルームサービスの方に「紅茶どうされますか」と、眩しい位の笑顔で
尋ねられた。
お願いしてフレンチプレスへ紅茶の茶葉を入れ、ポットから熱湯を注いでもらった。

恐ろしく動作が洗練されていて優雅。
多分レストラン経験がある方なんだろう。
なんか昨夜のベルマン様といい、ルームサービスの方といい、帝国ホテルは
精鋭揃いだな……
DSCN6692few.jpg
お湯は魔法瓶仕様。これを紅茶を淹れるのに使用。

DSCN6630bd.jpg

レモンティー用のレモンは皮をきちんとむいて、カットしてあった。
(実は一度帝国ホテルのレモンティー用レモンの実物を見てきたかった。
噂通りにレモンのカットが秀逸。
DSCN6664dew.jpg
楊枝にも、帝国ライオンが……
DSCN6631bdgf.jpg
DSCN6632vd.jpg
DSCN6633vf.jpg
DSCN6679fwe.jpg
グレープフルーツジュースの台座に、氷が敷き詰めてあった……
こっ、ここまで保冷に気を使っているとは……


DSCN6634vfd.jpg
DSCN6635vd.jpg
清潔なバスケットの中に、パンが入っています。
DSCN6639cds.jpg
ナプキンに香ばしいパンが丁寧に包まれていました。
DSCN6640cas.jpg
ナプキンを外すと、温もりが……
きちんと保温されていたんですね。
温度管理に恐ろしく気を使っているのが分かります。
パンが冷めない様に、バスケットを用いていた訳か。
DSCN6641cs.jpg
クロワッサンが、しっとり&皮はぱりぱりでした。
DSCN6643cas.jpg
DSCN6642cds.jpg
DSCN6644cas.jpg
パンにはそれぞれ色が付いていました。
DSCN6645cs.jpg
ナプキンも怖い位清潔。
DSCN6646cds.jpg
純白のテーブルクロスに一輪の薔薇。
エレベーターにも飾られている薔薇ですが、ルームサービスでも楽しめるのか。
DSCN6685fwe.jpg
グレープフルーツジュースは、確かに果肉感があった。
生のグレープフルーツを食べているような感覚。
リアルにフレッシュでした。
DSCN6649dqw.jpg
ジュースのマドラーにも、帝国ライオンが。

DSCN6667deqw.jpg
DSCN6668dew.jpg
DSCN6777cew.jpg
パジャマで、帝国紅茶を飲んでみる。
何という贅沢な時間だ……
DSCN6658dw.jpg
おー! 朝からでも新幹線の姿が良く見えますね!
DSCN6661dq.jpg
テーブルクロスにも帝国ライオン!
DSCN6662dq.jpg
帝国ホテル特選発酵バター

あ、インペリアルバイキングサールにあった、神バターだ!
そうかあ、このルームサービスにも付いてくるんですね!
DSCN6675fwe.jpg
滑らかで、濃厚かつ爽やかな帝国バターですよ。
塩味とバターの旨みがたまらない。
DSCN6676fwe.jpg
DSCN6672fwe.jpg
もちろんジャムも用意されていましたが、ここは帝国ホテル特選発酵バター
一択で。
DSCN6686fwe.jpg
DSCN6688fwe.jpg
DSCN6690fwe.jpg
DSCN6691fwe.jpg
パンも一個一個色合いが異なっていて食べていて楽しかったです。
更にボリュームが欲しいなら、卵料理とか色々付ければいいんだな。
なんとなく、ルームサービスの感覚が掴めました。

ちなみにワゴンは、ルームサービスの方へ直接連絡を入れて取りに来て
もらいました。
連絡を入れたら、あっという間に取りに来てもらえるます。
(部屋の外の通路側にワゴンを置いておいてもOK。ただ個人的には
朝は他の部屋のお客が廊下を行き来するので出来れば、避けた方が
いいかもしれない。ワゴン回収のお願いをすれば、あっという間に取りに来て
もらえますし)
DSCN6695fewvrr.jpg
DSCN6740dew.jpg
ワゴンを引き取った後も、丁寧にラウンジチェアを整えてくれます。
ドアを手で押さえていると、ルームサービスの方は非常に朗らかな笑顔

「お客様はそんな事なさらなくてもよいのですよ。おほほほっ……」
との事。
なるほど……そこまでしなくてもいいのか。
色々話したが、いい方だった。
DSCN6762deqw.jpg
おまけ 帝国ホテル特別階プレミアムタワーフロアの備品について
スーペリアルームに用意されていた、帝国ホテル専用傘。
DSCN6765cew.jpg
傘にもばっちり帝国ライオン!
これならリアルに雨でも、外出が楽しくなりますね。
DSCN6766cw.jpg
DSCN6784cw.jpg
折り畳み式の鏡。部屋で身だしなみを整える際、地味に活躍。
DSCN6789cwe.jpg
DSCN6792wef.jpg
帝国メモ帳。レザー製品の縫製が実に美しい。
DSCN6075btrbt.jpg
DSCN6561dwe.jpg
電動カーテンは日本製桐生ブランド。
宇野織物株式会社。織物の町桐生市のカーテンだったのか。
DSCN6731bht.jpg
朝、わざと部屋の照明を落として撮影。
カーテンの遮光性能が完璧で、まるで朝日が入り込まない。
DSCN6425fdew.jpg
DSCN6423dew.jpg
プールやフイットネスセンターは、タワー館20Fにありました。

プール06:00~22:00 (最終受付21:30)
フィットネスセンター05:00~22:00 (最終受付21:30)


専用ロッカーや水着やキャップの貸し出しあり。
今回の一休特別階プレミアムタワーフロアのプランはプールやフイット
ネスが無料だった。
ただし、サポーターは有料。
ミネラルウォーターやバスローブ、バスタオル完備。シャワー室には
シャンプーや石鹸なども用意してあった。

プールは25m程度。水深が浅いので、飛び込みやクイックターンが禁止。
プールから上がった後、スタッフ様がタオルとか持ってきてもらって恐縮した。
DSCN6433fdew.jpg
コンビニはタワー館1Fにありますので、便利です。
ただコンパクトなセブンイレブンだったので、雑誌類とかは無かったかな?
でもセブンイレブンの看板が帝国ホテル仕様なので、一見の価値アリ。
DSCN6800fwe.jpg
という訳で、なんだかんだで12時までぎりぎり滞在して退出。
うわー、まだ滞在していたいな……
DSCN6802few.jpg
DSCN6805fwe.jpg
エレベーター待ちの間、特別階プレミアムタワーフロアのからの眺望を
楽しむ。
DSCN6816few.jpg
今度は本館とか泊まってみたいな。
DSCN6803few.jpg
DSCN6351dw.jpg
DSCN6819few.jpg
30階から、中2階へエレベーターで移動。
DSCN6821fw.jpg
ここから外に出て、連絡通路から本館1Fカウンターに移動しました。
DSCN5879dqew.jpg
DSCN5883w.jpg
カウンターでチェックアウト。最後まで笑顔だったことが印象的。
「帝国ホテルは我が家の様だ」という感想をたまに聞くけど、それは
このアットホームな雰囲気の御蔭なんでしょうね。
DSCN6828fwe.jpg
DSCN6380dew.jpg

(リニューアルされた特別階プレミアムタワーフロア スーペリアルームについて感想まとめ)

清潔感が異様に高い。またリニューアルされたばかりとあって、確かに新築感があった。
しかも、清掃が完璧で特にバスルームの輝きが流石だった。
あと湯張り3分伝説は真実。

禁煙・31平米クラスだと、部屋の広さが丁度いい。(それでも、宿泊一名だとスペースを持てあます)

全体的に純白のインテリアで、機能性をとことん高めた部屋という印象。
その上で、帝国らしい高級感が付いてくる。

またサービスの方々のレベルは相当高いと思う。特にベルマン様やルームサービス
の方には、ホテル宿泊初心者の私を色々サポートして貰ったので感謝。
やはり高級ホテルに慣れる為に、帝国ホテルを選択して正解だった。

人材が揃っている機能的なホテルという印象。
帝国スタッフの中で、笑顔でない方を見つける方が難しかった。


特別階プレミアムタワーフロアは夜景が◎ 夜景に強い高層階。
無料で付いてきたコンチネンタルブレックファストは、小食な方や朝即仕事の方には最適な量。
割と量を食べる方は、オムレツなどを最初から追加で注文しておくべきだろう。
帝国ホテル 東京 【一休限定】「WINTER OFFER 第2弾」 特別階プレミアムタワーフロア コンチネンタルブレックファスト付

スポンサードリンク

コメント
はじめまして。
はじめまして、こんばんは。
突然のコメントで失礼します。

私、10月に帝国ホテルに1人で宿泊予定の者です。
高級ホテルというだけあって、
今から緊張してしまい、色んな方の宿泊体験のブログを読み漁っております(^^;)

管理人さんの宿泊体験の記事、
非常に分かりやすく、そして興味深い内容でした!
とても参考になりました。
しっかり読み込んで、素敵なホテルステイを私もしたいです(^^)また読ませてください。
Re: はじめまして。
はじめまして、10月に!? それはおめでとうございます!


入浴の際「帝国ホテルバスタブ、3分でMAX伝説」を、ぜひ楽しんでください!!
どの部屋もあり得ない位、怒涛の様な湯量ですから!! 

私も最初緊張してしまいましたが、時間が過ぎるにつれて凄く便利なホテルだと気が付くはずです。
高級感もありますが、ホテルステイの為の機能性を、極限まで帝国さんは高めています。


宿泊後に現在の帝国ホテルの感想などを頂けると、凄く嬉しいです。
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ