DSCN7081fre.jpg
ではいよいよ、ホテル椿山荘東京 プライムクラシックエグゼクティブスイート
キングシティビューの室内をレビューします。
ライティング(照明)が、クラシカルで実にいい部屋でした!
深夜になる程、幻想的な雰囲気が増す素敵な部屋です。

DSCN7388fwe.jpg
ベルマンの方と一緒にカードキーをかざして、スィートルームの中へ。
ドアノブが金属質で、気分を盛り上げる。
DSCN7174frgeeere.jpg
スィートルーム内に入ると、内心絶句する。豪奢なロビーのインテリアが
まだ部屋の中にまで続いている!?
DSCN7747ger.jpg
入口の廊下にも照明器具が

DSCN7056t54.jpg
入口から見て右手の方に、エスプレッソメーカーや冷蔵庫、
ミニバーなどが用意されている。
DSCN7059gre.jpg
DSCN7061das.jpg
長崎県の窯元、白山陶器の茶器が用意されていました。
お茶や紅茶など頂く際に、大変使い易くて気に入りました。
DSCN7176fw.jpg
そしていよいよ部屋の中へ……
DSCN7390vfer.jpg
DSCN7069fe.jpg
ひ、広い……さすが式場系ホテルのスィートルームだ。
これなら家族で談笑出来る様にソファーやラウンジチェアを用意してある。

リニューアルしたばかりなので、クラシックながら新築感もあります。
日中は大変清楚な雰囲気……
DSCN7070e.jpg
DSCN7072fe.jpg
DSCN7168ge.jpg
DSCN7169ge.jpg
テーブルの上に、女性誌が用意されていた。
何気にインテリア特集やグルメ記事など洗練されていた。
DSCN7393fe.jpg
DSCN7073fe.jpg
ラウンジチェアのファブリック(布地)も新品。
DSCN7077fer.jpg
DSCN7129er.jpg
液晶TVは、50インチ以上??
かなり巨大。でも、部屋が広いので小さく見える……
流石にこの規模の部屋になると、液晶TVも巨大!!
普通の部屋ならオーバーサイズでしょうが、スィートなら丁度いいサイズに
見えるのが恐ろしい……
ソファーから見易い様に計算されて配置されていました。
DSCN7081fre.jpg
ガラスに囲まれたディスクに圧倒される!!
しかも周囲が緑にかこまれているし、遠方にはビル群が……
これが高級住宅街の高台というものか……空気が都心なのに
綺麗だし。
DSCN7082fe.jpg
DSCN7083fer.jpg
これは凄い。ディスクチェアまで、凝っている。
DSCN7232ge.jpg
DSCN7084r34.jpg
ディスクテーブルも、スィートルーム内のクラシカルな家具に
合わせてあった。
現在調達可能な新品のインテリア家具などで(多分特注だと思うけど)
これだけレトロな雰囲気って出せるんですね。
DSCN7085geet.jpg
DSCN7086eer.jpg
DSCN7249gr.jpg
椿山荘内の案内図。確か机の引き出しに入っていた。
初めて椿山荘に来た時、意外にこの地図が役に立った。(庭の解説も、裏面に記載されている)
部屋から出る時、携帯しておくと便利。
DSCN7419fw.jpg
電話が、わざと古いモデルを使用していた。
うーん、80年代……
DSCN7250gr.jpg
これが緑をあしらった椿山荘カードルームキー。
DSCN7088gte.jpg
テーブルランプが、巨大!
機能的というより、女の子の夢をかなえる為の調度品ですね。
DSCN7089ge.jpg
テーブル席から、下とを見るとプールの施設でした。
DSCN7096gre.jpg
要するに「シティービュー」というのは、目白の高台から見える街の
様子が楽しめる訳ですね。
なんとなく高級住宅街に引っ越してきた気分が味わえましたよ。
DSCN7125gregerf.jpg
DSCN7126fefe.jpg
DSCN7124ferfeew.jpg
室内の照明はこのレトロなコントロールボタンで操作。
ボタン形状まで凝っていますね。
新品感を伴った光沢がたまりません。
DSCN7123ger.jpg
カーテンも、レトロなスクエア形状のボタンを操作して電動で開閉可能!

電動カーテン動画です。
DSCN7119ge.jpg
DSCN7115ge.jpg
DSCN7078fer.jpg
基本的にレースのカーテンを動かせば、直射日光は遮る事が可能。
DSCN7114ge.jpg
DSCN7113gre.jpg
DSCN7111gre.jpg
DSCN7066ge.jpg
ドレープカーテンで窓を遮れば、部屋がよりレトロな雰囲気に!
昼間でも、これだけの雰囲気を出せるのですよ。
(何気にこのスィートルームは、夜の方が幻想的な雰囲気になる)
これでスィートルームにおける、半分程度のスペースなんですよ。
DSCN7062fr3.jpg
イタリアブランドエスプレッソマシーン「イリー」が設置されていました。
DSCN7098gre.jpg
カプセルは、バスケットに。
何気にカプセルの収納が、カッコよかった。
DSCN7783gtr.jpg
DSCN7784get.jpg
ミニバーはもちろん有料ではあったけど。
クッキーやお酒のおつまみ、ポップコーン、プリングスなど
食べ物がなぜか充実していた。
DSCN7097gre.jpg
冷蔵庫の中身もチェック。(有料)
DSCN7104gre.jpg
DSCN7106gre.jpg
アルコールやジュースなどが充実している。また、他の物を入れるスペース
があったので利用させてもらいました。
ケーキ箱を冷蔵庫の中に入れてみたのですが、その程度のスペースなら
空きがありますね。
DSCN7099gre.jpg
DSCN7100ger.jpg
DSCN7254few.jpg
紅茶は英国紅茶twinings
ちなみに、ルームサービスで紅茶を頼むと面白い事になりますよ?
(後日記事にします)
DSCN7046yrt.jpg
なんと今回のスィートルームは2つ部屋が用意されているのですよ。こっちは寝室ですね。
DSCN7155ge.jpg
DSCN7136ger.jpg
これが寝室……

Sealy社のべッドスプリングをベッドに使用していた。適度に硬く、寝返りし易い。

DSCN7407gre.jpg
DSCN7406frw.jpg
なんと、西陣織のフットスローが用意されていました。
恐れ多くて、思わずしげしげと見物してしまう。
DSCN7138ger.jpg
DSCN7141fer.jpg
寝室とはいっても、適度に広いのでラウンジチェアまで用意されています。

DSCN7142fer.jpg
DSCN7145fe.jpg
なんと寝室カーテンも電動で操作可能!
DSCN7146fe.jpg
ベッド近くのランプも、オリエンタル風味。
機能性というより、いかに「見せるか」にこだわったインテリア。
DSCN7147fer.jpg
DSCN7159ge.jpg
何が驚いたかって、このクローゼットですよ。
扉を開けると……
DSCN7160ge.jpg
液晶TVが隠されていました。
リビング、寝室に巨大液晶画面が2つ、浴室に小型液晶TVが一つ。
計3台のTVが用意されているんですね。
DSCN7162ge.jpg
このクローゼットに、寝間着類が収納されています。
DSCN7150frew.jpg
基本的にリビングも寝室も、扉を開いておけば行き来が用意です。
ただ、互いの部屋の開放感が損なわれるので、通常時は扉を
開けておくのがお勧めかと。
DSCN7151frew.jpg
DSCN7152frew.jpg
リビングとの間のパーテーション状の扉の稼働も
レトロで美学がある。
DSCN7161ger.jpg
DSCN7165ge.jpg
さすがに改装されたばかりとあって、見ての通り床の絨毯も新品っぽかった。
DSCN7170e.jpg
DSCN7171ge.jpg
渡辺力氏デザインのLemnos RIKI ALARM CLOCK
木製で手触りが柔らかく、なおかつ秒針の音がしないのでとても気に入った。
DSCN7253dew.jpg
なんとメモ用紙と共に鉛筆が用意されていました。
鉛筆も椿山荘の文字があしらわれています。
DSCN7172ge.jpg
さて、入口近くのパウダールームと浴室を見て見ましょう。
DSCN7177fwe.jpg
DSCN7178we.jpg
浴室全体が巨大な部屋みたいでした……
DSCN7182few.jpg
DSCN7183fwe.jpg
パウダールームの左手には更にドアがあり、完全個室のトイレがあります。
DSCN7181few.jpg
バスローブが、シャワー室横に引っ掛けて用意してありました。

DSCN7186fwe.jpg
パウダールームは流石に女性をかなり意識したレイアウトですね。
DSCN7188fw.jpg
DSCN7189few.jpg
ロクシタン「シトラスヴァーベナ」シリーズ バスアメニティ
 一層香りとうるおいの効果が充実した「シトラスヴァーベナ」シリーズを
 プライムフロアに用意してあるそうです(国内ホテルでの常設は日本初)

このボディローションが、手荒れに大変いいです。
DSCN7193few.jpg
コーセーのINTELLIGE EXの化粧水や乳液が用意されていました。
DSCN7195few.jpg
DSCN7196fw.jpg
DSCN7197fw.jpg
なんとコップはNIKKOの陶器製でした
DSCN7200fwe.jpg
DSCN7208dew.jpg
ロクシタンのシャンプー、コンディショナー、ボディソープはバスタブと
シャワー室にそれぞれ、計6つ用意されておりました。
DSCN7202few.jpg
浴槽のお隣が、シャワー室になっています。
DSCN7204fwe.jpg
バスタブは流石にスィートルームだけあって巨大!!
DSCN7735ger.jpg
お湯の勢いはそれなりにあったけど、さすがにバスタブが巨大なので
十数分は待つことになる。
DSCN7739ger.jpg
見ての通り改装したばかりなので、清潔そのもの。
お湯の色も綺麗なのでブルーに見えます。
DSCN7763nhf.jpg

DSCN7754ge.jpg
湯船に入りながらTVを鑑賞。
何気に浴室内の音響もしっかりしていました。
DSCN7205dqw.jpg
DSCN7206de.jpg
DSCN7741ge.jpg
このシャワー室は、レインシャワーではないのですが
とんでもなく、巨大なうちわの様なシャワーが用意されていまして……
DSCN7999br.jpg
ドイツ ハンスグローエ社 シャワーヘッド

まるで、巨大なうちわから水が出ているような感覚だった。
しかも、このシャワー、水が竜巻状に回転するんです!
DSCN8001teg.jpg

スパイラル状シャワーだなんて、斬新……お湯が回転する様子に
なぜか感動……
DSCN8002ge.jpg
下手なレインシャワーより、楽しませていただきましたよ、ええ。
椿山荘のスイートルームは、妙な遊び心があって面白い。
DSCN7770gtr.jpg
ドライヤーはナノイー。
やはりPanasonicナノイードライヤーは、必ずどこも採用していますね、
DSCN7109gre.jpg
クローゼットは、入口近くに用意されているのですが……
大変巨大なスペースを有しています。
やっぱり婚礼に使う為、クローゼットも大人数に対応出来るように
なっているのかな。
DSCN7255fwe.jpg
画像にクローゼットが収まりきらない……
DSCN7217dwe.jpg
DSCN7216dew.jpg
脱臭剤(香り袋?)なども吊るされていた。
DSCN7224deww.jpg
DSCN7221wdew.jpg
アメニティ持ち帰り用の袋も、クローゼット内に用意されていました。
椿山荘バッグもブラックだったとは。
DSCN7225cds.jpg
荷物置きのオリエンタル風味。
DSCN7257fre.jpg
スリッパは通常の無地の使い捨てタイプでした。
DSCN7404frw.jpg
プライムクラシックって、夜の雰囲気が大変素敵です。
寄りクラシカル感が増していくんですよね。
DSCN7413re.jpg
DSCN7412fre.jpg
室内プール施設の照明が幻想的だった。
DSCN7581gerdvd.jpg
目白の高台の夜景って、自然の中にビル群の夜景が見える。
DSCN7396few.jpg
プライムクラシックエグゼクティブスイートの魅力はやはり照明
だと思います。
DSCN8039ge.jpg
うーん、やっぱり照明って重要ですね……
DSCN7402trgre.jpg
DSCN7398fwe.jpg    
なかなか幻想的な照明です。
ここまで、部屋の様子が変わるとは……  
プライムクラシックエクゼクティブスィートは、夜に最大限クラシックな
インテリア性を発揮すると思う。   
DSCN7422frw.jpg
枕は硬いのと柔らかいタイプを用意。
DSCN7423.jpg
DSCN7424fw.jpg
読書灯も、シックな小型懐中電灯の様だった。
見ての通り、光量は十分。
DSCN7444fw.jpg
DSCN7445gterr.jpg
DSCN7440fw.jpg
ターンダウン後の様子。
ヴァローナのチョコレートと、天気の案内が。
DSCN7079fre.jpg
壁に空調コントロールパネルが設置されています。

DSCN7748ger.jpg
DSCN7751ge.jpg
空調は昼間が静かだったが、夜は多少のボイラー音がしてきた。

基本的に部屋を留守にしても、一定の温度が保たれている。
(スイートルームに初めて入室した時点で、空調は既に適温に
稼働していた)
DSCN7080fer.jpg
見ての通り、 プライムクラシックエグゼクティブスイートは
リニューアル仕立ての最新レトロ家具や最新レトロ照明器具が
用意されているので、新築感があるのにレトロという不思議な
空間でした。あと、やはりリニューアル仕立ての部屋は清潔感が
ありますね。
では、新装オープンしたスイートルームゲストのための「パゴダラウンジ」
をレビューします。
ホテル椿山荘東京 (東京都/江戸川橋) プライムクラシックエグゼクティブスイートキング シティビュー  【一休限定】【プライベートセール】新ラウンジ!エグゼクティブスイート~ポイント最大10倍&黒トリュフ香る朝食付

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ