DSCN4882.jpg
さて、シャングリ・ラホテル アフタヌーンティーのお菓子、スコーン、
サンドイッチ系のレビューです。

基本的に私は甘党なので、甘みのあるスコーンが実にしっくりきました。
(全体的に、スイーツとスコーンのおかげで甘党仕様のアフタヌーンティーだと
思う)

昔イギリスは、シンガポールを植民地にしていたじゃないですか?
そのシンガポールで出されていたアフタヌーンティーってこんなエキゾチックな
感じだったのかな。

英国の様で英国でない、シャングリ・ラアフタヌーンティースタイルが非常に気に入り
ました。
(まあ、英国本国のアフタヌーンティースタイルは、労働者の場合マグカップ
なんかで楽しんでいたりするし)

このアフタヌーンティーセットは季節ごとにメニューが切り替わるらしい。
春を意識したアフタヌーンティーなんてどうやって表現するんだろう?
と思っていたら、大変華やかな3段トレーが到着。
春の食材を使用したスコーンに、季節のフルーツを使用したジャムやクリーム
グリーンのサンドイッチ、すみれシュークリームや、苺のタルトなど
春の食材をふんだんに使用。
(見た目だけでなく、味も春めいていて面白い)


スコーンは甘みがある為、サンドイッチ系を中間に配置し口休めという
計算なのだろうか?
DSCN4887.jpg
また桜のスモークなどの技法を使い、香りの面でも春を演出していたのには
驚いた。
(しかも生花を用いている事で、エキゾチックな感じもする)
こんな季節感のあるアフタヌーンティって、面白いですね。
6月から新メニューに切り替わるそうだけど、夏は夏でどういう事になるんだ
ろう?

DSCN4889.jpg
DSCN4836.jpg
DSCN4894.jpg
焼き立てスコーンセレクション
プレーン、桜、オレンジとパンドエピス
DSCN4886.jpg
苺ジャム、レモンのクリーム、クローテッドクリーム、はちみつ
季節?(だったっけ? 日によってだっけ?)
クリームに入るフルーツの素材が変わるらしい。

とてもではないけど、3個のスコーンでは足らない。
特に驚いたのはジャムが濃厚で果実感いっぱいなのだ。
このジャムは普通に果実から真面目に煮て作ったんだろうな。
DSCN4924.jpg

スタッフ様曰く
「この店のスコーンが、私は一番好きです」
なるほど、確かに柔らかいスコーンで、実に味わい深い。
紅茶に実に合うと思う。
スイーツ系のスコーンに近いのでは。

とてもではないけど、3個のスコーンでは足らない。

DSCN4897.jpg
サンドウィッチセレクション
チキンと菜の花 桜リーフのトルティーヤロール
桜でスモークしたサーモンと新玉ねぎのディルサワークリーム
春キャベツと完熟トマト 
桜エビとパルメザンチーズのキッシュ
DSCN4951.jpg
個人的に美味しかったのは「桜でスモークしたサーモンと新玉ねぎのディルサワークリーム」
サーモンが口の中でとろけて、実に美味しい。
甘みのあるスコーンと、スイーツの口休めの為のサンドイッチだけど、
見た目よりも味にこだわっていた気がする。

DSCN4952.jpg

桜エビとパルメザンチーズのキッシュ
一口で噛むと中のソース状のクリームが口の中で
弾ける仕掛け。
一番濃厚なクリーム感があった。
これが一口というのが残酷な位の美味さだ。

DSCN4953.jpg
途中でスタッフの方が気を効かせてくれて、三段トレイからスィーツを
出してくれた。
ありがたや。


アフタヌーンティーにしては、あまりにもシャングリラ スィーツの細工が凝
っていたので動画撮影しておきました。
後日何かの資料になれば。
(いや、6月にはもうこのメニューが消滅するとなるとなんかさびしいじゃない
ですか? ついつい、何かの形として保存しておきたい! と思いまして)


DSCN4908.jpg
スイーツセレクション
苺のタルト
メロンとココナッツのムース
オレンジフィナンシェ
すみれのシュークリーム
DSCN4910.jpg
すみれのシュークリーム
が一番見た目が派手だったけど、一番おいしかったスイーツ。
見た目が派手で、中身が普通と思っていたら見事に裏切られた感じ。

DSCN4909.jpg
DSCN4979.jpg
メロンとココナッツのムース
見た目はコンパクトなのに、ムース、クリーム、スポンジの3速層構造。
手間かけているなあ。
メロンというよりも、ココナッツ感が面白かった。

DSCN4913.jpg

食べていると、なんと別皿でクッキーやチョコレート類が登場してきました!
このクッキーがまるで、上質な干菓子みたいでとても家で焼けるクッキーの
味ではなかった。
さらさら口どけするクッキーというのは初めて食べたな。
DSCN4914.jpg
最後に追加で出てきたクッキーやチョコ系は、ホットのお茶の方が合う
と思う。
DSCN4915.jpg
DSCN4960.jpg

シャングリ・ラのロビーラウンジは、女性同士で歓談しているゲストが
多かった。

ただ、4時近くになるとビジネスの打ち合わせや、ノートPCを使った
デスクワークをしている宿泊客などもちらほら。

なるほど、目の前が東京駅だから緊急で大事な打ち合わせや接客をする際にも
使える空間なんだな……と感心。

では次回シャングリ・ラ アフタヌーンティーにおける「紅茶」をレビュー
します。
ザ・ロビーラウンジ/シャングリ・ラ ホテル 東京 【SAKURA一休限定】チェリーブロッサムスパークリングワインで乾杯SAKURAアフタヌーンティ!6831円→4500円

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ