DSCN5054.jpg
さて、マンダリンオリエンタルホテル東京 オリエンタルラウンジでの
アフタヌーンティーメニューのレビューです。

今回は電話で一週間前に、窓際席で予約。
オリエンタルラウンジの奥の席で、いただくことになりました。
コースはレジェンダリーアフタヌーンティー
紅茶、コーヒーまたは冷たいお飲み物からメニューから選択可能。
(アルコールドリンクを除きます)
電話での予約の場合4,200円ですね。

DSCN5053.jpg
ラウンジチェアにクッションがあったので、あまり深く座らずに
アフタヌーンティーをいただけました。
本来ラウンジチェアは食事をするのにはあまり向いていませんが
色々工夫してあるんですね。
DSCN5047.jpg
小さな長方形のテーブルでした。テーブルクロスが薄くも上品な
生地。
女性向きですね。
DSCN5051.jpg
オリエンタルマンダリン38階からの珍しい、雨景色。
私が座っている席の、横でこんな不思議な景色が見れるんですから
ちょっとした気分になります。
青空より、この天気のほうがいいな。
あまり眩しいと、アイスティーばかり飲むことになるし。
DSCN5060.jpg
荷物を入口でクロークに預けました。
ダークブラウンでかっこいい。
扇子がマンダリンオリエンタルのロゴなんですね。
DSCN5068.jpg
さて、サンドイッチとスコーン、スィーツについてなんですけど
ここはコース仕立てなんですね。
3段トレイではなく、皿に盛ったサンドイッチがまず運ばれてきました。

一度に出す形式が多いなかで、あくまでお客様のペースに合わせてフード
を出すスタイルのようです。
(これは常にゲストの食べるペースに合わせて、スコーンを用意しなくて
はならないのだから、実にここのスタッフは大変なんだろうな)

サンドイッチは全体的に、魚や肉の燻製など味が濃い目だと思う。
いくらか、肉のボリューム感が前面に出ている気がした。
オープンサンドイッチ形式なんですね。
全体的に抑えめかな。

DSCN5066.jpg
サンドウィッチ
キュウリと卵のオープンサンドイッチ
ポークハムと春キャベツのサラダのサンドイッチ
スモークサーモンとクリームチーズ 菜の花のブリオッシュ
鴨胸肉のオレンジハニーローストとグリーンアスパラガスのフォカッチャ



この時点で熱い紅茶と、サンドイッチのおかげで一息つく。
やはり、紅茶を飲みつつ片手で食べられるサイズ。
つくづく寒い時は、紅茶ですねえ……と、一人で感心しながら
食べる。
DSCN5087.jpg
スコーン3種 プレーン ヘーゼルナッツ いちじく

大きいサイズで、立体感がある。
スコーンの香ばしい香りが、漂ってきた。
家でパンを焼いているのだけど、その時と同じ香り。
真面目に作っているんでしょうね。

直球勝負のスコーン。
へえ、マンダリンはサンドイッチやスコーンなどは真面目な
スタイルを守っているんですね。
奇をてらってくるとばかり思っていたけど、直球勝負か。
DSCN5089.jpg
で、驚いたのがこのスコーンですね。
さすがに、コース仕立てで出してくるだけあって熱々!
これは、出てきたら急いで食べたほうがいいと思う。
全体的にホクホクで、手で割ると湯気が出てくる感じ。
(すくなくとも、ぱさぱさしていない)
レモン風味のクローテッドクリームにはちみつ、イチゴのジャムだった
気がする。

DSCN5082.jpg
レモン風味クロテットクリーム アカシア蜂蜜 イチゴジャム

クローテッドクリームやジャムなどは、基本を忠実に守っている気がした。
多分、クローテッドクリームもはちみつもスコーンに塗っていたら
食べつくしてしまう量なのでは。

ちなみに、隣の席のご婦人がたはこのスコーンをお代わりしていたので
多分お代わり可能だと思う。

帝国や、シャングリラと比べてもボリューム感があるタイプのスコーン
かな。
焼き色もきつね色で、香ばしいタイプ。

DSCN5127.jpg
ペストリーシェフ自慢のプティフール
ベアーマシュマロ
ブルガリアンローズハニー風味ダマスクローズマカロン
アカシアハニーキャラメルチョコレート
ライムタルトレット
チェリーのクラフティー
フラワーカップケーキ
プロシュートを添えたコーヒーハニー風味マスカルポーネチーズクリームのカナッペ

スィーツがこういった円形の形でやってくるんですね。
(スケルトン?)
どうもマンダリンオリエンタルは一年のうちに大きく4つのシーズンに分けて
スィーツを変更しているらしい。

ちなみに4月のスィーツはイチゴで、5月ははちみつをテーマにしているとか。
実は少し雨で、若干体の調子が重かったのでこのはちみつ系のスィーツで
助かりました。
(中国でははちみつは、薬膳でいうところ風邪などの改善に効果があるといいますし)

また、はちみつで味付けしてあるので、大変紅茶の味に合いました。
これは晴天のときに食べるスィーツではなくて、こういった雨で冷えたときに
食べるスィーツなのかなと思う。
そういう意味において、雨という天気にぴったりのスィーツだった。
インテリアを圧倒するはちみつスィーツ。
これ、またやってくれないかな……これはアフタヌーンティーのスィーツとして大
成功だと思う。


DSCN5117.jpg

まさかのスケルトンな器で、スィーツを提供してくれるんですね。
一個一個のサイズは小さいけど、なんだかんだでボリュームがあった。
あ、ミツバチだ!
ちなみに実際にスィーツを作っている方は、女性の方でした。

DSCN5118.jpg
マンダリンをイメージした扇子が添えてある。
DSCN5119.jpg
実は一瞬、この花も食べられるのか? と考え込んでしまった。
(ま、飾りだよね……?)
DSCN5120.jpg
ベアーマシュマロ
蜂蜜好きの熊という設定?
ストーリー性のあるスィーツなんですね。
DSCN5133.jpg
ライムタルトレット

蜂の羽を、ナッツで表現。
実に紅茶に合う爽やかなお味。
DSCN5138.jpg
アカシアハニーキャラメルチョコレート

ハチの巣を、チョコとホワイトチョコレートのプリントで表現。
DSCN5141.jpg
プロシュートを添えたコーヒーハニー風味マスカルポーネチーズクリームのカナッペ

塩味の聞いたスィーツ?
ま、口直しみたいな食べ物かな?
DSCN5146.jpg
チェリーのクラフティー
DSCN5147.jpg
見た目が華やかだけど、実は最高にチェリーが紅茶に合いました。
全体的に、紅茶に合わせることを重視した味付けだと思う。
DSCN5142.jpg
食べ終わる頃には、すっかり体が蜂蜜と紅茶の効能のおかげで温まり
ました。
外は雨なのに、紅茶がいただけるなんて幸せ……

食べ終わる頃には、すっかり体が蜂蜜と紅茶の効能のおかげで温まり
ました。
外は雨なのに、紅茶がいただけるなんて幸せ……


後半この7種のスィーツが出てくるので、紅茶はこのスィーツに合わせて
楽しむと良いと思う。


では、次回紅茶と、茶器、インテリアをレビューしようと思います。
オリエンタル ラウンジ/マンダリン オリエンタル 東京 【窓際確約】7444円→4600円!1ドリンク付アフタヌーンティーを38階からの眺望と共に【平日15~16時来店】

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ