DSCN5403.jpg

ザ・リッツ・カールトン東京のザ・ロビー・ラウンジへアフタヌーンティーを
楽しんできました。
と言ってもアーリーアフタヌーンティーといって、昼11:30からいただく
アフタヌーンティーでしたけど。

紅茶を楽しみに行ったつもりが、非常に貴重な体験を出来たのでここに
記しておこうと思います。
紅茶好きというだけで、世界は広がるものですね。

実はザ・リッツ・カールトン東京には朝11:30分より、3500円でアフタヌーンティー
をいただくコースがございまして(一休での予約になりますが)

早めにザ・ロビーラウンジ&バーに到着すると、まだゲストがほとんどいないので
貸切り状態で贅沢にアフタヌーンティーが楽しめるのです。
今回はそのレポートと使用というわけですね。
DSCN5411gt.jpg

ザ・リッツ・カールトン東京「カフェ&デリ」

大江戸線六本木駅からリッツカールトンに向かう場合、東京ミッドタウンの
1Fショッピングエリアにある「カフェ&デリ」を目印にすれば大変スムーズに
ホテルを発見できます。


余談ですが、ザ・リッツ・カールトン東京「カフェ&デリ」はリーズナブルな
価格でお茶が楽しめたり、アメニティが売っていたりと結構面白い。
ここでPC片手に、仕事をしているビジネスマンもいたり。


さて、今回は地下鉄大江戸線六本木駅からリッツカールトン東京に行く方法と、
今回正面玄関から入る方法を記しておきますね。
DSCN5412.jpg
とりあえず、大江戸線六本木に到着したら
1Fを目指せば、簡単に到着できますよ。
いざとなればミッドタウンの案内所で聞けばよいかと。
ここのエリアは、書店が多くて便利ですよね。

スターバックスの隣に、TUTAYAなどもありますし。
DSCN5379fvs.jpg

とりあえず地下鉄に案内図が出ていますが、まずは1Fを目指せば迷う
ことはないはず。
一時期トレックという米国本国のバイクメーカーのショップが近くに
あるので、何度か来た事はあったのですが。

DSCN5407.jpg
この「カフェ&デリ」の屋外用インテリア家具が目印です。
DSCN5406.jpg
屋外用ラウンジチェアやソファー。
ファブリックやクッションも、屋外仕様。
マジスや、アルミデなどの家具が、こう言った樹脂系の屋外用家具を扱ってい
るのは知っていましたが。
ホテル仕様の屋外用家具なんて初めて見ました。
DSCN5409sefdgrtf.jpg

「カフェ&デリ」の横から入れます。
ここからリッツカールトン東京の始まりですね。
DSCN5405gdrf.jpg

他に目印として、自動ドア奥のマットとか分かりやすいのではない
でしょうか?
DSCN5402bc.jpg
DSCN5401bc (2)
DSCN5401bc (1)

この後、廊下からエレベーターまで歩いていきます。
何気に入り組んだ廊下だと思いますが、歩いていけばエレベーターまで
到着できるはず。
DSCN5384.jpg
とりあえず、正面玄関から、ホテルに入り込む場合もここに記録して
置きます。
タクシーや自家用車を利用してリッツカールトン東京に来られる方も
多いのでは。
DSCN5385.jpg
DSCN5404kjh.jpg

やはり車で正面玄関から入りこんだ方が、スムーズに入り込むことが出来る
様な気がします。

DSCN5383g.jpg

しかし、外資系は本当に高層階にある場合が多いのですね。
DSCN5391kj.jpg
DSCN5422kyjhg.jpg
DSCN5421kjh.jpg

エレベーター近くに、椅子が用意されています。

この椅子は私が通った時に、結構使われている方が多かったです。
本当にここの宿泊客はくつろいでいるんだなあ。
DSCN5392jg (2)
DSCN5392jg (1)
DSCN5398mb.jpg
DSCN5397.jpg

45階までの直通エレベーターに乗ります。
高速エレベーターなので、一気に45階まで到達出来るので
時間はかからないですね。
リッツカールトン東京のエレベーターは、思ったよりも上質かつシンプルな
エレベーターという印象。
DSCN5424cgh.jpg

45Fに到着。いきなり光沢に満ちたインテリアが飛び込んできました。
このまま直進すれば、「ザ・ロビーラウンジ&バー」に到着します。
なんとなくですが、わざと1Fのインテリアは上品かつ抑えめにして45Fから
一気に豪奢なインテリアに変化していました。

さて、次回はザ・リッツ・カールトン東京 アーリーアフタヌーンティー
お食事編です。

アーリーアフタヌーンティーならではの体験をしましたので、後日レポート
いたしますね。
ザ・ロビーラウンジ&バー/ザ・リッツ・カールトン東京 【一休限定】地上45階、上質の空間で愉しむヘヴンリーティータイム!<通常4,968円→4,500円>

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ