DSCN5757.jpg
さて、ここがインターコンチネンタル 東京ベイ1Fにある
ニューヨークラウンジです。

ニューヨークラウンジ名物のトマトスコーンをいただきにまいりました。
ええ、トマトスコーン目当てと言っても過言ではないです。
まるで地下の秘密クラブみたいな豪華さ。
様々な生地や鏡、ガラス、銀などであしらったインテリア。
絨毯や、椅子のファブリックなど、生地にこだわっている
ラウンジですね。

さすがに外の風景は見れませんが、代わりに鏡があちらこち
らにはめ込んであって、重厚感があります。

多くのソファが配置され、ゆったりとくつろげる空間配置
になっています。
(ここのソファは、一個一個デザインが異なる)

奥の方にビジネスラウンジがあるそうですよ。
アフタヌーンティーの提供時間は平日11:00~16:00
一休経由でしたので3500円でした。


DSCN5758.jpg
入って左手に見えるのが、イタリアンダイニングジリオン
ランチ時、大変混雑していました。

天井は低いですが、逆にニューヨーク地下の秘密高級クラブみたいな
雰囲気になっています。
これは今までにない、インテリアですね。
つくづく圧倒されます。
アメリカの禁酒法時代の隠れ酒場とかって、こんな感じだったの
かな?
DSCN5762.jpg
誕生会やなにかしらのお祝い、ビジネス客、外国からのゲスト
など、ロビーを利用する方々も多種多様だったかな。


DSCN5763.jpg
内装は豪華ですが、スタッフ様の対応はアトホームな感じ
でしたので、居心地がよかったです。
DSCN5764.jpg
DSCN5759.jpg
11:00になったので、ソファー席に案内。
なんとガラス製の天板を使用した正方形の、ソファーテーブル
でした。
ソファーに座りながらでも、食事をしやすい高さです。
DSCN5760.jpg
お茶はお代わり自由。
コーヒー、アイスティー、フレーバーティー、クラシックティー
ハーブティー、チョコレート
そしてなんと中国の工芸茶まで!
紅茶はルピシア、中国茶はメルキューブ。
DSCN5768.jpg
今まで中国の工芸茶というのを飲んだ事がなかったので
マリーゴールドをいただきました。
なんと、ガラス製の急須!
見事に、お花が咲いていますよ。
DSCN5771.jpg
ハーブティーのように、本当に香りのよいお茶なんですね。
まさか、ここで工芸茶を飲めるとは思いませんでした。
DSCN5770.jpg
DSCN5775.jpg
茶器はフランス製アビランド。
これをアフタヌーンティーに使っているホテルは初めてですね……
茶器からして、随分凝っています。
DSCN5784.jpg
DSCN5777.jpg
いくらと、鶏胸肉を使ったオープンサンドウィッチ。


 見た目は軽そうですが、スモークとかが効いていて深みの
あるオープンサンドイッチでした。
DSCN5778.jpg
冷製まるごとトマトスープ
器は既に凍らせてありました。
(一応食べられる)
酸味がきいて美味しかった。
DSCN5779.jpg
オクラのチップスに、コーンの中にクリーム状の物が
入っていたかな。

どちらかというと、オクラのチップスが好みかな。
DSCN5787.jpg
DSCN5788.jpg
さて、いよいよトマトスコーンです。
手前にあるのがプレーンスコーン。
(実は撮影前についつい食べようとして、上半分を崩してしまった……)
奥にあるのが例のトマトスコーン。
右にあるのがゴマスコーンです。
DSCN5789.jpg
暖かく、大変柔らかい。
味は、全体的に甘みがあります。
特にトマトスコーンの味が、実に面白い。
(あえて言うなら、プリッツのトマト味か)
不思議な事に、クローテッドクリームやジャム
に合うんですよ。
むしろ3つ全て、トマトスコーン味でもいい位です。
DSCN5790.jpg
ジャムはイチゴ、クローテッドクリーム、そしてフルーツのジャム
(オレンジ味でした)
オレンジ味のジャムといっても、マーマレードとは若干違う味
なんですが。
ジャムもフルーツ感がありますね。
DSCN5793.jpg
紅茶はお代り自由。
確かこの日はアッサムでした。
ティーポットはイタリアのsambonet。
DSCN5794.jpg
アビランドの食器で、紅茶を飲むのは初めてで面白かったです。
なるほど、これがフランス製食器か。
繊細に出来ているんだなあ。
紅茶はルピシアなので、味は確かです。
DSCN5795.jpg
DSCN5797.jpg

良く考えたら、金属性のポットってシャングリラ以来です。
もちろん、お代りする度にポットとカップは交換。
しかも3段トレイではないので、ここのスタッフ様は他の
ホテルと比べても、大変手間をかけてアフタヌーンティーを
提供しているんだなあ、と思い感心しました。
お茶の交換も、実にいいタイミングで声をかけていただきました。
DSCN5798.jpg
さて、ここはスイーツがなんと2段トレイ仕様なんですよ。
つまり実質、前菜+スコーン+スイーツ2段=4段トレイ。
最初はそれ程お腹にたまりませんが、このスイーツで結構
くると思います。
DSCN5800.jpg
イチゴのパフェはしっかり冷やしてある上に、フルーツタルトは
フルーツ山盛り(間違っても、一口で食べられない量)
チョコレートケーキは、かなりの熱を持っていて中身がとろり
としております。
DSCN5802.jpg
トマトスコーンもいけましたが、ここのスイーツはかなりの
レベルです。
(たしかパテシエさんが監修しているとか)
やっぱりフルーツ感命なんでしょうね。
DSCN5803.jpg
しかもここの2段トレイはお皿が、透けているんですよね。
でもフレームは上質な金。
この2段トレイ欲しいなあ。
DSCN5814.jpg
DSCN5804.jpg
ここのホットなチョコケーキは、実に最高でした。
最初に、このケーキを頂くのがいいかもしれません。
見た目は地味ですが、味は洗練されています。
DSCN5824.jpg
DSCN5805.jpg
2段目がアントルメなどの焼き菓子でした。
手前にあるオレンジゼリーが美味しかった!
DSCN5806.jpg
全体的に、マカロンなども一口で頂けるようなサイズになって
いるので、紅茶を飲みながら頂くには丁度いいかな。
DSCN5821.jpg
この2段トレイのフレームが、優雅なんですよね。
DSCN5822.jpg

お代りも自由で、食事の量もそれなりにあるので長時間
アフタヌーンティーを楽しむのにはうってつけかな。
フランスのアビランドブランド製の茶器を、アフタヌーン
ティーで楽しめるのも珍しいですね。

どちらかというと、女性的なアフタヌーンティーだと
思います。
割と雰囲気はアットホームな感じ。

ただ、どうしても1Fに配置されたロビーラウンジですので
高層階にある外資系ホテルのロビーラウンジより、目の前が若干騒がしい
かもしれません。

とはいえ居心地はいいので、3時間位だらだらしてしまいました。
いずれにしてもよそにはない、ベジタブルなアフタヌーンティーが
頂けるので、また後日チェックしたいと思います。
ニューヨーク ラウンジ by インターコンチネンタル 東京ベイ 【寛ぎ時間】アフタヌーンティー お好み茶葉への交換&選べる特典 最大5,877円相当→3,960円 (平日)

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ