DSCN6787.jpg
DSCN6673.jpg
ついに、コンラッド東京でアフタヌーンティーをしてきました!!
とうとう、行ってしまいましたよ……ああ、今思い出してもあの
アフタヌーンティーは心が弾む。
「また行きたい、また行きたい、また行きたい」
そう思わせるほどの内容でした。

偶然にもこの汐留あたり周辺で、東京オリンピックが東京で開催さ
れるそうではないですか?
このコンラッド東京とか、近くの都内ホテルは東京オリンピック
の宿泊客で、大変なにぎわいになるんでしょうね。

後日コンラッド東京から「東京オリンピック記念アフタヌーンティー」
とか出るんでしょうかね??
だとしたら、かなり嬉しいのですが。
さて8月下旬の頃の話ですが、都営大江戸線で汐留駅に到着。
着いて初めて知ったのですが、汐留駅からコンラッド東京は直結
しているんですね。
駅員さんに「コンラッドどこですか?」と聞いたら
「こっち、こっち!」と指さされた方向に歩いて行ったら、一瞬で
到着してしまいました。
DSCN6652.jpg
DSCN6654.jpg
とりあえず、改札口を出たら地図があったので撮影。
どうやら、エスカレーターで上がった方がよさそう。
DSCN6656.jpg
あった、あった。コンラッド東京!
本当に駅と繋がっているんだなあ。
とりあえず、汐留駅にさえ到着すれば確実に到着出来る。
これはさすがに迷い様がない。
DSCN6658.jpg
東京汐留ビルディングの一部に、コンラッド東京があると知る。
なんかひっそりとしているんですね。
DSCN6663.jpg
そうか、28階から37階までがコンラッド東京なんだなあ。
外資系だから、上の階にあるのかな。
DSCN6664.jpg
DSCN6661.jpg
時間があったので、ビルを撮影。
うーん、外部からはまるでホテルの様子が分からない。
知らない人が来たら、ホテルの存在すら気が付かないんだろうな。
DSCN6660.jpg
DSCN6659.jpg
とりあえず入口に到着。
車専用の入り口もあるみたいだけど、電車から入る場合はここから
入った方がいいようだ。
DSCN6673.jpg
DSCN6675.jpg
なんとなくこのあたりから、高級感が出てくる。
ホテル内に入ると、いきなり別世界になるから恐ろしい。
DSCN6794.jpg
入口のオブジェを見て、ふとヴェルナー・パントン氏がデザインした
パントンチェアを思い出す。
パントンチェア
ヴェルナーパントン
Verner Panton
ヴェルナー・パントン

曲線の魔術師と呼ばれた、20世紀初頭を代表するデザイナー。
特にプラスチックを用いた、曲線を描いた作品が特徴。
うーん、このホテルをデザインされた方はWE LOVE Panton♡
に違いない。
DSCN6677.jpg
なるほど、28Fにロビーがあるんだ。
エレベーターで移動することにしました。
DSCN6680.jpg
DSCN6682.jpg
むむ、派手さはないけど、高級がある……。わざと高級感を隠して
いるかのようなデザイン。
DSCN6683.jpg
エレベーターがあったので、乗ることにする。
乗る前にふと右を見ると、大理石の様な照明オブジェが。
DSCN6684.jpg
この照明様式は、パレスホテルの入り口に似ているなあ……と
思ったら、実は同じデザイン会社の手によるものだったんですね。
だから、大理石などを巧みに利用したデザインなのか。
DSCN6687.jpg
DSCN6686.jpg
なんかエレベーターの床が、かっこいい。
エレベーターは28階まで直通でした。
DSCN6688.jpg
DSCN6689.jpg
光が浮き出てくるようなデザイン。
直接的に、お客様に照明が照らさないように工夫してある。
DSCN6693.jpg
28階に到着。
海とは浜離宮恩賜庭園が、うっすらと見える。
DSCN6696.jpg
通路の天井が高い! 
なんでこんなに高いんだろう?
ここは本当に28F???
完全に外とは別世界ですね……
DSCN6775.jpg
おお、ロビーが光っている??
照明器具かと思ったら、そこがロビーカウンターだった。
しかも大理石と絨毯。
8月下旬でしたので、周囲は家族連れが多かったです。
8月ならではの光景なのかな?
お子様が、ハイテンションで走り回っていました。
DSCN6695.jpg

ロビーにコンラッド東京名物の胸像があったので撮影。
ホテル王コンラッド・ヒルトンの胸像だとか。

ホテル王……良く小説に「ホテル王」は登場するけど。
これが本物か……。
DSCN6774.jpg
DSCN6780.jpg

その辺を見学していたら、売店があってコンラッドベアが売っていた。
「一部のアフタヌーンティーなどのコースでも、ベアがもらえます」とのこと。
今回はもらえなかったけど、へえ。
一応ショップで、コンラッドベアが買えるんですね。
DSCN6781.jpg
これが8月にオープンした「Collge」コラージュかあ!
あちらこちらの雑誌で特集されていますよね。
外観はガラスで覆われていました。
昼の3時ごろあたりの画像なので、何かの準備らしき事をしていました。
DSCN6782.jpg
む、思ったよりもコンパクトな空間なのかな?
なんだか、美味しそうな雰囲気を感じました。
(画像からは、伝わらないけど)
DSCN6790.jpg
では、次回コンラッド東京バー&ラウンジ トゥエンティエイトでいただいた
アフタヌーンティーのレビューを。

実はこの時点で、「まあ、見た目だけが豪華な、普通のアフタヌーンティーな
んだろうな」
と思い込んでいたんですが。
感動の連続でした。
コンラッド最高!!

「コンラッド東京のアフタヌーンティーだけは、絶対いただいた方がよい!!」
と思わせる内容だったのです。
トゥエンティエイト/コンラッド東京  【一休限定】通常6201円→4100円!窓一面の東京湾を眺めながら、お土産付アフターヌーンティー

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ