DSCN7443.jpg
フォーシーズンズホテル丸の内 東京 ekki BAR & GRILL
でアフタヌーンティーをしてきました!

美味しいアフタヌーンティーなのですが、ここに来たらとにかく
トリュフポップコーンと、和牛ハンバーガーを注文する事を
お勧めします!!

大声で叫びたい位、トリュフポップコーンに美味しかった!!!!
なぜか、日本人担当の男性と、外国人担当のホテルマンが私の席の担当に
なったんですよ。

ここの香港からやってきたという店員さんが面白くてね。
どうも、その方は日本語よりも英語の方がいいというので、こちらも合わせて
英語で話す事に。
(普段英語なんか話さないから、多少緊張したが)
ま、とりあえず英単語をつなげればなんとかなりますよ。

まあ、そりゃフォーシーズンズですからね。

しかしこの空間は、コンパクトですがオリエンタルかつ高級な空間ですね。
男性よりも女性の方が好む空間ではないでしょうか?
バーみたいだけど、ロビー的な役割も果たしている空間なのかな?


ついでにここの従業員様は、非常にてきぱき働いているお姿が印象的。
とにかくよそと比べても、士気が高いと思う。
DSCN7491.jpg
ちょっと窓際は日光が強すぎたので、奥の席になった模様。
ここからだとインテリアが見渡せて楽しい。
DSCN7419.jpg
木の葉形状の受け皿が、ナプキンとともにセッティングされて
いました。
既にジャム、蜂蜜、砂糖まで用意されていた。
(どうもフォーシーズンズのジャムは瓶の模様)
DSCN7431.jpg
どうもここのゲストは品が良く、そして穏やかそうな方々が多い。
(しかも、家族の交流の為にこのホテルを利用している感じがした)
DSCN7432.jpg
たしかに外国人客も多い。また女性客が、ホテルマンを引き連れてこの
エキ&バーの下見に来ていた。
ここを借り切る事も出来るんですね。
DSCN7420.jpg
DSCN7421.jpg
ローズヒップとペパーミントのアペリティブ
ウエルカムドリンクとか言う奴だろうか?
が出てきた。

華やかな香りがして、胸がすっとした。
DSCN7425.jpg
DSCN7436.jpg
フォーシーズンズのアフタヌーンティーは、4200円のコースの場合
紅茶や、フレーバーティー、緑茶、中国茶などをポット単位で提供
してくれる。もちろんお代わり自由。

最初はカップ単位のお代わりかと思っていたので、ちょっと驚いた。
もちろんお好みのフレーバーティーをアイスでもいただける。
あとこのチョコレートが名物だそうです。
DSCN7426.jpg
DSCN7441.jpg
3種類のはちみつを用意してあります。
スコーン用にでしょうね。
(紅茶に入れる際にも、使いやすいコンパクトサイズ)
はちみつ入れのガラス容器は、大変扱い易かったです。
DSCN7440.jpg
DSCN7427.jpg
カトラリーのメーカー名は不明
でも小さくてかわいらしかった。
DSCN7434.jpg

大根のピクルスと甘酢しょうがの和牛ミニバーガー
サーモンとホウレン草のサワークリームキッシュ
パルミジャーノのポンデケイジョ
季節野菜の生春巻き バーニャフレイダソース
ラディッシュとポークリエット
フルーツトマトとモッツアレラボッコンチーニビンチョス
野菜チップス
フレッシュグレープフルーツタルト
パイナップルケーキ
ラズベリームースカップ
杏仁豆腐
バニラスコーン マンゴースコーン
シナモンチェロス オレンジディップクリーム
DSCN7435.jpg
エキ ウィークディ アフタヌーン
フォアグラ入りミニ和牛バーガーにアップグレードと季節のスムージー&
トリュフポップコーン付き
30種の紅茶コーヒーを好きなだけ

4200円のアフタヌーンティーコースを選択。
(一応電話予約しておきました)


ここの4200円コースのアフタヌーンティーにした訳は、トリュフポップコーンを
いただけると聞いていたから。
トリュフハンバーガーも美味ですが、このトリュフポップコーンの存在が
実に大きかった。

3900円のアフタヌーンコースもいいですが、出来れば4200円にした方が
おもしろい体験が出来ると思う。

ただ、エキ&バーのアフタヌーンティーのシステムが面白くて2900円の
コースもあるんですよね?
お茶の種類は一種類だけだけど、これはこれで気軽にアフタヌーンティーが出来て
いいですよね。
DSCN7438.jpg
ここのメニュー表は、「東京駅の近くなんだな」ということをイメージした
デザインになっていた。
なんかNHKプロジェクトXのOPみたいなメニュー表???
DSCN7439.jpg
季節のスムージー

スムージーが到着。
大変美味しいので、一気に飲んでしまった。
そして、テキパキと店員さんがコップを下げてくれる。

あまりに飲むスピードが速かったせいで、他の店員さんが
「スムージーはいただきましたか?」と確認に来た。
どうやら、あまりに早く飲んでしまったのでまだ提供
していないと思ってしまったらしい。
DSCN7445.jpg

そうしている内に、お盆に乗ったアフタヌーンティーのトレイが到着。
スィーツ、サンドイッチ系、スコーン、サラダの4種類に分かれて
皿に乗って提供。


バニラスコーン マンゴースコーン
DSCN7447.jpg
大根のピクルスと甘酢しょうがの和牛ミニバーガー
サーモンとホウレン草のサワークリームキッシュ
パルミジャーノのポンデケイジョ
DSCN7452.jpg
スコーンは大変繊細な味で、口に含むとどんどんホロホロ溶けていく
タイプ。
コンラッド東京のスコーンに大変似ていて驚いた
こんな事もあるのですね。
このスコーンに、色の濃いはちみつを付けると、ざらざらしたはちみつ
とスコーンが楽しめます。
(あまりに美味しかったので、スコーンの撮影を忘れた……)
DSCN7458.jpg
アフタヌーンティーを運ぶ際のお盆に取っ手が付いています。
このアフタヌーンティーのフードを運ぶ際、なんとなく香港
めいていて面白い。
エンターティーメントですね。
DSCN7462.jpg
フォーシーズンズのミニハンバーガーがとにかくでかい!
大きい!
しかも炭火で焼いたかの如く、お肉が香ばしいです!
見てくださいよ、この見事なお肉の焼き加減!
(しかしこれはアフタヌーンティーか?)
まあ、美味しいからいいや。
フォアグラの味は、あくまでアクセントという感じ。
DSCN7463.jpg
季節野菜の生春巻き バーニャフレイダソース
ラディッシュとポークリエット
フルーツトマトとモッツアレラボッコンチーニビンチョス
野菜チップス
野菜チップスは天然の甘みが出ていてよかった。
しかし、最近は野菜系のフードをアフタヌーンティーに出す
場合が多いのですね。
DSCN7465.jpg
ティーポットはボダムのアッサムティープレス。
デンマークのコーヒー&茶器メーカー。
プレス式コーヒーメーカーとして有名ですが、こうして紅茶のポット
も出していたんですね。

ちなみに、フォーシーズンズが使用している茶葉は、ドイツの老舗ロン
ネフェルト。

結構ロンネフェルトの茶葉は、あちらこちらのホテルで採用されているんだなあ。
パレスもそうだったし。
DSCN7466.jpg
茶葉はモルゲンタウ。まあ、要するに緑茶です。
しかし、透明感のあるカップですね。
ここは、茶葉ごとにポットとカップを用意してくれる
のでありがたい。
DSCN7467.jpg
DSCN7469.jpg

カップは、フランス「BERNARDAUD」!
凄いなあ、アート作品などにも取り組む名窯として有名ですよね。
創業150年、あのナポレオン3世御用達ブランドですよ。
世界中の王室にも愛用されていますね。
(日本の有名フレンチレストランでも数多く採用されている)
DSCN7470.jpg
フレッシュグレープフルーツタルト
パイナップルケーキ
ラズベリームースカップ
杏仁豆腐
シナモンチェロス 
DSCN7471.jpg
DSCN7472.jpg
ここのチェロスが実に複雑な味なんですよ。
シナモンの味がよそと全然違う。
軽い苦みがあってですね……。
かなりの高級シナモンを使用しているのでしょうね。
このチェロスは乾燥しているので、オレンジディップクリームを
付けながら食べると美味しいと店員さんに教えてもらった。
このチェロスは個人的にお勧め。
DSCN7473.jpg
DSCN7474.jpg
杏仁豆腐。フォーシーズンズのアフタヌーンティーはあまり
生クリームに頼らず、素材を生かしたフードが多い。
しかも、どれもこれも凝っているので食べていてどの
料理も驚かされます。
どちらかというと、量重視のアフタヌーンティーかと思って
いたのですが。
実は味重視の実に繊細なアフタヌーンティーでした。
DSCN7475.jpg
和歌山県のきよみオレンジジャム。
つまり国産のマーマレードです。
苦みというよりは、実に味わい深い味でした。
スコーンもいいけど、パンに使っても最高なんだろうな。
DSCN7481.jpg
両方とも、果汁の美味しさがお口の中で大爆発。
今思い出しても、興奮する味。
やっぱりここのスィーツは、美味いわ。

しかし、ここで食事しているとあちらこちらから英語や
他の言語での会話が耳に入ってくる。
なんだか、ここにいるだけで日本という気がしなくなって
きた。
DSCN7483.jpg
さて、今回大当たりだった伝説のトリュフポップコーンですよ!
とりあえず、ここに来たらこのトリュフポップは食べて
おいた方がいいです。
これだけ香り高いポップコーンは生れて初めての経験かも。
(最近都内でも、人気がありますよね?)

トリュフを使うと、こんなに複雑な味になるんですね。

DSCN7484.jpg
カライブ・ヴェローナホットチョコレート
DSCN7485.jpg
普通にマシュマロがついてくるんですね。
有名なだけあって、確かに美味い。
トリュフポップコーンを食べながら、チョコレートをいただきました。
贅沢ですね。
DSCN7488.jpg
(全体的な感想)
コンパクトながら、大変清潔かつオリエンタルなインテリアの中でいただく
アフタヌーンティーは最高でした!

あと茶器や茶葉は全体的にヨーロッパの物を積極的に採用していた感じ
がします。
出来れば4200円のコースのアフタヌーンティーの方が、感動は大きい
はずです。

しつこい様ですが、トリュフポップコーンは最高でした!
個人的に、このフォーシーズンズトリュフポップコーンは、伝説になった
かもしれない。
ekki BAR & GRILL/フォーシーズンズホテル丸の内 東京 【一休限定】季節のスムージー付!フォアグラバーガーXトリュフポップコーン お土産付アフタヌーンティ

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ