DSCN8014.jpg

ペニンシュラにアフタヌーンティーに行ってきました。
今回の記事は、その際帰り際に地下にあるブティック&カフェで
チョコレートを買った時の記事です。

後日ペニンシュラでのアフタヌーンティの体験を記事にしようと
思います。
DSCN7941.jpg
DSCN7944.jpg

丁度ペニンシュラに到着した時、車椅子の機材を搬入している
最中でした。
やっぱり、その辺のバリアフリーにも力を入れているんだなと
感じました。
DSCN8016.jpg
ふと思ったのですが、ペニンシュラのエントランス(玄関)には
ベテランのホテルマンがいつも待機しているのですね。
で、ロビーなどの空間は若手のホテルマンが担当。
DSCN8015.jpg
和紙などをつかった和風の照明器具などがあるのですね。
結構和も意識したホテルなのかな?
DSCN8013.jpg
調理師系の学生さんが、社会見学に来ていました。
先輩に案内されながら、施設内の設備に「おお」「なんか凄いね」
と感嘆の声を上げていたのを
良く覚えています。
そりゃいきなりこんな施設を見れば、絶句するだろうなあ。
やはりペニンシュラ位になると、そういう教育施設の見学先に
なるんでしょうかね。

ま、とりあえず、アフタヌーンティーを楽しんだ後に
ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェに入りました。
DSCN8014.jpg
ペニンシュラベアのグッズが人気あるみたいです。
やはりホテルはベアですねえ。
しかし、なんで熊がホテルのシンボルキャラによく選ば
れるんでしょう
DSCN8028.jpg

とりあえず、甘い物が欲しくてチョコのコーナーに。
アフタヌーンティーを頂いた後なのに、まだ甘い物が欲しくなる
不思議。
ビターチョコとか、色々種類が豊富なんですよね。
なんとこのチョコレートは、ペニンシュラ香港から輸入している
そうです。
まさかのザ・ペニンシュラ香港メイド。
チョコ一つとっても、オリエンタルですな。
DSCN8027.jpg
大体600円~700円で、チョコが販売されています。
DSCN8030.jpg
ペニンシュラのパウンドケーキの外箱が可愛い。
これ、手にとっている女性の方がいらっしゃいましたけど。
やはりベアがいいですね。
DSCN8031.jpg
帰りに袋が雨で濡れないようにと、丁寧にビニールで覆っていただき
ました。
こういうさりげないサービスがありがたいですね。
DSCN8033.jpg
というわけで、スイートアーモンドチョコを購入。
早速お茶の時間に、ばりぼり食べて見る事にしました。
DSCN8036.jpg
ゴールドの包装紙。
シルバーじゃないんですね。
DSCN8041.jpg
あくまで個人的な感想だけど、見た目かなり光沢感がある
チョコ。
艶があるんですね。
てかてかだ。
DSCN8042.jpg
割ってみたら、クラッシュしたアーモンドがぎっしりだった。
なるほど、たしかにアーモンドだわ。
凄い量のアーモンドが詰まっているのね。
DSCN8044.jpg

特別という程でもないけど、アーモンド感がかなり前面に出
ているチョコだった。
確かに美味い。
チョコの中の4割はアーモンドじゃなかろうか?
このアーモンドの量がペニンシュラなんですかね?

やはり口の中でバリボリ一気に食べるほうが、アーモンドを
思う存分楽しめると思う。

後日、ペニンシュラでのアフタヌーンティーの様子を、記事にしよう
と思います。
ザ・ロビー/ザ・ペニンシュラ東京 【平日限定】英国式クラシックアフタヌーンティー!25種のティーセレクションをお好きなだけ!¥4485→¥3400

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ