DSCN5674cv.jpg
DSCN5672cv.jpg
虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京内1Fにあるカジュアルダイニング
BEBUにて、ハンバーガーをいただきました。

現在アンダーズ東京内におけるレストランは、どこも大変な混雑だと
思いますが、BEBUは比較的スムーズに食事出来ると思います。
アンダーズスタイルのビア&バーガーを提供しているカジュアルな
のですが、屋外と屋内に席が用意されていました。
お気軽なスタイルですが、インテリアや食器など所々にホテルらし
い雰囲気があります。
DSCN5677cv.jpg

虎ノ門ヒルズ内からも、BEBUへ比較的容易にアクセス出来ます。
お客さんも実に多様で、海外からの旅行者や、ビジネスマン、カッ
プル、御婦人方など。
とんでもない数のハンバーガーを、ここのシェフが作っているみた
いですね。
お客様にご挨拶している様子が、拝見できました。
屋内は木材を多用しているカウンターエリアと、テーブルエリアが
存在します。
お肉を焼く香ばしい香りがしてきたので、吸い込まれる様に店内へ。
DSCN5647cv.jpg
屋外のテラス席を楽しまれる方も、実に多数!
オシャレな活気があります。
DSCN5686cv.jpg

屋外のテラス席を楽しまれる方も、実に多数!
オシャレな活気があります。
反対の外からBEBU店内を見るとこんな感じです。
この時、強風と共に雨が降ってきたので、屋外のお客様は屋内
移動した後だったかな。
たしかに公共の道路に面したエリアですが、木などで境界がしっ
かりあります。
DSCN5673.jpg
虎ノ門ヒルズで働くビジネスマン達の、休憩場的な役割もあるのかな?
このカウンターエリアも、木材のインテリアが上品でいい感じで
した。
とういえば、ハイアット東京は石材よりも木材を多用したインテ
リアが多いのかな?
DSCN5671cv.jpg
屋内の席に案内されたので、そこで食事をする事に。
ふと天井を見上げてみると、実に高い!
こんなに、高い天井なんだ!
DSCN5670cv.jpg
BEBU店内の壁まで、木材がふんだんに使用されていますよ!
このあたりは、さすがハイアットですね。
かっこいい!
DSCN5644cv.jpg
やはり木材で出来た長いテーブル上に、ケチャップやマスタード、
カトラリーがセッティングされています。
DSCN5643cv.jpg
店内はコンパクトなんですが、高い天井のおかげで解放感があ
ります。
DSCN5640cv.jpg
DSCN5641cv.jpg

メニューは大まかに分けて、2つのジャンルが存在します。

①オーストラリアビーフ140gグリルバーガー
②スペシャルバーガー

の2ジャンルです。

最初スペシャルバーガー内のメニューを適当に選んでみたのですが
、そのメニューはシーフードとの事。

「お肉系でしたら、オーストラリアビーフ140gグリルバーガーですよ」
と、丁寧に案内していただきました。

なるほど、確かに太い文字で書いてあるわ。

結局ビストロバイトとかいう、ハンバーガーにしました。
なんか名前が美味しそうだったので。
DSCN5646cv.jpg
DSCN5645cv.jpg
グラスに入った、ジンジャーエール。
確かサイドディッシュとかいうセットメニューを選択したので、これ
を選んだと思う。てか、グラスかっこいい。
DSCN5648cv.jpg
肉が飛び出た、大き目のハンバーガーが到着!
おお、想像以上に肉厚!!
普通に肉汁のジュースが、ハンバーガーから溢れかえっている
じゃないですか!

これが、ホテルメイドのハンバーガーって奴か!
DSCN5649cv.jpg
というか、滅茶苦茶パンが美味そうだ!
ふわふわしている!?
DSCN5650cv.jpg
上品なパンなんだなあ……と感心しつつ冷めないうちに
さっさと食べようと焦る。
DSCN5651cv.jpg
DSCN5652cv.jpg
なるほど!
ビストロバイトって、オーストラリアビーフ140gグリル
と、カマンベールチーズのフライが組み合わさっているんですね。
リンゴンベリーとローストオニオンはソース的な役割という訳か。
DSCN5653cv.jpg

ここで、軽いトラブル発生。
どうも他のお客様がたのんだ「ビストロバイト」を、間違って私の席
に到着してしまったらしい。

今回私は撮影していたので、運よく食べずに済んだ。時間的に1分か。
という訳で、このビストロバイトは他の席へ……
実は前の席の方のハンバーガーも、違うハンバーガーだった。
「ま、オープンしたてですからね」という、冷静な指摘が前の席の方
からありまして。
同感、同感。
実に同感。これだけの数のお客様を、いきなりさばくのは大変だろうな。
とりあえず、間違って他の方のハンバーガーを食べなくて本当に良か
った、良かった。
DSCN5654cv.jpg

その後直ぐに
ポテトウェッジや、自分が注文していたハンバーガーが到着!
お! 速い! もう来たか!
さすが、直ぐに対応してくれるんですね!
DSCN5655cv.jpg

なんとフライドポテトが、せいろに入って登場ですよ!
揚げたてで、大変熱々でした!
スタッフ様が、その場でせいろの蓋を開けてくれます。
DSCN5656cv.jpg

では改めて、ビストロバイトをいただく。
うお! ステーキだ! まるでハンバーグがステーキみたいな食感!
しかも、怒涛の肉汁!
ハンバーガーというより、ステーキサンドを食べている様な感覚!
これは美味しい!
カマンベールのフライも、肉汁と組み合わさって美味すぎる!!
DSCN5657cv.jpg
それを、フライパンでソテーして出来立てのハンバーガーを
提供しているそうです!
いずれしても、これは突進してくるかのような美味しさ!
虎ノ門ヒルズやアンダーズ東京において、一番感動したのが
このハンバーガーでした。
DSCN5658cv.jpg

これで1000円なら安いかもしれない。実に納得のお味。
アフタヌーンティーに出てくる味わい深い和牛ハンバーガー
とはまた違った、肉汁ハンバーガーの世界を堪能できた。
また食べたい!!
DSCN5659cv.jpg
DSCN5661cv.jpg
どうでもいいけど、前の席の方が食べていたサラダが凄く美味し
そうだった。
案外サラダ系も、お勧めかもしれない。
DSCN5665cv.jpg
会計は2100円位でした。
DSCN5666cv.jpg
DSCN5668cv.jpg
カトラリーは、国内高級洋食器メーカーの「マーシャン」ブランド。
なんだかんだで、国内製カトラリーを用意してくれているんですね。
試しにポテトとか切ってみたけど、軽くて使いやすい。
手に持っても、負担が少ないんですよね。
DSCN5676cv.jpg

ハイアット東京、カジュアルダイニングBEBUは行き交う観光客の
間でも注目の的でした。

やっぱり、この木材を使用したインテリアはちょっとしたものですよ。
DSCN5687cvbkh.jpg
アンダーズ東京、カジュアルダイニングBEBUは高級感とカジュア
ル感が両立していて面白かった。

でも、ハンバーガーは問答無用で美味しいです。
なぜか、このハンバーガーを食べ終えた瞬間「さすがハイアット!」
と、思いました。
BeBu/アンダーズ東京 【一休スタート記念】2hフリーフロー付!2種ミニバーガーやトリュフフライなど7種のタパス!特別料金5000円

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ