DSCN5699cv.jpg
高級会員制ホテル「東京ベイコート俱楽部」敷地内にある
「リストランテOZIO」でデザートブッフェを楽しんできました。
メールで聞いてみたら、会員でなくても入れるホテル内レストラ
ンがあるんですね。

クォリティが高いせいか、一休の予約が一杯。三週間後の日時
にようやくとれた感じです。

行ってみたら、席は満席!
なるほど、凄い人気なんですね。
とりあえず、どうしてこれほど人気なのか、行ってみたらようやく
分かりましたよ。

最高に楽しかった!
DSCN5693cv.jpg
東京ベイコート俱楽部のツインタワーは、国際展示場駅から
すぐ見える位置にあったので分かり易かったです。
なんか、SFみたいなビルですね。
DSCN5825cv.jpg
ところが、近くまで来るとなかなか風格のある建築物だった。
近くで見ると高級感があるんですね。
DSCN5695cv.jpg

この門に着いた所で、ホテルの方にリストランテOZIOへ案内して
もらった。
どうも更に奥へ入った所にあるらしい。
ここは東京ベイコート俱楽部の正門だろうか!?
DSCN5699cv.jpg

確かここがリストランテOZIOの入り口です。
これはこれでなかなか、重みのある建築物ではないですか?
女性2人が、お店に入ろうか入らまいか悩んでいる光景を目の
当たりにする。
そんなに、やばい場所なのか?
少し緊張する。
DSCN5822cv.jpg
自動ドアの奥に、スタッフが立って控えていたので心底驚いた!
(表面では平静でいたけど)
ここで予約名を告げて、店内に入る。
DSCN5820cv.jpg
重厚というよりは、きらびやかでコンパクトな建物の中に
リストランテOZIOがあると知る。
てっきり東京ベイコート俱楽部のロビー近くにあるかと思ってい
たけど、違うのですね。
独立したイタリアンレストランだったのか。
DSCN5709cv.jpg

こりゃ、スワロスキーだらけの店内ですねー。
ガラスがパーテーション代わりになっているのか。
DSCN5710cv.jpg
DSCN5711cv.jpg
でも席の周囲はシックなインテリアになっていて、
妙に落ち着く。
もっときらびやかかと思ったけど、少し懐かしい
感じがする店内だった。
DSCN5713cv.jpg
DSCN5714cv.jpg
DSCN5701cv.jpg
テーブルウェアが、クラシカルなレッド。
リストランテOZIOの、このシックさが個人的に好み。
スワロスキーの飾りもいいけど。
この間行った銀座マキシムっぽい雰囲気だった。
DSCN5715cv.jpg
紅茶を注文した後に、甘酸っぱいウェルカムカクテルが出てきた!
お店のスタッフ様に、アルコールの有無を聞かれる。
だから、アルコールが苦手な方でも安心です。
DSCN5717cv.jpg
DSCN5720cv.jpg
リストランテOZIOのティーカップは、大変持ち易くて好印象。
業務用老舗食器メーカーミヤザキ食器製でした。
DSCN5817cv.jpg
なんだか、小樽のガラス細工を思い出させるガラス製カップ。
本当にいいガラス製品が多い。
DSCN5726cv.jpg

6月のスペシャルデザート
夏みかんスープとパンデビスのアイスクリーム。
自家製のパンデビスをジェラートにしたそうです。
下に夏ミカンのゼリーが!
しかもゼリーの下に、きちんと剥いた夏ミカンの果実がごろごろ
っていた。
凄い手間がかかっている!

ふと口に含んだ際思いましたよ。
これは美味い! ここOZIOは間違いなく当たりだな、と。
噂以上にレベルが高い。
DSCN5723cv.jpg
DSCN5718cv.jpg
なんと純正クリスタルグラスでした。
ファインクリスタルという表記が。
DSCN5797cv.jpg

魅惑のデザートワゴンがやってきた!
回数は15:00 15:30 16:00 16:00~
一時間に3~4回やって来てくれる。

GLASS DESSERT
パンナエフルッタ  パバナムース 
桃とシャンパンジュレ  オペラ
ビワとお茶  シャンティーフロマージュ
シューパンプルムース  フォレノワールピスターシュ
メープルブリュレ  スイカブランマンジェ
DSCN5742cv.jpg
DSCN5741cv.jpg
スイカブランマンジェや桃とシャンパンジュレを中心に
4ついただく。
他の席の方々は、ほとんどの方が全ての種類のスィーツを
お皿に盛っていた。

ただ、個人的にいきなり10種類は無理だろうと思い、4つを選択。
アフタヌーンティーも大体4つ位のスィーツが出るじゃないですか?
だから、その位のペースが自分には丁度いいと思いましてね。
DSCN5740cv.jpg
DSCN5737cv.jpg
スイカブランマンジェが凄い美味い!
ここまで爽やかなんだ。
ここは見た目よりも、実際の味がいいな。
フルーツをデザートに使うのに、凄く長けている。
DSCN5746cv.jpg
シャンパンジュレが、シャンパンのほろ苦さと
フルーツのフレッシュさが最高だった。

ここは、生クリーム系やチョコよりもゼリー系や、フルーツ系が当
たりだった。
つくりたてって感じ。
DSCN5759cv.jpg
CAKE
タルトアプリコ  タルトフリュイ
チーズケーキ  クラシックショコラ
DSCN5760cv.jpg
これもフルーツ系タルトが盛りだくさんで、タルトアプリコを選択。
やっぱりフルーツ重視なのが、なんか嬉しい。

DSCN5761cv.jpg
タルトフリュイ
わざと、多くの種類が食べられる様に、細かくカットしてあった。
DSCN5762cv.jpg
DSCN5788cv.jpg
パンドジェーヌ  クリスタルポテト
ケーク  ガレットブルトンヌ
サレ  オランジェット 
DSCN5753cv.jpg
食べてみる。
ここは甘さ抑えめよりは甘めで、普通の甘さよりは若干抑えて
いる。
そんな感じ。
なんとなくだけど、ここはワゴンのグラス系デザートに力を入れて
いる気がした。
DSCN5769cv.jpg
とりあえず、カフェラテを選択して落ち着く。
だが、ここで自分はミスを犯してしまう!
なんと、ガムシロップを全て入れてしまったのだ!

自分が馬鹿過ぎる……。
DSCN5764cv.jpg

いいタイミングで、フォカッチャが差し出された!
これはありがたい!
しかも、美味い!
OZIOのデザートブッフェって、半分セルフだけど、半分コース仕立
てでもあるんですね。
素敵過ぎる!
DSCN5772cv.jpg
DSCN5773cv.jpg
このワゴンサービスのお姉さまが、超いい人でわざわざ撮影の為に
デザートを整えてくれた。

そういえば、荷物用に他のスタッフ様が台座を用意してくれるし。
OZIOのサービスは、大変レベルが高いと思いましたよ。
ここまで、徹底してサービスしてくるのか。
なんか、勉強になった。
DSCN5776cv.jpg
そろそろクリーム系や、チョコ系を試したくてオペラ メープルブリュレ
パンナエフルッタなどを選択。
DSCN5777cv.jpg
DSCN5778cv.jpg
どれもこれも、基本を押さえてきちんと仕上げてきたという感じ。
これで2000円クラス!?
す、凄い。
温度管理も完璧だ。
もちろん、一品一品を限界まで手間を極めたデザートを提供する
アフタヌーンティーには負けるが、大量にケーキを提供する事を考
えた場合、この品質が限界なのでは。
DSCN5779cv.jpg
このオペラよかったなあ。一度に大量に食べるんじゃなくて、
このオペラ単品を丁寧に時間をかけていただきたかった。
DSCN5780cv.jpg
DSCN5783cv.jpg
DSCN5782cv.jpg
このシュークリームが凄かった!クリームとカスタード&フルーツ
がぎっしり!
ここまで、クリームを詰め込むか!?
まさに本気のシュークリームだ!
DSCN5784cv.jpg
DSCN5786cv.jpg
DSCN5789cv.jpg
(男女比率や、服装について)
この日のお客様の数は30人以上。
なんと男性客が10名も!
この日だけか!?
なんと男性でも気軽に入れるデザートブッフェだとか。

ドレスコードに関しては、カジュアル系の方が多かった気がす
る。
アフタヌーンティーの場合、きちんとした服装をしてくるゲストが
多いが。
ここは思ったより気楽に来れると思う。
ただし、ランチやディナーの際はきちんとした身なりで行く方が懸
命だと思う。
デザートブッフェだからこその、お気楽さではないかと。
DSCN5790cv.jpg
DSCN5791cv.jpg

ここだけ話、この華やかなインテリアよりも親切なスタッフ
様の接客姿勢が印象に残った。

もちろん、その人、その人に応じたサービスを提供してくれる。
ま、いずれにしても気楽に行って、食事すればよいかと。
伊達に毎日満席に近い、デザートブッフェを提供している
訳ではない。
大変実力のあるお店だと思います。
(自分がサービスについて、ここまで言及する事自体珍しいが)
DSCN5792cv.jpg
DSCN5793cv.jpg
なんと、マンゴージェラートが出てきた!
てか、一体どんだけデザートが出てくるんだ!?
うう、爽やかで食べれてしまう……
出てくるタイミングが絶妙だ。

何気に、ブッフェといいながら、やっぱりコース
的な要素があると思う。
DSCN5799cv.jpg

シャンパンジュレとスイカジェラートを、再度いただく。
このシャンパンジュレの味が癖になりそうだ。
DSCN5803cv.jpg
この細かい気泡が、また美味いのですよ。
どうやって、気泡を固めたんでしょうね?
また食べたい……どこまでも、食べれてしまう。
合計何個食べたっけ?
ワゴンが来るたびに、お代りしてしまった。
DSCN5825cv.jpg
(OZIOデザートブッフェ攻略法)
個人的に、一回目のデザートワゴンで勝負が決まると思う!
ここで、全てのデザートを選んでしまうと後半のワゴンデザート
が、かなり辛くなってくる。

実際一回目のデザートワゴンで全てのデザートを選ん
でしまい、後半お腹がいっぱいになり食べられない
方が何人かいらっしゃった。
ワゴンは心配しなくても、何度も来てくれるので
少しずついただいた方が、美味しくいただけるはず。

逆に、甘党な方は一回目のワゴンで全てのグラススィーツ
を注文して、好みの味を見極める。
そして、後のワゴンで好みのデザートをどんどんいただけば
楽しいのでは。

あえて、要望があるとすれば紅茶の種類を増やして欲しい。
さすがに、ダージリンだけというのも寂しい。
紅茶に良く合うスィーツなのに、なんか勿体ない!

まあ、いずれにしてもデザートの質と量のバランスがいいので
誰でも満足できるでしょう。
毎回思うけど、また行きたい場所ばかり増えて困る。
RISTORANTE OZIO 東京ベイコート倶楽部【平日/一休限定】カクテル付!約20種人気のデザートブッフェ!更に飲み物10種超もお替り・お取替え自由!

スポンサードリンク

コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ