DSCN7268cv.jpg
ブルガリ銀座タワーでアフタヌーンティーしてきました!

おかげ様で、最新のイタリアンアフタヌーンティーに
出会えましたよ! 

おかげ様で、最高の癒しの時間を体験できました!
良かった~!

にしても……こ、これが日本におけるブルガリの総本山ですよ……おおおお。
しかも、ブルガリといえばイタリアじゃないですか?
銀座イタリアンの最前線で、アフタヌーンティー……
ブルガリ銀座到着時、本当に入店出来るのか不安になる。
うわ! 硝子張りだ!
宝石店というか、インテリアショップみたいですね。
DSCN7270cv.jpg
ふとブルガリのロゴを見て、リアルにビビる。
本当にここに来てよかったんだろうか……
いえもちろん、公式HPから予約して来たんですけどね。
DSCN7272cv.jpg
DSCN6303cv.jpg

ちなみにここは正面です。
ここからは入れません。
宝石売っていて、なんか怖いです。
ヤバい。
この時点でかなり緊張していました。
DSCN7274cv.jpg
正面から右側の壁の所に秘密の入り口がありました。
今回お世話になるブルガリ イルバールやブルガリリストランテは
ここから入場することになります。
ここだけの話、秘密の入り口感がありますね。
知っている人だけ入ればいいというか……
DSCN7275cv.jpg
正面入り口は、装飾感があるけど。
こちらは、なんか落ち着く感じがする。
確かに、ここだな。
DSCN6308cv.jpg
DSCN6306cv.jpg
黄金で装飾された自動ドアが開くと、受付の方がカウンターで
立っていた。
予約した名前を告げる。間違いなく予約されていたので一安心。

まだ時刻は11時50分だったので10分後また再訪。
(昼12:00きっかりにオープンするそうだ)

DSCN7279cv.jpg
DSCN7278cv.jpg

1F受付カウンター周辺はこんな感じ。
直ぐ近くにエレベーターがある。
ゴージャスというよりは、大人の雰囲気だ。
DSCN7291cv.jpg

ブルガリ イル バールに到着!
エレベーター出口に、スタッフ様が自分を案内してくれる為に
立っていてくれた。

いきなり、自分の予約した名前を告げられる!!
この人は、エスパーか? 

エレベーターに乗っている間、1F受付から10Fへ連絡が
いったのだろうか?
もうこの連携プレーの前に、既に感動&満足してしまう。
そして丁寧に席まで案内。
DSCN7289cv.jpg
ブラックのテーブルクロスに、ブラックのナプキン!
取り皿までブラック!
ブラックの色使いが上手い……このカラーコーディネート
センスに感動。


さすがブルガリ! 木や革を扱うイタリアのアルチザン(職人)を
イメージしたインテリアなんだろうか?

確かに、木とブラックって相性がいいですよね。ウッドとブラックで
コーディネートしてありました。
あくまでガラスはわき役か。
なんとなく北欧家具みたいな雰囲気もしなくはない。
凄くセンスのいいインテリアだ。
DSCN7292cv.jpg
バーには、木製のフレームで組まれたスツールが配置されていた。
カウンターはブラックの樹脂製というのが実に渋い。
天井、柱、床、椅子にいたるまで木材でコーディネートされた
極上の空間なのだ。
DSCN7298cv.jpg
メニュー表までブルガリブラック!
なんかメニュー表というよりはブルガリのカタログみたいな感じ?
DSCN7288cv.jpg
DSCN7285cv.jpg
DSCN7286cv.jpg
DSCN7287cv.jpg
紅茶は一種類選択する形になります。
とりあえず、サンダーボルト ダージリンを選択。
ちなみに、ブルガリの紅茶は、ブルガリ自ら英国から仕入れてい
るそうです。
DSCN7290cv.jpg
DSCN7293cv.jpg
DSCN7294cv.jpg

このブルガリ イル バーは、吹き抜け構造になっており
この下が多分イタリアンリストランテである「ブルガリ イル リストランテ」
だと思われます。
その向こうが銀座の通り。
なんという吹き抜けがなんという開放感でしょう。
DSCN7295cv.jpg
DSCN7297cv.jpg
天井をふと見上げると、木材と黒の格子が!
照明器具も配置されています。
天井までカッコいい。
DSCN7299cv.jpg
DSCN7301cv.jpg
おしぼり受けがなんとレザー製!
しかもカトラリーは全て「BVLGARII」のロゴが入っています。
ぶ、ブルガリ製カトラリーか……贅沢な!
DSCN7302cv.jpg
DSCN7303cv.jpg
ドイツ高級磁器メーカー「ディバーン社」のカップでした。
カラフルなカップが特徴の、可愛らしいカップメーカーですが。
なんとあえて、白磁のカップをブルガリでは仕様していました。
DSCN7304cv.jpg
ブルガリのスタッフ様に紅茶を注いでもらう。
ここの制服がうっとりする位、上品でかっこいいのです。

ティーポットのデザインですら、装飾品みたいです。
まるでデザインに死角無し。
DSCN7306cv.jpg
DSCN7307cv.jpg
サンダーボルトダージリンはダージリンの2番摘み茶葉だそう
で、とてもまったりしておだやかで飲み易かった。
暑い日には丁度いい紅茶かな。
DSCN7308cv.jpg
ウェイティングフラワーも実に絵になります。
まさかシュガースティックまで、白黒モノトーンカラ―だとは。
DSCN7309cv.jpg
DSCN7310cv.jpg
そうこうしている内に、とうとうブルガリ重箱が到着!
実に丁寧に、ワゴンで運ばれてきます。
DSCN7311cv.jpg
こ、これが、ブルガリアフタヌーンティーの重箱……
きちんと、BVLGARIのロゴが手前に来るように配置して
くれました。

なんか、装飾品とか高級時計が入っていそうな勢いですね。
DSCN7314cv.jpg
開封! 重箱の中は、高級イタリアンなアフタヌーンティーフード
だった!
う、美しい……
あまりに美しいアフタヌーンティーの前に、頭がくらくらしてくる。
DSCN7312cv.jpg

BVLGARI AFTERNOON TEA BOX

Savory セイヴォリー(塩味)
Smoked salmon and sour cream sandwich, Japanese beef mini burger
saffron rice croquette, cod mantecato with polenta, cold tomato soup
スモークサーモンとサワークリームのサンドイッチ、国産牛のミニバーガー
サフランのアランチーニ、タラのマンテカート ポレンタ添え、トマトの冷製スープ

Pastry (ペーストリー)
Croissant, scone, walnut biscuit, spinach and bacon quiche
クロワッサン、スコーン、くるみのビスキュイ、ほうれん草とベーコンのキッシュ

Sweets (スィーツ)
Cherry macaron, banana sandwich, tomato strawberry and basil cream,
pineapple and ginger muffin
チェリーマカロン、バナナサンドイッチ、トマト イチゴとバジルクリーム、
パイナップルと生姜のマフィン

DSCN7317cv.jpg
タラのマンテカート ポレンタ添え

ポレンタのカリカリチップにタラのミンチみたいのが
あった。
あ、あのとうもろこしのポレンタだ!
本当にイタリアンなんだなあ、と実感。
DSCN7318cv.jpg

国産牛のミニバーガー
これが、ブルガリハンバーガーか!
お野菜たっぷりで、ジューシーだけどフレッシュ!
まさに作り立ての味!

うまーーーーい!
アフタヌーンティー用ミニハンバーガー史上、最高のフレッシュ度
合い!
DSCN7319cv.jpg
DSCN7321cv.jpg

スモークサーモンとサワークリームのサンドイッチ
なんと3段のサンドイッチに、キューリが薄切りでデコレーション
されているのですよ。
クリーム味のおかげで紅茶に合う合う!
DSCN7322cv.jpg

トマトの冷製スープ
イタリアのだし汁「ブロード」が利いていたのかな?
上品なダシとトマトのコラボが絶品でした!
外は暑い中で、こういうスープって嬉しい!
しかも器も冷え冷え!
DSCN7324cv.jpg
DSCN7323cv.jpg
DSCN7325cv.jpg
スコーンはミニサイズだけど、形状が上品!
これがブルガリスコーンか!
サクサク感が素敵で、しかもチョコクリームが
香ばしくて凄い!
スタッフ様に聞いた所、なんとアーモンドを
忍ばせたチョコクリームだそうだ。
DSCN7326cv.jpg
ほうれん草とベーコンのキッシュ
DSCN7327cv.jpg
くるみのビスキュイ
ジャスミンの香りを忍ばせているそうな。
DSCN7328cv.jpg
DSCN7330cv.jpg
トマト イチゴとバジルクリーム、
おおおおおおおおおおおおお
また、食べたい! これが凄かった!
なんと苺とトマトのゼリー!!!
フルーティーなトマト感が前面に出ていて、背筋が寒くなった!
しかもイタリアンなトマトが、こう言った形でデザートとして
アフタヌーンティーに登場してくる事に驚愕!!
凄い技術だ!!!!
これ、リアルにいいですよ?
しかも、香りまでバジルクリームで強化しているのですよ!
夏の今しか食べられないのかな?
DSCN7332cv.jpg
DSCN7333cv.jpg
DSCN7336cv.jpg
ここで、特別に梨の香りがする緑茶をいただいてしまう。
(通常ではこういった形では出ないので注意)
どうも自分を担当していただいたスタッフ様は、大変勉強熱心で
ありとあらゆるホテルアフタヌーンティーや紅茶を研究して
いるとか。
というわけで、ミントを利かせた梨の香りがする緑茶(上)と、
梨の香りがする緑茶(下)をいただいたのですが。
なんて爽やかで、ミントの香りが素敵なんだろう……

さすがブルガリスタッフ様……最近他のホテルアフタヌーンティー
でも、自分達が使用している紅茶ブランドを把握していない
場合があったりするんですが。

なんか今回自分を担当してくださった、ブルガリのスタッフ様は凄い!
完全に、自分達が使用している紅茶や茶葉について、把握しているのね。
DSCN7337cv.jpg
銀座限定の柚子と抹茶
DSCN7340cv.jpg
な、なんだ? このチョコレートは!!
香りが……ほのかな香りが口の中で広がる!!
銀座限定で、1個1500円もするって!
でも、美味しい……全然手にべとつかないのに口の中でさらり
と溶けていく……
納得。
この品質とデザインなら、1500円するわ。
なんか上に乗っているのは、銀?プラチナ?
狂気に満ちたチョコだった!
あんまり美味しかったので、違う種類ですがお土産で買って帰る事に。
DSCN7342cv.jpg
DSCN7343cv.jpg
バナナサンドイッチ
バナナのケーキが、上品だけど素朴で紅茶が更に美味しくなった。
しかし、こんな所まで金箔が。
バナナケーキなのに、ラグジュアリー……
DSCN7344cv.jpg
DSCN7345cv.jpg
なんとチェリーマカロン登場!
凄い細工が施してある!
このマカロンが凄い! チェリーの酸味を限界まで引き出したマカロン
ですよ!
美味い! というか、この味は美味しすぎて、何かもう突き抜けているぞ!?
美味しい! 家でもいいから食べたい!

お土産として売ってくれるように頼んだが、残念ながらお土産用としては
販売していないそうだ。
ブルガリのイタリアンスィーツは、とんでもないレベル。
既に脳内は、あまりの美味しさにノックダウン気味。

ブランドがどうのこうのじゃなく、純粋に美味しい!!
DSCN7348cv.jpg
DSCN7349cv.jpg
お会計時の伝票入れも、かっこいい。
もう、何から何までカッコいいではないですか。
DSCN7350cv.jpg
ブルガリ イル バー内で、ブルガリのチョコレートも購入可能
です!
私はラベンダーのチョコを買って帰りました。
600~1500円のチョコレートが宝石の様に陳列されています。
DSCN7359cv.jpg
DSCN7475cv.jpg
なんか今回驚いてばかりですが、なんとチョコレートにブラック
の宝石箱の様な物に梱包していただきました。
しかも、高級そうなブラックの保冷材付き!

まるで、装飾品を買って帰った気分。
これ、包装にも相当なコストをかけていません?
DSCN7269cv.jpg
退店時、エレベーターまでスタッフ様がお見送りしてくださり
感激。

しかも10Fエレベーターから1F受付でも、自分の名前を呼
ばれてお見送りをしてくださいました。
なるほど、これがブルガリなんですね。
DSCN7281cv.jpg
(感想)
高級ホテル以上の接客姿勢に圧倒されてしまった。
また、イタリアンを巧みにアフタヌーンティーにしてしまった
技術は圧巻。
ちなみにフードはレストラン部門と製菓部門が共同で調理
しているそうな。
確か、製菓部門はスペイン人のパテシエだとか?

とにかく感動した。
多分ここに訪れた人は、かなりの高確率でリピーターになる
のではないでしょうか?

ブルガリというブランドに対して、今まで漠然とした印象しか
なかったけど、かなり好印象になった。
BVLGARI Il Ristorante Luca Fantin / Il Bar 【Il Bar】平日限定 イルバールで楽しむアフタヌーンティーボックス&ブルガリチョコレートジェム 

スポンサードリンク

コメント
こんにちは
今回もゴージャス!なアフタヌーンティーになりましたねぇ(*´ー`*)

ブルガリ銀座タワー、普段通りすがっても店内に用事はないし(笑)
ディスプレイ覗くくらいですが、秘密の入り口!( ☆∀☆)
気にとめたこともありませんでした。。

さすが、インテリア 、食器からお料理までサービス含めて凝ってますね!
ブルガリのイメージからして、もっと派手?な雰囲気かと思ってましたが、いい意味で飾りすぎずにスタイリッシュで、好感が持てました。

トマトとバジルのムースが気になります!
ラベンダー好きだから、お土産も羨ましい…けど食べるのが勿体ない~(/ω\*)笑

そうですねえ。
やはり接客というか、サービスがずば抜けているのではないでしょうか?
とりあえず、大切なお客様を接待するならここにします。

とはいえ、プライベートでもくつろぐにも蕩ける様な時間を過ごせますよ。

ブルガリブランドをお料理でも、サービスでも体現している店舗ですね。

今まで、あんまりブランド品とか気にしない方でしたけど。
初めてブルガリというブランドが、好きになりました。
いまだに、思いだすだけでうっとりしてしまいますわ。
すごい体験記ですね。楽しく読ませて頂きました。

入る前の緊張感から、店内のスタイリッシュさ、スタッフの親切具合までよくわかりました。

そしてお料理があまりにも美味しそうで…!!
絶対行ってみたいです。

ブルガリにアフタヌーンティーがあることを知らなかったので
ブログを拝見してよかったです。
Re: タイトルなし
こんにちはー

ブルガリのスタッフ様は、凄く親切で、しかもかっこいいです!!

夏よりも、もしかしたら今の方が紅茶を更に美味しく飲めるかもしれませんね。

もし行かれる際は、ショコラ系(チョコ)のお菓子が注目ですよ!
ブルガリブランドが、思う存分「味」という形で楽しめます。

やはり銀座イタリアンって、凄いレベルなんですね。
味もインテリアもスタッフも、何もかもが洗練されていますわ。

コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ