DSCN7371a.jpg
ホテルオークラ本館でアフタヌーンティーをしてきました!

今度本館が、2015年8月をもって建て替え、閉館しちゃうと聞き
まして。
こりゃ、今のうちにオークラ本館でアフタヌーンティーを体験しなきゃ
あかんかな?
という訳で行ってまいりました……が!

結果的に圧倒的な、オークラアフタヌーンティーの実力を見せつけ
られる結果に……なんてオーソドックスながらマニアックな美味しさ
なんだろう。
DSCN7361ikuj.jpg
地下鉄の六本木一丁目駅から、徒歩で移動。
以前大変お世話になった、スウェーデン大使館が近くにありました。
ああ、オークラって近くにあったんだな……気が付かなかった。
DSCN7454a.jpg

スペイン大使館からも近かったんだ!
へー。

あれ? ベルギー大使館とかも近いのかな?
今度大使館に用がある時は、ご飯にオークラを利用すれば便
利かな。
し、知らなかった。
まさか今まで生きてきて、ここまでオークラが至近距離に存在する
事に全く気が付かなかった。
DSCN7452a.jpg
DSCN7451a.jpg
DSCN7370a.jpg
DSCN7371a.jpg
DSCN7372a.jpg

なんだか、凄い数の高級車とかタクシーが列をなしている。
よくこの台数をさばけるものだと感心。
DSCN7375a.jpg
DSCN7376a.jpg
DSCN7377a.jpg
ホテルの方に、アフタヌーンティーがあるかどうか
聞いてみると、紅茶のあるどこかの店舗とオーキッドルーム
を提案される。
オーキッドルームに行こうとすると、ホテルの方は「えっ!?」と
驚愕の表情。

あまりに外が暑いので、アイスティーを飲みに来たと思って
いたと思ったのでしょう。

でもこちらの目的は熱々の紅茶をいただく「アフタヌーンティー」
DSCN7450a.jpg
これがあの有名なロビーか。これが無くなるんですね……
と思う前に、みんな暑さでぐったりしている事に気づく。
ま、関東でも36度をマークしているし、仕方ないか。
まさか、こんな灼熱地獄の日にオークラに訪問する事にな
ろうとは。
DSCN7373a.jpg
DSCN7374a.jpg
DSCN6765a.jpg

もう何もかもが、土曜ワイド劇場みたいで圧倒された。
途中、落ちていたゴミを女性スタッフが見つけると音速の
速さで「スパっ!」と拾っていた姿が、かっこ良かった

しかし、どこまで続くんだ!? この長い廊下は?
これから本館が建て替えだといっても、巨大な別館自体は
残るんですね。

ここまで、広大な敷地を持っているホテルだとは知らなかった。
高層階の外資系とは全然違うんだ……
DSCN6766a.jpg
DSCN6767a.jpg
DSCN6771a.jpg
DSCN6773a.jpg
DSCN7445a.jpg
オーキッドルーム入口でアフタヌーンティー目的である事
を告げる。
「ご予約は?」
と聞かれたので、素直に無いと答える。
とりあえず、予約無しで来ちゃったけどOKらしい。
ありがたや。
DSCN7380a.jpg
席に座る。
ふと周囲を、見回すとなにか、こう寒気がしてくる。
なにか、今までの外資系のホテルとお客の人種が違う?
なんだ? この空間は?
やたら食事を、実に静かにいただいているのだ。
なんというか、昔ながらのお金持ちが静かに食事して
いる感じがするのだ。
DSCN7387a.jpg
ここで、プチトラブルが発生。
ホテルの方が、お皿を並べようとした瞬間盛大にウェイティング
フラワーに腕がぶつかって、テーブルに水や花をこぼしてしまう。

ぐわっしゃーーーん!
「うわああああ!!」
「申し訳ございません!」
自分のテーブル中に広がる、水と花。
ああ、なんと言う事でしょう。
あまりの事に思わず固まっていると、急いで別のテーブルに案内される。

(と、トラブル対応が、は、速い!)

スタッフ達が2人がかりで、トラブルを起こしたテーブルを修正開始。
何も言わず目視で合図しながら凄い速さでテーブルを元の形に修
正していく。
多分1分以内に、何事もなかった用にトラブルを正常な状態にして
しまった!

このスタッフ達は、喋らずに目と目でコンタクトをとれるのか!
凄い技だ!
もちろんこの間、丁寧なお詫びの言葉があった。

DSCN7381a.jpg

とまあ、そんなこんなで席を移動。
おかげで、紅茶ワゴンが近くにある席に移動できました。
基本的に、このワゴンはほとんど移動せずに、この場に固定して
あったかな。
(たまたまかもしれない)
とりあえず、紅茶をポットに入れる様子なども観察出来て面白か
った。
随分丁寧に紅茶を淹れているんですね。
DSCN7382a.jpg
しかし、このオーキッドルームのダイニングって天井がこんなに
高いんだ!
オークラランタンに蘭の花が整然と並んでいる。
どうしても画像だと地味に見えてしまうが、現場の高級感に
かなり圧倒されるのだ。

久々だわ。こんな緊張感。
ただ、なんとなくここの場所はただの高級ホテルとは格が違う
気がする。

本当に1960年代の建築物なのか?
ぱっと見て、椅子も何もかもきちんと整列しているのだ。

これは美しい……
DSCN7383a.jpg
夏仕様? ということで、ウェイティングフラワーに水と氷が
入っていました。
外は暑い中でちょっと嬉しい、涼しげな演出ですね。
DSCN7384a.jpg
DSCN7386a.jpg
DSCN7388a.jpg
シュガーポットといいラウンジチェアといい、なにもかもが
レトロ感満載。
しかもこのシュガーポットは、砂糖を入れやすいのですよ。

DSCN7389a.jpg
DSCN7390a.jpg
ワゴンには英国ティラ―ズの紅茶缶が並んでいました。
このワゴン上で、ホテルの方がティーケトルで、ティーポットに
お湯を注いでいたりしていました。
お湯も沸きたてなので、きちんとルールにのっとり紅茶を淹れて
おります。
ワゴンの見た目は豪華ですが、かなり実用的な使い方をして
ましたね。
レトロな英国感を楽しめます。
DSCN7391a.jpg
ところで入口近くの席で、ホテル関係者と業者らしき方が
名刺交換をしていました。
(客席からは、かなり見えにくい位置)
もしかして、建て替えの打ち合わせかな?
図面とか広げていたので、気にはなったのですが。
DSCN7392a.jpg
さて、さて、そうこう周囲を観察している内にテーブルはアフタ
ヌーンティー用のセッティングをてきぱきと、スタッフ様達が用
意していきます。
DSCN7394a.jpg
苺ジャム、クローテットクリーム、そしてなんとバターが登場!!
バターだ!
スコーンにバターが付いてくるのは、オークラが初かもしれない!
DSCN7395a.jpg

そして、これも初ですね!
ティーコージーの登場ですよ!
家で紅茶を淹れる際に、ポットを保温する為に使用するのは定番
ですが。
意外とホテルでティーコージーって、見かけなかったりします。
ところで、このティーコジーの花柄デザインは、ティーカップ
やティーポットと同様です。
蘭の花のデザインもいい。
きちんとデザイン上もリンクしていたります。
DSCN7396a.jpg
DSCN7398a.jpg
DSCN7400a.jpg

おお! ソーサーが2枚!
なんか気が付かない所で、凄い贅沢な茶器の使い方をしてきます。
DSCN7401a.jpg

紅茶はゴールデンヨークシャーを選択しました。他の種類の
茶葉は選択できませんが、おかわり自由。
かなり丁寧に、ティーポットごとお代りを用意してくれます。

ミルクに、とても合う紅茶だった。
DSCN7404a.jpg
DSCN7418a.jpg
そうこうしている内に、3段トレイが到着しました!
おお、オーソドックスな本格仕様のアフタヌーンティー用
3段トレイだな……
まあ、このフードを見て素直にそう思ったのですが……

実はこの時点で、この3段トレイがいかに凄いレベルに
あるのか、自分は分かっていなかったのです。
DSCN7419a.jpg

ふむふむ。サンドイッチに、スコーンに、スィーツと基本
を抑えているな……
しかし、これ程変化がないアフタヌーンティーも珍しい。
失礼ながら、こんな事を考えていました。
DSCN7420a.jpg
DSCN7421a.jpg

どちらかというと、レトロなノリタケ製茶器にうっとりしていまし
た。
いいなあ。
持って帰りたいなあ。
どこから撮影しても、絵になる空間だわ。
DSCN7423a.jpg
DSCN7424a.jpg
ここはオーキッドルーム(蘭の花)だから、蘭の花をデザインした
ティーポットや茶器かと思うと、大変凝った空間ですよね。
丁寧な事に、ティーマットまで用意してくれるなんてさ。
DSCN7405a.jpg
DSCN7406a.jpg
DSCN7408a.jpg
DSCN7409a.jpg
DSCN7415a.jpg
DSCN7416a.jpg
DSCN7422a.jpg
ハムなどのサンドイッチだった。
へー。
どんな味なんだろ?
一口食べて見る。

!!

ん!!!!????!?!!!?!?

DSCN7425a.jpg
お、美味しい!
パンも湿っているし、作り立てか!!??
うわ、なんかしらんけど、凄くハムが美味しい!!

見た目はこんなに地味なのに、なんだこりゃ!!???

凄い、凄い!!
本当に美味しいや!!

DSCN7426a.jpg
DSCN7427a.jpg
DSCN7428a.jpg
DSCN7429a.jpg
そういえばこのローストビーフ!? だったっけ?
こんな味、家じゃ作れないよ!
なんだこの地味なのに、技を駆使したサンドイッチは!!??
この時点で、あまりの技術の凄さに戦慄してしまう。
DSCN7413a.jpg
何がなんだか訳が分からない完璧すぎる完成度の、香り高い
ブランデーケーキ。
なんでこんなに狂ったように美味しいんだろう??
れ、レベルが違いすぎる……


本当は凄い卓越した技を持っているのに、わざと隠しているかの
様な技術……
ほぼこの時点で、このアフタヌーンティーは日本最高峰クラスの完成度だと確信。
DSCN7414a.jpg

DSCN7430a.jpg

このクローテッドクリーム美味い!
口の中で、上品に溶けていく!
なんだ? このスコーンの繊細だけどサクサクした美味さは!!
紅茶に合いすぎる!!!

DSCN7431a.jpg
じゃ、ジャムが変!!!???
なんという果肉感!!!
なんという化け物じみたスコーンなんだ!!
美味しい。もうこれ以上はご勘弁を……
まるで夢の様な味……


DSCN7432a.jpg
バターと果肉ぎっしりのスコーンで、夢の苺バター味を楽しん
でみる!!!
2014年度アフタヌーンティー最高峰の美味しさ!!!
あああ、なんて苺バターの味がやばいんだ……
DSCN7433a.jpg

カップは、ノリタケブランドでした。
ホテルオークラの文字も記載されています。
やっぱり、特注品か。

てか、下手すると数十年位同じデザインなのかな?

DSCN7434a.jpg
このあたりで、オークラの方が凄くいいタイミングで紅茶の
お代りを用意してくれる!
なんという、間合いの美味さだ。
DSCN7412a.jpg
DSCN7437a.jpg
DSCN7441a.jpg
さ、さて、スィーツだ!
この時点で、あまりの完成度の高さに内心動揺しまくり。
丁寧に貼りつけてあった、ショートケーキを口に運ぶ。

うわ! このスポンジ……細かくて、なんという大人の味
なんだろう。


美味しすぎてなんか恐ろしくなり、思わず、ショートケーキを食べる手が止まる。
あまりの美味さに、頭がボーっとしてしまった。

このショートケーキ、幼い頃食べた記憶がある。
近所の高級フランス洋菓子店の味に似ている……
でも完成度は、オークラの方がはるか高みにある。

もしかして、あの洋菓子店の店主はオークラで修業した
人だったのかな?
DSCN7442a.jpg
特にこのフルーツもスポンジに負けず劣らず、美味しかった。
結局ショートケーキですら極めれば、ここまでの高みに持って
いける訳だ。
DSCN7410a.jpg
DSCN7444a.jpg
タルトもフルーツ感がしっかりしていて美味しかった。
ホテルの方に聞いてみた所、サンドイッチやスコーンは
オーキッドルーム側が制作。
スィーツはオークラの製菓部門が制作しているらしい。

しかし、この記事を読んでいる方には
なんで自分が大騒ぎしているのか、訳が分からないだろうな。
もうこの味だけは、ネットでは全く伝わらないものがある。
DSCN7411a.jpg
これ、とことん丁寧に作っているんだろうな。
あ、でもマカロンはごく普通の味でなんだかホッとした。

(まとめ)
まるで肉を切らせて骨を断つみたいな、凄いアフタヌーンティーだった。
見た目よりも、味などの内容に重点を置いているアフタヌーンティーなんて、この世に存在するんですね。


量的ににはかなり抑えてあるので、昼食の後でも軽く食べられる
と思う。
ただし、しつこい様だが味は第一級品。

個人的に、オークラ東京の本館建て替えなんかよりも、このアフタヌーンティー
の味が、今度どうなっちゃうんだろう?
そっちの方が心配になった。

感動したから、何度でも言っておく。

オークラ オーキッドルームのアフタヌーンティーは美味しい。


古き良きアフタヌーンティーを味わいに来たつもりが、現役トップクラスの美味し
さと分かり、思わず嬉しくなってしまったじゃないですか。
オーキッドルーム/ホテルオークラ東京 【アフタヌーンティー】選べる10種のテイラーズ紅茶に3段ハイティースタンド(スコーン・マカロンなど)! 

スポンサードリンク

コメント
はじめまして
こんばんは。
アフタヌーンティーを検索していて偶然こちらに辿り着きました。
紅茶・スィーツ・食器が大好きで、都内のアフタヌーンティー巡りを始めたところでしたので、素敵なガイドブックを見つけたようです。
ホテルオークラは老舗ながら、意外と灯台下暗しで気に留めていませんでした。近々行って見たいと思っています。とても参考になりました。
また時々お邪魔させて下さいね。
Re: はじめまして
こんにちはー

最近都内のアフタヌーンティー巡りをされている方が、たまにいらっしゃるようで嬉しいかぎりです!


アフタヌーンティー慣れされている方なら、オークラアフタヌーンティーはかなりお勧めです!

オーキッドルームで味わえるこのアフタヌーンティーも、本館の建て替えとか始まったら
どうなっちゃうんでしょうね。
ある意味本当の「幻のアフタヌーンティー」になってしまう可能性も……
お久しぶりです
ホテルオークラ、
落ち着いた雰囲気に歴史と貫禄を感じますねぇ。。

見た目は確かにぶっちゃけ地味…
前回のペニンシュラの記事を拝見した後だったので
何だか保守的といいますか、余計にそう感じてしまいましたが…
しかし!
舐めちゃいけませんね(`ロ´;)!(笑)
興奮ぐあいが伝わってきました!

見た目が小洒落ていても、
肝心なお味の方が…ってこと
結構ありますもんね。

そしてノリタケの食器が美しい…(*´ー`*)
ソーサーって二枚重ねるだけで、
何であんなにリッチ感がアップするんでしょう(笑)
Re: お久しぶりです
こんにちはー

そうなんですよ、見た目は徹底的に地味なんですよ!
案外そこで損しているのかもしれませんね。

美味しんぼとかで、至高のメニュー側がアフタヌーンティーを用意してきたら
こんな感じになるんじゃないでしょうか?
実力があるから、わざと標準的なアフタヌーンティーを仕込んでいるんで
しょうね。

なんというか、長い年月をかけて完成度を高めた洋酒みたいなアフタヌーンティー
だと思います。
多分常連の方々は、こっそりオークラの味を楽しんでいるんでしょうね。
心の底から、羨ましい。

ちなみにこのソーサーダブルが美しい、オークラ仕様ノリタケ製カップにつ
いてなんですけど。
もし飲みほした後底に砂糖とかがたまってしまったら、即カップをスタッフ
様が交換してくれますよ。

スタッフ様の美意識というか、サービスの鋭さもなかなか恐ろしい物が
あります。

いずれにしてもオークラ本館建て替えとかの影響で、本当に幻になってしまうアフタ
ヌーンティーかもしれません。実に惜しいです。





初めまして!
一年程前、前職でお客様にご紹介するアフタヌーンティーの場所を探していて、こちらのBlogを見つけました。
初めて拝見した時から、紅茶公爵 様の知識の多さと細部にまで至る観察眼、それを表現する素晴らしい描写力に感動して、それまで全然興味もなく未体験だったアフターヌーンティーに行くようになりました!(笑)

今回ここにコメントを書かせて頂いたのは、紅茶公爵 様に一言お礼が言いたかったので…
実は私の母(71歳)は20年間以上、このオークラ内のレストランでキャプテン等として働いておりました。8年程前にオークラは定年で辞めましたが、数年前からは縁あって坂下門内でお仕事させて頂いております。
その母にこのオーキッドルームでのアフターヌーンティーについての内容を読んで聞かせたところ、これは絶対行っておかなければ!ということになり、6月末の日曜日に何とか予約を入れました。3月に心臓の手術を受けたこともあり、日程が決まるまでズルズル何ヶ月も掛かってしまいましたが、何とか間に合いそうです♪
母は今でもオークラには良く行ってますが、自分が働いてたレストランでの利用が多いので、紅茶公爵 様から2014年最高峰と賞賛された「オーキッドルームのアフターヌーンティー』のことなど全く知らないまま、一生行くことなく終わっていたと思います!(笑)
改装の為の取り壊しは本館だけで母の古巣のある別館は残るとはいえ、変わってしまう思い出の場所とのお別れに最高レベルのアフターヌーンティーを楽しむ…そういう機会を母にプレゼントするきっかけをこのBlogから頂いたこと感謝してます。ありがとうございました!

これからも素敵なアフターヌーンティーレポートを楽しみにしております!


Re: 初めまして!
こんにちはー。はじめまして!!

!!! 
なんと!!!
お母様は、20年もオークラにお勤めになられた方ですか!
もしかして、あの伝説のフランス料理の鬼、総料理長小野正吉先生と一緒に仕事とかされていた方なのでしょうか?
いずれにしても、とてつもない母上ですね! それは凄いです!
(先日小野正吉先生の伝記を読んで、大変感動しました。特にオークラの立ち上げ時の話は、面白すぎました)

オーキッドルームといえば、有名なのはフレンチトーストだそうですが。
個人的にオーキッドルームといえば、絶品スコーンだと確信しております。

特にインテリアもアフタヌーンティーの内容も素晴らしいですが、そのアフタヌーンティーを上品に楽しむお客様の姿も圧倒的でした。

この空間があともう少しで無くなるのですか・・・・・・惜しいですね。

日本ホテルアフタヌーンティー史に残る、最高傑作アフタヌーンティーが消滅だなんて。
惜しい・・・・・・なんでいい物って、どんどん消えていくのか・・・・・・。

ここのアフタヌーンティーが素晴らしい事は知っている方は、知っていて、こっそりこのアフタヌーンティーを長年楽しんでいたんでしょうね。
(どちらかというとお茶好きの、玄人好みが集う空間だと思います)

それにしても、これからオーキッドのアフタヌーンティーを楽しまれるなんて、心の底から羨ましい。
いいですね・・・・・・私も、あと1回は何とか行きたい・・・・・・。
それでは、楽しんできてください!
料理長の小野さん
働くフィールドこそ違えど、小野さんととても親しくなさってた某所の料理長と母が仲良くしていたこともあり、どこかで会えば気さくに話しかけて下さったりしたそうですよ(*^^*)
ありがとうございます、楽しんでまいります!
Re: 料理長の小野さん
し、親しくですか・・・・・・その料理長様は、さぞや凄いポジションにいらした方なんですね。

うーん。
一度オークラで、個人的にしっかりとしたコースなどの食事をした方がいい気がしてきました。


アフタヌーンティーがあれだけ美味しいのだから、他の料理もさぞや凄い事になっているんでしょうね。





お料理について…
私は食べたことないですが、フランス料理の『ベル・エポック』のフルコースを食べたことのあるの母に聞いたところ、やはりオークラの誇るフレンチだけあって、確かに素晴らしいお料理だそうです。こちらもやはり7月には無くなってしまうので、機会があるのなら是非ご賞味くださいね、と紅茶公爵様に伝えて欲しいと母が申しております!笑
私は別館『カメリア』のシーフードスパゲティが大好きで、ケーキならメレンゲレモンパイとチョコレートパイがお薦めです!
本当は特注で持ち帰り用の、周りが濃厚なチョコレートで中身は酸味のあるパッションフルーツのクリームが入ったホールケーキが一番のお薦めなのですが、ケーキの名前が分からないんです…もう一度オーダーして最後にシッカリ味を覚えておきたいと思います!!!
Re: お料理について…

え? ラ・ベル・エポックも無くなるんですか??
ええーーーーー!!???
まだ、このクラスの日本を代表するフレンチレストランは、私には
まだ早いかな? と思い、あと10年位したら訪問しようと
考えていたんですが。
むむむ・・・・・・それは困った。
オークラ最高峰の味を知らないと言うのは、個人的に実に困った状況です。


あの「カメリア」もそうなんですけど、なにもかもグレードの高い、オーク
ラ様の味を知ると多分はまってしまって、抜け出せなくなると思うのですよね。
とはいえ、あのラ・ベル・エポックが無くなる・・・・・・。

ケーキの解説、どうもありがとうございました!
読んでいるだけで、ワクワクしますね!
もうそろそろ、オークラの味を本格的に調べてみてもいい時期かもしれません。
始めまして^^
この度、ホテルオークラの本館の改装を知り、先日アフタヌーンティーに行きました。
その際に情報収集の為、ネットで検索をしておりましたら、こちらの紅茶公爵様のブログを発見いたしました!

どのブログも大変詳しくご説明されており、また、お写真も綺麗に写されているのに感動いたしました。

ホテルオークラの本館が改装されてしまうのは大変残念ですね。
アフタヌーンティーは紅茶公爵様のブログに書かれていたように「地味」でしたが、スコーンといちごのショートケーキはとても美味しかったです!

ホテルオークラのアフタヌーンティーをきっかけに様々なアフタヌーンティーに行きたいと思うようになりました。

まことに勝手ながら、紅茶公爵様のブログを参考にさせていただきながら、アフタヌーンティー巡りをしたいと思います。

これからも、紅茶公爵様の素敵なブログを楽しみにしております^^
Re: 始めまして^^
まみをさんはじましてー。

そうそう実に残念! 新ビルが出来ても、アフタヌーンティーは
そのままの形で残して欲しい所なんですが。
(でも後日出るであろう、新オークラ アフタヌーンティーにも
かなり期待しているんですが)


にしてもいいなあ、オーキッドルームへ行かれたんですか!?
ここのスコーンは日本国内最高クラスの味なんですけど
どうしても、やはり有名なフレンチトーストの影に隠れて
しまうのかもしれませんね。

アフタヌーンティー巡りに関してですが、フォーシーズンズホテ
ル丸の内 東京のアフタヌーンティーがちょっと面白い事になっ
ていましたよ。

後日レポートしようと思います。
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ