DSCN7714adf.jpg
シャングリ・ラ ホテル 東京 イタリアンレストランPIACERE「ピャチェーレ」
でアフタヌーンティーしてきました!!
心の故郷シャングリ・ラで久々のアフタヌーンティー。
シャングリラ内にあるイタリアンレストランピャチェーレの
アフタヌーンティーって、土日限定なんですよ。
やった! ついに、行きました! 

噂以上に美味しかった……美味しい。
それ以上に……
それ以上に、フォーマルなブランド化に成功したアフタヌーンティ
ーだと思う。
ここのお客は、この上質な雰囲気を求めてピャチェーレに訪問し
ているのだなと理解しました。
つまり……あちらこちらの席で、女子会が優雅に開催されてい
た訳ですよ。
もちろんアフタヌーンティーに創り手の、熱意が籠っていましたよ!
贅沢すぎる。
雰囲気も何かこう、「ピャチェーレ」店内からオ―ラ―が出ていません? 

ですので、どうしても土日に時間が作れない私にとっては
伝説のアフタヌーンティーになっていた訳ですが。
なんとか土日に時間を作って、訪問した次第です。
DSCN7688adf.jpg
今回3時15分頃にぎりぎり、シャングリ・ラ内に駆け込みました。

手荷物を預かってくれた、東京駅佐川急便手荷物預かり所のお姉様
達、サンクス!

なんでこんなに焦っているかというと、ピャチェーレのアフタヌーンティーは
2:30~4:30までだからです。

(実際は4:20あたりラストオーダーだった)
DSCN7689adf.jpg
おおおお! なぜか、1Fシャングリ・ラ入口のスタッフが3人もいる!
さすが土曜日! 華やか!!
お綺麗な3人のスタッフ様達に笑顔で迎えられる。

平日ではありえない光景ですよ。
DSCN7690adf.jpg
DSCN7691adf.jpg
とりあえず、イタリアンレストラン目的と告げると28Fに案内される。
エレベーター内まで実に丁寧に案内していただけました。
ありがたいね。
DSCN7780adf.jpg

28Fロビー到着。
なんか、凄い人であふれている! さ、さすが、土日。
ロビーの方から、ピャチェーレまで案内してもらう。割と28F奥
にレストランがあるのですね。
DSCN7694adf.jpg
ピャチェーレ入口で、思わず圧倒される。
なんと責任者を含む、3人がかりの笑顔で出迎え!!
こ、ここまで圧倒的な笑顔で、出迎えられた事ないぞ……
DSCN7695adf.jpg
DSCN7696adf.jpg
店内は、かなりの席が埋まっている。上品な活気というか高貴な
雰囲気。

こ、これは、お客様が凄くいい空気を創っている感じがした。
電話予約してきて、良かった。多分飛び込みなら、入店できなかった
かもしれない。
DSCN7697adf.jpg
まるで絵本の様なメニュー表を渡される。
なんか、このメニュー表の模様がカッコいい。
PIACEREのロゴの部分がメタリックですよ!
DSCN7698adf.jpg
アフタヌーンティーの価格は4300円。
ここで、スパークリングワインかソフトドリンクのセットを選択すると
4600円になる。
(注文時、スタッフ様が丁寧に説明してくれる)
DSCN7700adf.jpg
もちろんアフタヌーンティーなので、コーヒー紅茶はお代り自由。
単品で1300円程度もするものを、自由にお代り出来るなんて嬉しい。
DSCN7705adf.jpg
DSCN7706adf.jpg
ピャチェーレ店内は、かなり埋まっていて女子会みたいなのが
あちらこちらで行われていた。
シックな品のある装いの方が多かった様に思われます。
(モノトーン&シックなドレスなら、多分服装はOK)
派手なカラーの服装の方はいなかったですね。
DSCN7707adf.jpg
カトラリーはイタリアブランド「サンボネ」のピェチャーレ特注品。
そうか、ここはイタリアンレストランでしたものね。
カトラリーはイタリアブランドって訳ですか。
DSCN7710adf.jpg
プレートは日本石川県が誇る、ニッコー製でした。
DSCN7711adf.jpg
ピャチェーレのロゴの入った砂糖が一個一個梱包されて
いました。
DSCN7713adf.jpg
このあたりで、スタッフ様達がレジ操作したり、次の料理や
席の確認したりする為のスペースです。
見ていて、なかなか迫力があった。
少なくとも、大変活気があるレストランである事は確か。

DSCN7714adf.jpg
ここだけの話、ホテルの多少の豪華な内装には慣れていたつもり
だったけど。
ピャチェーレは別次元というか、べ、別格だわ。
さすが、シャングリ・ラ。
今思い出しても、身震いする。
DSCN7718adf.jpg
多少日が差し込んできてまぶしいなあと思っていたら、フルオートの
サンシェードが自動で動き出す!

おお、パークハイアットで見たシステムがここでも!
DSCN7719adf.jpg
DSCN7720adf.jpg
セイロンジンジャーが到着。
なんとポットごとに紅茶のお代りが出来る!
イタリアンレストランで、ここまでやってくれるなんて嬉しい。
DSCN7721adf.jpg
DSCN7722adf.jpg
DSCN7725adf.jpg
「オレンジシャーベットとカンパリ」
カンパリのムース?とオレンジシャーベットの付きだしが
出てくる。
おおおお! こ、ここは当たりだな!
これは……オレンジの苦みが美味しいというか、未体験の味!
という事は、後に出てくるアフタヌーンティーは相当美味しいのかな?
と想像。
大抵一発目が美味しい場合は、当たりが多いんですよね。
DSCN7731adf.jpg
DSCN7728adf.jpg

そうこうしている内に、ジャムと2段トレイが到着!
そうかあ、ここは2段だったんだ。

フレンチレストランとかイタリアンレストランの場合2段トレイが
多いけど。
お皿を中心にして、見事に配列が整えられているのが美しい。
(ジャムのお皿も、お皿に合わせる様にカーブを描いている)

これで全部ではなくて、この後に追加のお料理が到着します。

ここだけの話、なんかスコーンが凄く輝いて見えたので
こっそり触ってみたら、凄い熱々!!
DSCN7737adf.jpg
ドライフルーツ ピスタチオ レモンのスコーン
ここはもう、熱々のスコーンを一番最初に食べる事に決定!
サンドイッチ系からいくと冷めてしまいますし。
DSCN7733adf.jpg
蜂蜜 マスカルポーネ レモンクリーム キュウイジャム
マスカルポーネ? ってあのティラミス用に使うクリームチーズ
じゃないですか?
ティラミス!? 面白い!
さすがイタリアン。

しかもキウイジャム?? なにもかもが初めて。
DSCN7732adf.jpg
DSCN7740adf.jpg

マスカルポーネで熱々スコーンを食べてみる。
おおお、まるでティラミススコーン!!
これは美味しい!
こんな食べ方あったんだ!
DSCN7741adf.jpg
レモンクリームが大変紅茶に合う!
というか、スコーンが熱々かつ柔らかくて食べやすい。
しっとりソフトなスコーンですね。
ただ、冷めるとまた食感が変化するかもしれない。
DSCN7742adf.jpg
キウイジャムの種のツブツブ感が実に楽しい!
キウイジャムってこんなに美味しいのか!
これはさすが!
完全にキウイジャムに、はまってしまった。
DSCN7729adf.jpg

マスカルポーネもキウイも、紅茶に合う様に計算された味と甘
みでした。
これはお見事!
この製菓技術は、ちょっと凄いかも。
DSCN7752adf.jpg
ところでカップは国内洋食器メーカーの「ナルミ」でした。
ロビーの方が、ノリタケ。
ピャチェーレはナルミだったんだ。
いずれにしても、日本国内の食器メーカーを積極的に採用して
いるんですね。
DSCN7730adf.jpg
水牛モッツアレラ トマトとレタス   無花果 ポートワインとサラミ 
パンチェッタ ボルチーニにパルメザン  リコッタ 蚕豆とペコリーノ
    
実はこの時点で「普通のカフェで出る様なイタリアンなサンドイッチなんだな……」
と思っていたのですが。
食べてみると、とんでもない事に……
DSCN7758adf.jpg
DSCN7759adf.jpg
なぜか、矢が刺さった「水牛モッツアレラ トマトとレタス」
美味しい……というか、なんで美味しいのですか?
ハムとか肉系が挟まっていないのに、まるでハムが挟まって
いるかの様な……
DSCN7760adf.jpg
この味の秘密はモッツアレラ??
もしかして、上質なモッツアレチーズの味だけで、ここまでの味を引き出した
の??
DSCN7753adf.jpg
パンチェッタ ボルチーニにパルメザン
美味しすぎて撮影忘れた……
これ、ピェチャーレって、とんでもなくチーズを使いこなす事に秀でていません??
先程のスコーンといい、チーズの味が万華鏡状態。
チーズってこんなに美味しかったんだ……
(なんか書いていて、身もだえしたくなる位美味しかった)

DSCN7761adf.jpg
「リコッタ 蚕豆とペコリーノ」
あわわわわわわっ!
蚕豆がフレッシュでジューシー!
しかもリコッタチーズがふわふわして、リアルにおいし……
ち、チーズアフタヌーンティー!!!!
これ、チーズを主役にしたイタリアンチーズアフタヌーンティーじゃないか!

こ、こんなアプローチの仕方があったんだ。
DSCN7762adf.jpg
「無花果 ポートワインとサラミ」

ワインとサラミとフルートのトリプルハイブリッドコラボ……
うわ! 凄い味! パンが欲しくなる!! これはたまらん!
DSCN7763adf.jpg
こんな口の中で蕩け始めるサラミがあったんですね。
材料にとんでもなくコストをかけているのかな。
素材の味が圧倒的。
DSCN7764adf.jpg
ここのアフタヌーンティ―は季節限定。
もしかしたらこのサラミを、二度と食べられないかもしれない!
という恐怖感に駆られ、思わず撮影。
(それくらい美味しかった)
DSCN7736adf.jpg
DSCN7743adf.jpg
そうこうしている内に、第二段のプレートが届く!!
そうか、ここのアフタヌーンティーはコース仕立てになっているのか。
マスカットジェリー ブランマンジェ ライスケーキ
DSCN7744adf.jpg
DSCN7745adf.jpg
うわあ、ブランマンジェもライスケーキも、見事にスコーンや
サンドイッチ系と同じく味が連動している!

こういう濃厚な味のブランマンジェってあるんだ。
DSCN7747adf.jpg
DSCN7766adf.jpg
DSCN7767adf.jpg
DSCN7768adf.jpg
マスカットとフルーツの味が……
てか、どこをとっても素材のグレードが良好。
DSCN7750adf.jpg
このライスケーキ、お米のツブツブ感が面白かったです。
DSCN7754adf.jpg
更に第3の皿が到着!? 
え、まだ出るの!!??
凄いサービス!! やったね!!
パートドフリュイやガナッシュが出てくる!
漆黒の器が、何となく「和」ですよ。
DSCN7755adf.jpg
DSCN7756adf.jpg
もう何もかもがかっこいい! 
DSCN7757adf.jpg

ここで、どんな方がこのイタリアンアフタヌーンティーを調理して
いるのかスタッフ様に聞いてみる。
なんとサンドイッチなどは、シェフのシェフ パオロ・ペロシ氏自ら担当。
デザート系もエグゼクティブ・ペストリーシェフ 岡村直也氏が担当。
つまり2人がかりでシェフが調理してくれた、本格イタリアンアフタヌー
ンティー。

しかも、スタッフ様も紅茶のお代りを担当した上に、お皿を3回
も出しに行くわけです。

なるほど、凄い手間がかかっていると言う事が見ただけでも
分かる。
土日にしか、このアフタヌーンティーを提供出来ない訳だ。
平日にこんな手間のかかるアフタヌーンティーコースを毎日提
供する事は、無理があると思う。
DSCN7765adf.jpg
ここでピュアカモミールをいただく。
ハーブティーですと、ポットの形もハーブティー専用になる。

DSCN7769adf.jpg
4時20分あたりにラストオーダーになる。
せっかくイタリアンレストランに来たのだから……という事で
カプチーノを注文。

ちなみにピャチェーレのアフタヌーンティーの量は、適量そのもの。
多くもないし、少なくもない。

それよりも、素材がかなり良質かつ、イタリアンの調理技術が高度。
味に対する満足度が高い。
DSCN7770adf.jpg

実は私、あんまりコーヒー系は好きでないので、どうかと思ったけど。
(紅茶命なもので。ちなみにここのスタッフ様は、凄くコーヒーに詳しい
みたいだ)
とりあえず、到着したカプチーノを飲んでみた。

!!!!!!!!

な、何!???
あれ? あれ?
カプチーノが美味しい!??
香ばしくて、しかも軽く、スーッと口の中に入っていく!
DSCN7771adf.jpg
ごめん、降参。
こんなにコーヒーが美味しいと思ったのは、初めてだ。
どういうマシンを使っているのか知らないけど、やられた!!
くっ、悔しいが見事だ。
とりあえずコーヒー好きの方、もしピャチェーレでコーヒー系を
飲んだら感想を教えて欲しい。
まるで、コーヒーの事は分からないけど、この味はあり得ない位
美味しいと思う。

多分豆からして、良質なのを使用しているんだろうな。
DSCN7772adf.jpg
ところで毎週水曜日ディナータイムに、アリアナイトとかいうオペラ
イベントをしているそうですよ。
ミュージックチャージもかからないそうな。
(というか、某作品じゃないけど、オペラを聞かせるイタリアンレストラ
ンって実在したのか)
DSCN7712adf.jpg
参考までに、今回かかった料金。
アフタヌーンティー代    4300円
13%サービス料       559円
消費税             388円
トータル           5247円

私は一人で行ったので今回一休.comレストラン利用できなかったけど
2人以上ならで一休.comレストランで予約すれば、割引が使えるので
トータル4700円で済みます。

よろしければ、ピャチェーレでアフタヌーンティーを楽しむ際、
予算の参考にしてください。
DSCN7778adf.jpg
DSCN7779adf.jpg
やはり2人~大人数で、女子会などに使う場合に適していると思う。
28階ロビー前ソファースペースで、女子会目的の方々がいらっしゃいました。
あと、接客が大変丁寧ですので、初めてアフタヌーンティーに挑まれる方にも
向いていると思います。

にしても、土日にシャングリ・ラを利用出来る方が心の底から羨ましい。


(まとめ)
あと、良質なチーズを沢山食べたせいか凄く元気になった。(これ本当)
正直チーズを使って、ここまで深みのあるアフタヌーンティーを提供して
来た事は賞讃に価するじゃないかと。

ハムとか肉、サーモンをあまり使わずに、ジューシー感のあるアフタヌ
ーンティーって出来るんですね。
やはりピャチェーレは良質な素材を使用しているからこそ、ここまでの
味を引き出せたんだと思う。
しかし、シャングリ・ラはこんないいアフタヌーンティーを、ロビーも含めて
2つも持っているんだ。
毎回想像以上の事をアフタヌーンティーでやってくれるから、なんだか
嬉しくなる!
ピャチェーレ/シャングリ・ラ ホテル 東京 【週末×一休限定】通常5322円→4900円!地上28階で寛ぎの空間で楽しむイタリアンアフタヌーンティー

スポンサードリンク

コメント
はじめまして。
私もアフタヌーンティーが大好きで、
いつも記事の更新を楽しみにしています^^
奇跡的に時間が作れてよかったですね!
私も土日は仕事なので、
こちらには行けそうにもありません・・・
こんなに美味しそうなのに残念です。

紅茶公爵さんにお願いがあります!
次に狙ってるアフタヌーンティーを教えて欲しいです!笑
私も月1でアフタヌーンティーに行っているのですが、
マンネリになりつつあるので参考にさせて欲しいです。
よろしくお願いします。

*お仕事はデザイナーさんとか建築家さんですか?
内装や食器にお詳しいのでとても気になりました^^

Re: タイトルなし
こんにちはー

そうですか。それは残念!
でも、もし行く機会があったら、マスカルポーネスコーンは要チェックだと思います!
あと、かなりいい材料を用意してくると思うので、そちらもぜひチェックを!

限定的に平日の水曜とかだけでも、アフタヌーンティーを開催してくれればいいんですけどね。


次ですか?
えっと、実は横浜系アフタヌーンティーにそろそろ挑んでみる予定です。
何気に色々あるみたいですよ。
そろそろ都内以外の、アフタヌーンティーを探しても面白そうな気がしましてね。


あとは、ブッフェですね。
先日の東京ベイコート俱楽部のデザートブッフェの記事が、どうも好評みたいだったので。
色々やってみる予定です。



建築も、デザイナーも全く関係ない仕事ですよ。
でも、大学に芸術学部とかあったので、そっち系の影響のせいかもしれません。


こんにちは!
はじめまして。
とても楽しく読ませていただいています。
先日、マンダリンオリエンタルのアフタヌーンティーに
行ってきました。
クリストフルとのコラボレーション企画でとても
豪華なアフタヌーンティーでした。
9月21日までの限定企画ですが、きっと予定に入っていますよね♬
素敵なオマケまでついています。

また、うかがいますね!
Re: こんにちは!
こんにちは! 
貴重なレポート、ありがとうございます!!
いやあ、助かるな!

そういう感想を書いていただけると、助かります!

いいなあ、おまけが付くんですか……うらやましい。

残念ながらマンダリンオリエンタルとはタイミングが、お見事に合いません。

……現在横浜に遠征したり、リッツで鯛のグリルを食べたりと、まるで違う事をしております。
では、また!
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ