DSCN8132dh.jpg
横浜の名クラシックホテル「ホテルニューグランド」でアフタヌーン
ティーを楽しんできました!
ここのアフタヌーンティーは面白い!
まさか、ポテトチップスが出てくるとは!
レトロな空間に合った老舗アフタヌーンティーは、なぜかエン
ターティーメントでした!

ここのアフタヌーンティーは面白い!
まさか、ポテトチップスが出てくるとは!
レトロな空間に合った老舗アフタヌーンティーは、なぜかエン
ターティーメントでした!

老舗ホテルのポテトチップスと、丁寧に淹れられた紅茶の味に
感動。
ここ……なんか想像以上に凄いわ。

アフタヌーンティーを楽しみつつも、歴史的建造物の見学には
まってしまいました。
DSCN8036dh.jpg
ここがホテルニューグランド本館。
この施設内1Fに、ラ・テラスがあります。
本館の一部が工事中みたいでした。


DSCN8038dh.jpg
ここがコーヒーハウス「ザ・カフェ」どうもここで日本初の
ナポリタンが生まれたらしい。
ふと、食べたくなるが我慢する。
DSCN8035dh.jpg
DSCN8034dh.jpg
風格がレトロだけど、何かこう刺激的。
AD1927年って……ホテルオークラ本館より古いんだ……
DSCN8032dh.jpg
海が見える山下公園。
近くに、アイスクリームの屋台があった。
ジョギングされている方とか、地元の方が愛犬を散歩させていた。
横浜テイストが強烈。
DSCN8039dh.jpg
DSCN8040dh.jpg
本館に面した通り。
ここから、本館に入場出来ます。
やはり、タクシーを利用するお客様が多い。
本館入口にホテルマンはいなかったが、新館入口に2人程度待
機していた。
メインの入り口は新館みたいだ。
DSCN8041dh.jpg
DSCN8046dh.jpg
DSCN8047dh.jpg
ちなみにこちらが新館。
割と、宿泊客が頻繁に出入りしていた。
さすがに新館の施設は最新。
DSCN8048dh.jpg
DSCN8049dh.jpg
DSCN8050dh.jpg
横浜開港155周年なんだ。
凄い! 外壁まで、彫刻が施されている。
米軍が宿泊施設として使いたかったのも、分かる様な気が。
DSCN8051dh.jpg
DSCN8052dh.jpg
DSCN8062dh.jpg
とりあえず意を決してホテルニューグランドに入ってみる。
なんか建物内が静か。
上品な静寂に満ちている。

DSCN8053dh.jpg

階段を見上げて思わず、息を飲む。
なんなんだ? ここは!?
これがクラシックホテルという奴ですか。
映画とかTVの撮影によく使われるというのも、納得。
DSCN8059dh.jpg
DSCN8060dh.jpg
DSCN8063dh.jpg
リアル華麗なる一族ではないですか?
これは一日中見ていても飽きない。
でも、そろそろアフタヌーンティーに行かなきゃならないので、
泣く泣くこの場所から離れる事に。
DSCN8054dh.jpg
DSCN8056dh.jpg
本館を移動しつつ、ラ・テラスへ。
なんか、本館の雰囲気に圧倒され、緊張してしまう。
DSCN8064dh.jpg
今回は予約無しで。
既に、窓際の席は埋まっていた……。
しまった。予約してくれば良かった。入口にアフタヌーンティーの看板が。
やはりこの時間は「アフタヌーンティー」がメインの様です。
受付に来たベテランみたいな人に「アフタヌーンティー」
目的であると告げると、快くOK。
DSCN8065dh.jpg
DSCN8067dh.jpg
これは、素晴らしいパワースポットですね!
窓席は満席。周囲は横浜のご婦人たちの、お茶会が開催
されていました。
年配の落ち着いた、サービスの方が紅茶の種類について
説明してくれました。
どうやら、一種類だけ紅茶の茶葉を選択し、お代り自由だそうです。

今回はダージリンを選択。
DSCN8069dh.jpg
DSCN8071dh.jpg

庭が出来る席と、大人数でお茶会をする為の席。そして、奥行き
のあるプライベート感のある空間があります。
思ったよりも、アフタヌーンティーなどお茶を楽しんでいる方が多数。

天井は低いですが、開放感のある空間でした。
先日の銀座マキシムに少し似ている様な気がしました。
もっとも、こちらの方が更に歴史があるんだから凄いですよね。

これだけ上質空間が横浜にあったんだ。
凄くいい雰囲気。
DSCN8072dh.jpg
DSCN8073dh.jpg
DSCN8074dh.jpg
木のフレームに、クッション性のあるソファ。
暖炉などを実際に使用していた時代のラウンジチェアが、デザイン
の元になっているのかな。
DSCN8075dh.jpg
DSCN8076dh.jpg
DSCN8077dh.jpg
DSCN8078dh.jpg
DSCN8079dh.jpg
DSCN8080dh.jpg

これ、普通に博物館とか歴史的価値のある場所で展示されるかの
ような空間じゃないですか??
何もかもが贅沢すぎる。
都内ですら、これだけの歴史のある空間で、アフタヌーンティー
を提供している場所なんてほとんどないのでは。
DSCN8083dh.jpg
DSCN8084dh.jpg
紅茶は、なんとポットで一杯一杯丁寧に淹れてもらえる。しかも
、ポットはテーブルの上に置かれることはない。
つまり、お代りは必ずホテルの方が淹れてくれるのだ。
このあたりのサービスは、かなり徹底している。
DSCN8085dh.jpg
カップはノリタケ。
しかもなんと、メイドインスリランカ!
メイドインスリランカのノリタケモデルって、パレスホテル以来だわ。
さすが、老舗。
DSCN8087dh.jpg
DSCN8086dh.jpg
紅茶は注文を受けてから、淹れてくれるので常に淹れたて
でした。
特にカップに紅茶を注いでいる時の、スタッフの集中力に
感服。
紅茶を美味しく淹れようとする執念を感じた。
だから紅茶がとても美味しい。
なかなかいい色ですよね?

本当にプロが淹れてくれた紅茶ですわ。
贅沢!
DSCN8088dh.jpg
DSCN8089dh.jpg
ティースプーンもノリタケ。
なんかこのあたりは徹底しています。
建物に負けないくらい、クラシックな3段トレイ仕立ての
アフタヌーンティーです!
DSCN8090dh.jpg
紅茶を楽しんでいる所へ、3段トレイ到着。

最初は、この空間にフィットしたレトロなアフタヌーンティーだから
懐かしい味がするんだろうな……と思っていたら、結構斬新なフ
ードがありました。
そう、ポテトチップスですよ! 
遂に出た!

さすがニューグランド。
このポテトチップスを食べる為に、自分はここに来たんだな……
と悟りました。

3段トレイが提供されてから、しばらくポテトチップスを凝視。
とにかく、アフタヌーンティーにおけるポテトチップスの偉大さにつ
いては後で感想を書きます。
とにかくポテトチップスをこのアフタヌーンティーに導入した時点で
ニューグランドのレベルの高さが伺えますね。
DSCN8118dh.jpg
上段が、フルーツの盛り合わせです。
DSCN8097dh.jpg
中断がスコーンやスィーツ。
DSCN8093dh.jpg
下段がサンドイッチ
DSCN8095dh.jpg
DSCN8096dh.jpg
なんと驚いた事に、ポテトチップスが!
これには、最大の衝撃を受けました!
実は最も紅茶に合う、お菓子はポテトチップスと黒糖なのです。
(某高級イタリア料理店もこっそり、このやり方を採用している)
つまりですよ?
このアフタヌーンティーはクラシックですが、かなり紅茶が分かって
いる方がメニューを組んだはず。
DSCN8100dh.jpg
DSCN8101dh.jpg
とりあえず、スコーンが美味しそうだったのでいただく事に。
あ、なかなか上手く出来ている!
さっくりホクホクタイプですね。
なるほど、老舗の味はこうなのか。
DSCN8102dh.jpg
DSCN8104dh.jpg
クローテッドクリームは滑らかさを重視しています。
うん、この口どけ具合がかなり独特だわ。
品質はかなりいいはず。
DSCN8106dh.jpg
さて、ポテトチップスをいただく!!
塩味がシンプルで、いい!
そしてこれがまたダージリンに合うのですよ!!

これは大正解!! お見事!!!!
DSCN8107dh.jpg
DSCN8108dh.jpg
きゅうりとトマトのサンドイッチが新鮮。
さてそれはそうと、このローストビーフ(ハム寄り?)の味なんですけど。
かなりジューシーで食べ応えがあった!
(ここだけの話、白いご飯で食べたらさぞや美味しいだろうな、と妄想)

贅沢かつ豪華絢爛なローストビーフサンドですね。
あ、この横浜アフタヌーンティーって面白い
DSCN8110dh.jpg
DSCN8111dh.jpg
このチョコケーキ(ガト―ショコラ)の味が、かなり濃厚で紅茶に
大変フィットします。
以前食べた、パレスのガト―マルジョレーヌを濃厚なチョコ味に仕上げた
味。
うん、これはどっちも甲乙つけがたいな。
DSCN8112dh.jpg
DSCN8114dh.jpg
プチタルトはフルーツ感を強調した味。
ここって、野菜とかフルーツ使うのが上手なんですね。
戦前のアフタヌーンティーって、こんな感じだったのかな。
DSCN8115dh.jpg
DSCN8117dh.jpg
プチシューも大変丁寧に作ってありました。
お茶を飲みながら、一口つまめる様な感覚でシュークリーム
を食べられる。
DSCN8099dh.jpg
DSCN8121dh.jpg
なるほど。フルーツってこうやって盛りつけると、綺麗
に見えるのですね。
なぜか盛り付けの美しさに、少し見惚れてしまいました。
とりあえず、最後にフルーツをいただきました。
でも、ローストビーフをつまみながら食べても美味しそう
です。
あと、栄養バランスが上手く考えられていません?
肉もお野菜もパンもきちんと用意されていますし。
(もちろんクラシカルな、英国のアフタヌーンティーを
イメージしているとは思いますが。英国の上流階級の
食事ってこんなんだったのかな)
DSCN8122dh.jpg
DSCN8123dh.jpg
紅茶を飲んでボーっと満足していると、お茶のお代りを持ってきて
くれた若いスタッフ様が、いきなり笑顔で凄い紅茶パフォーマンスを見せ
てくれた!

「相棒」の杉下右京ばりにお代りのカップを持つと、高い所から見事に紅
茶を注いでくれる!!

な、な、な、何!!???
しかも、紅茶を注ぐフォームは「パークハイアット」やパレスホテル
で見たことがある、きちんとした姿勢(ポジショニング)で!!

超かっこいい!!! ブラボー!!!!!
これは一見の価値あり!!
(また、リクエストやってくれるのだろうか???? また見てみたい)

ホテルニューグランドって、面白い場所ですね。
どうも、担当してくれた方は相当ひょうきんな方の様だ。

まさか、アフタヌーンティーでこんなエンターティーメント
出来るとは。
(相当紅茶に慣れていないと、出来ない技だと思う)
DSCN8128dh.jpg
(予算)
アフタヌーンティー小計 2970円
サービス料       297円
合計          3267円

この品質、この空間を楽しめて、この価格は安い。
ちなみに、ここのスタッフ様の笑顔は自然で素敵。
年配の方のスタッフ様は、かなり重厚なものごしで
サービスしてくれる。
赤い制服がかっこいい。

ドレスコードは、フォーマルな方が多かった気がする。
(確か、カジュアルな方も何人かいた記憶がある)
DSCN8129dh.jpg
DSCN8130dh.jpg
女優の樹木希林さんが、確かTVでナポリタンをこのあたりで
食べていませんでした?
いずれにしても、ここのあたりで紅茶とか飲めたら最高だろうな。
DSCN8131dh.jpg
DSCN8133dh.jpg
DSCN8135dh.jpg
DSCN8137dh.jpg
DSCN8138dh.jpg
DSCN8139dh.jpg
DSCN8141dh.jpg
DSCN8143dh.jpg
DSCN8147dh.jpg
DSCN8148dh.jpg

(感想)
やはり都内にはない、独特のアフタヌーンティーで面白かった。
割とクラシカルなメニューなのに、エンターティーメントな味が
楽しめる。
特にポテトチップスと紅茶のコラボは、紅茶好きなら絶対はまる
はず。
近くの中華街もいいですけど、横浜という空間を濃厚に味わいたい
ならここ。

所で、ホテルニューグランドは全体的にホテル内の飲食店に活気
がある様な気がする。

都内以外にも、色々洗練されたアフタヌーンティーってあるものですね。
しつこい様ですが、ここのポテトチップスはいいですよ。
影の主役です。
イル・ジャルディーノ/ホテルニューグランド 【アフタヌーンティ】スプマンテ付!見た目も美しい3種のアンティパストやイタリアンドルチェ等を堪能

スポンサードリンク

コメント
こんにちは
前回から、ついに横浜進出ですね♪
都内と違って、広々してきれいで開放的で、雰囲気もあるし、横浜大好きです(^○^)

ホテルニューグランド、至るところに施された彫刻に目がいきました。
クラシカルな雰囲気すてきですねぇ。。
隅々まで見て回りたい!

紅茶にポテチがあうとは!!
初耳です(゜ロ゜;ノ)ノ
ご自身で発見されたんですか?
もとからある組み合わせなのかしら。。

ザ・カフェのナポリタンも気になりますー(´ω`)
Re: こんにちは
こんにちはです。


ホテルニューグランドの雰囲気は、かつての紳士淑女の社交場って感じの雰囲気でした。
ここは実にいいですよー。

ちょっとこのクラシカルなインテリアに、かなりやられました!
やはり都内と違って、横浜らしく上品で静かな感じなのもいいですね。


紅茶にポテチは異様に合いますよ!!!

出来れば塩味が、とても合うと思います。
(のり塩味も捨てがたいですが)
黒糖の方は、イタリア料理店で教えてもらったのですが。

ポテチは……たしか大学生の頃編み出した食べ方だったかな?
(結構あやふやですが)

割と紅茶は、揚げものなどの油分を流してくれる効果があるの
で、普段の食事の時も愛飲しています。

確かに、ニューグランドの日本初のナポリタンはどんな味
なんでしょうね?
異様に気になります。

コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ