DSCN6661hrt.jpg
この間の日曜の夜に、ヒルトン東京 マーブルラウンジにおいて
「ディナーブッフェwithプリンセスデザート」を体験してきました!

「恋するプリンセス」デザートブッフェを金土日曜のディナーでいただける
コースですね。

お昼の「恋するプリンセスデザート」デザートブッフェが、毎回満席
でしたので。
だったらかろうじて席が残っているディナーコース
で体験してしまえばいいかな? という軽い動機で出かけてみました。
DSCN6598uin.jpg
JR新宿駅西口京王デパート前、から無料のシャトルバスが出ていたので
今回利用しました。
地下の京王線の改札から、地上に出てすぐのところにバス乗り場があります。

京王デパート前バス停21番乗り場から、1時間に3便も出ているのですね。
(とりあえず、西口の京王デパート前をうろちょろすれば、21番乗り場がすぐに
見つかるはず)
海外からの旅行客とか、フォーマルな服装の方々が列を作っているので
あっさり見つかると思います。
DSCN6808vr.jpg
バスの運転手さんが「ヒルトン東京のお客様ですかー!」と
声を上げてくれたので、分かりやすい。
規模の大きいホテルだけあって、30人単位のお客様が
一気に動く。
DSCN6807vbre.jpg
バスの席が全て埋まっていた。
外国人旅行客がとにかく多くて驚いた。

大体10分程度で到着。
道路が混んでなければ、もっと早いかもしれない。
あまり、乗車時間が長くないのは確か。
でも、都庁の近くにあるので、JR新宿駅から歩いて
行くのは少し大変(歩いて無理な距離でもないけど)
DSCN6801vge.jpg
ヒルトン東京に到着。
タクシーが多数待機していた。
DSCN6795gre.jpg
とりあえず、ヒルトン東京へ入場してみる。
確かマーブルラウンジは1Fにあるという話だが。
DSCN6612bnrd.jpg
DSCN6792gre.jpg
DSCN6793ge.jpg
DSCN6602njyt.jpg
DSCN6611my.jpg
DSCN6790htr.jpg
入って、右側のらせん階段の処がどうもマーブル
ラウンジっぽい。
nndty.jpg
ここが、ヒルトン東京マーブルラウンジの入り口。
ちなみに、退店時の会計もここで行う。
DSCN6605hyt.jpg
DSCN6606muy.jpg
DSCN6607jhy.jpg
DSCN6608myu.jpg
さすが席数200席を誇るマーブルラウンジ。
このスペースは、エントランス(玄関)近くのマーブルラウンジ
スペース。
ここだけでも、マーブルラウンジの一部でしかない。
DSCN6609myr.jpg
DSCN6610myve.jpg

この螺旋階段付近のスペースが、2人掛け専用と言ったところ。
ここで、記念日を祝っている方々が多かった。
(このスペースはフォーマルっぽいかもしれない)
DSCN6662hrt.jpg
螺旋階段があったので、上からマーブルラウンジ全体を見学して
みる。
あまりにも、規模が巨大で驚く!
噂には聞いていたけどこんなに大きいラウンジって、あるんで
すね……。
ラウンジというよりは、ほとんどレストラン化している雰囲気。
DSCN6618nyt.jpg
DSCN6617nety.jpg
DSCN6616ntey.jpg
DSCN6615nty.jpg
席に座り、お飲み物とか勧められたのでアイスティーを
注文。(アイスティーはブッフェ料金の中に含まれていた)
DSCN6760rth.jpg
DSCN6761hrt.jpg
もちろんミネラルウォーターとか、アルコールもしっかり
用意してある。
(アルコールやミネラルウォーターは別会計)
記念日に訪れた方もいたようだ。
DSCN6664hrt.jpg
コールドセレクション、スープステーション、ローストビーフなどのカービング
ステーションなどは、壁際に配置されていた。

まずヒルトン東京マーブルラウンジでディナーブッフェをいただくとしたら、
このコールドセレクション ホットセレクションスペースから並ぶ事になる。

DSCN6678jytd.jpg
コールドセレクションコーナーはトマトモッツァレラバジルソースやスモークサーモン
ハム類など。
DSCN6679jnytd.jpg
6~7時あたりは結構並びますが、補充は頻繁にしてくれます。
(むしろディナーブッフェ後半の時間帯の方が、空いていて狙い目かも
しれない)
DSCN6690hnd.jpg
DSCN6692jy.jpg
DSCN6694jtyd.jpg
DSCN6696jytd.jpg
DSCN6698jytd.jpg
ビーフメダイヨンのソテーグリーンペッパーソース
ローストポーク葱ソース。
DSCN6700jtyd.jpg
DSCN6720nmt.jpg
DSCN6721nty.jpg
ホタテの香草焼き、スパイシーフライドチキンなど、
アメリカンな内容。
DSCN6701few.jpg
ヒルトン東京名物ローストビーフ。
お願いすれば、気軽にローストビーフをカットする厚さ
などのリクエストにも応じてくれる。
DSCN6703gre.jpg

御飯物の山菜おこわや、トウモロコシなども。
やっぱり、ディナーというか夕ご飯のラインナップ
なんですね。
DSCN6681jytd.jpg
DSCN6684hrts.jpg
マーブルラウンジのカトラリーは、ドイツHepp Exclusiv 。
DSCN6680jndty.jpg
DSCN6689hndtr.jpg
DSCN6686hrst.jpg
ハムや、マリネなどを食べてみる。
あれ? これはまた味付けが洗練されていて美味しい……。
(実は、スィーツばかりに力が入っていると思っていた)
DSCN6708gre.jpg
今回スィーツメインを食べようと思っていたけど
きちんと作ってあったので、ローストビーフもいただく事に。
DSCN6710hnyt.jpg
むむ……ローストポークもジュシーで、好みの味。

DSCN6712ntye.jpg
これなら、食事目的でも全然いける味ではないですか??
ロースとビーフもお肉の弾力感が、たまらなく美味しい。
しっかりとした味付けで、ご飯が食べたくなる味。
味付けがアメリカンいうか、食欲をそそる味付けなんですね。
気取らずに、しっかりと食事出来る。
DSCN6726nt.jpg
たまらなくローストビーフが好みの味だったので、おかわりする事に!
なんか、肉全体がうっすらと火が通っている感じがいいんですよね。

アメリカ系テイストな、オカズ系ジューシーローストビーフ
なお味だから、絶対日本人なら大好きな味だと思う!
肉、肉、肉な弾力さも、気に入った!
(ご飯ではなく、パンにはさんでも美味しかろう……)

DSCN6725nt.jpg
DSCN6629nyt.jpg
DSCN6630nyte.jpg
DSCN6723nt.jpg
DSCN6753htrs.jpg
ラウンジを歩いていたら、後ろから「ゴリ、ゴリ、ゴリ」という
音がしてきた!
振り返ってみたら、なんと女性客がチーズを削って
いる音だった!!

サラダバーからの音だったんですね。
削りたてのチーズを、サラダにふりかける為の行動だったか……

つまりここが「ガーデン野菜コーナー シーザーサラダステーション」
DSCN6754trs.jpg
DSCN6724nty.jpg
スモークを焚いていたので、野菜の鮮度が保たれる工夫がしてあった。
実際、女性客にこのサラダコーナーが大人気。
DSCN6782htr.jpg
DSCN6633ntey.jpg
アクションステーション LAロール(金曜~日曜日、祝日限定)
アクションステーションでLAロールが並んでいたので、食べてみることに。
どうも、金、土、日、祝日の限定らしい。
DSCN6713nhg.jpg
DSCN6752hrst.jpg
DSCN6715hnd.jpg
DSCN6716n gf
DSCN6717nyhdt.jpg
ミニサイズのLAロールなので、いくつもの種類を食べられるように
配慮してあった。
サーモン、マグロなどで、アボガドを巻いてある。
DSCN6718nt.jpg
DSCN6634neytvfsd.jpg
DSCN6776hrt.jpg
DSCN6727nh.jpg
なんとなく遠足気分で、ローストビーフと一緒に
LAロールを食べてみることに。
DSCN6728nht.jpg
DSCN6729nt.jpg
DSCN6731nhtg.jpg
!!!
これは、いいお味!!
アボガドの巻き具合が、ふわふわだけどしっかり巻いて
あってこれはいい!!!

っ! 予定に反して、この後2回リピートしてしまう……
ここまで食べてみて、ディナーメニューにほとんど外れが無い事に
気がつく。

意外にやるな……ヒルトン東京。

目新しいメニューこそはないが、クラシカルなホテルディナーメニュー
を、忠実にしっかり調理してある。
ただ、デザートコーナーに比べて「演出面」でディナーコーナーは
いくらか損しているのかもしれない。
肉食べたきゃ、ここに行け! と行ったところ。味そのものは上等。
とはいえ、年季が入ったヒルトンの味が楽しめた。
DSCN6661hrt.jpg
プリンセスデザートセクション
ビュッフェ開始時、プリンセスデザートセクションは大変空いています
が、時間が経つにつれ大賑わいになります。
やはりこのビュッフェ目的の女子会を組まれている方が多かった印象を受けます。
14時30分~17時30分時のスィーツブッフェ時は、さらに規模が大きく、
サラダコーナーまでスィーツが陳列されるとか!

個人的には、これだけでも圧倒されるのですが。
(外国からのお客様の目をぱちくりさせて、このスィーツ台の規模の大きさに
驚いていたご様子!)
DSCN6620nty.jpg
チョコレートファウンテン
DSCN6649tfy.jpg
マカロンタワー
DSCN6626nyte.jpg
ディナーブッフェにおいてもプリンセスデザートセクションコーナーは超人気!
画像の通り、ディナー中連続で補充が入っていた。
マーブルラウンジの中でも、一番力を入れている最重要ポイントだと思う。
ヒルトン東京においても、スタッフが何度もチェックを入れていた記憶がある。
DSCN6622nyt.jpg
DSCN6644il.jpg
クリームがたっぷり乗った、カップケーキ。
しかもカップケーキのスポンジも、桜色だった。
DSCN6621nyt.jpg
DSCN6675jnytd.jpg
マスカルポーネのムース。
スイーツのお皿も用意。
DSCN6645i.jpg
DSCN6766jtr.jpg
ヨーグルトとラズベリーのタルト。
DSCN6676jnytd.jpg
スィーツ台を、花びらで演出。
DSCN6623yetn.jpg
DSCN6646kl.jpg
豆腐とミルクチョコレートのシュガーレスムース
ライム添え
DSCN6624nyet.jpg
DSCN6767htr.jpg
ヒルトン東京特製ショートケーキ
DSCN6627nyte.jpg
DSCN6657gvre.jpg
サブレブルトンラズベリーシュークリーム&ローズクリーム
DSCN6652rv.jpg
DSCN6653cfse.jpg
DSCN6737nth.jpg
レモンレアチーズケーキ
DSCN6654gvrea.jpg
DSCN6655gvre.jpg
マカロンで、ベリーをサンド。
これがマカロン イスパハンか。
マカロンがどら焼きモードになっていて、フルーツがジューシー。
かぶりつくと香りと果実が楽しめて美味しかった。
これがラデュレの味か。食べていて、なるほどなあと感心した。
DSCN6656gr.jpg
DSCN6673jyt.jpg
白桃とグランベリーのトラベリングケーキ
DSCN6658gre.jpg
DSCN6781htr.jpg
DSCN6741gvre.jpg
DSCN6763trh.jpg
春色のマカロン各種
DSCN6764htr.jpg
抹茶のフィナンシェは、濃い抹茶の味が全面に出ていた。
抹茶を贅沢に生地へ使用している。
DSCN6765htr.jpg
DSCN6660htrs.jpg
DSCN6650yku.jpg
DSCN6674jyt.jpg
DSCN6647lj.jpg
グラススィーツ
DSCN6668hrts.jpg
梅のゼリー ミント&ブルーベリー
DSCN6671hdyt.jpg
DSCN6739fer.jpg
ココナッツタピオカ オレンジバニラソース
バニラパンナコッタ ブラッドオレンジ添え
DSCN6648jol.jpg
DSCN6665htrs.jpg
でもその都度、新しい種類のケーキがどんどん陳列されていく。
一体、どれだけ大量のケーキをヒルトン東京は用意しているんだろう??
ここまで、派手にケーキが動いているシーンを見るのは初めてだ。

最初色彩や規模に驚いたけど、どんどん食べられていく様子が実
に面白かった。
あちらこちらの女子会の席から「美味しいー!」との声が上がる。
DSCN6743gre.jpg
マカロン イスパハンやレモンレアチーズケーキを始め、色彩豊かで
香りが良かった。
DSCN6744gre.jpg
DSCN6747thr.jpg
タピオカがお餅みたいな弾力になっていてなんだか味が和風
で面白かった。
正直食べてみるまで、どのスィーツも味が分からないドキドキ
感がある。
DSCN6749htr.jpg
このカップケーキの色までピンク色!
DSCN6750htrs.jpg
どのスィーツも、甘酸っぱいベリーをふんだんに
採用しているので常に口の中がさっぱりする。
DSCN6755hrtd.jpg
DSCN6757htrd.jpg
DSCN6768hrt.jpg
スィーツは2皿いただいたが、全種類制覇は無理だった。
ディナーブッフェだけでも、20種類以上は出ていたのではない
でしょうか?
正直次から次へと補充されていくので、全てのディナーブッ
フェで登場したスィーツの全種類の把握は不可能だった。

スポンジはきっちり冷えて、しっとりしているしどれも
ダイナミックに作ってあるにしては、味がいい。
DSCN6772htr.jpg
DSCN6774rth.jpg
DSCN6775htr.jpg

ヒルトン東京特製、苺のショートケーキをいただいてみる。
しっとりしていて美味しい。

このショートケーキはさりげなく数が動いていたので
やはり人気があるのだろう。
DSCN6663htrs.jpg
コールドセクションコーナーの一部に、アイスクリームコーナーを配置。
パティシエらしき方が、アイスクリームをよそってくれる。
DSCN6666hbtrs.jpg
DSCN6777htr.jpg
適当に4つ程お願いしたら、コーヒー、チョコレート、ストロベリー、バニラ
など渋いセレクトにしてくれた。
DSCN6778htr.jpg
アイスはさっぱり味でしつこくないので、するりと食べられる。
DSCN6779htr.jpg
DSCN6785htr.jpg
DSCN6787htr.jpg
2015年7月中旬時、ヒルトン東京で提供されている
「【マーブルラウンジ】 ディナーブッフェwithプリンセスデザート
(金曜日 ~ 日曜日 ウィークエンド)」の値段を記録しておきます。

ディナーブッフェwithプリンセスデザート(金曜日 ~ 日曜日 ウィークエンド)会計
フード            5724円
サービスチャージ     572円
税金             504円
トータル          6800円
この内容なら6800円はジャストプライス。

あまりに大量のデザートメニューが陳列されている様子は正に
劇団四季ライオンキング状態。

ブッフェだが、非常にエンターティーメント性が高いのが特徴。

(ドレスコードについて)
半ズボン姿の宿泊客もいれば、フォーマルに着飾った方などが混在。
つまり、気合いを入れて着飾っても浮く事はないし、逆にお気楽な
服装でも大丈夫そうだ。
食事は、9時まで(時間制限なし)なので、時間を気にせずに
思う存分食べれる。

(スタッフ様の対応について)
定期的に、席の周りを巡回してくれるのでスタッフ様を捕まえ
やすい。ただ、広い空間なので手を挙げた方が無難。
ナイフとフォークの交換はしないが、スタッフ様に申し出れば
気軽に交換してくれるだろう。
ちなみにティーカップはノリタケ製。割と食器はいい物を用意して
いる。
DSCN6805vbre.jpg
帰りのシャトルバスはそれなりに空いているので、心配はいらないと思う。
夜こっそり豪華なデザートブッフェを食べるなら、ちょっとマーブルラウンジを
利用してみるのも面白いかもしれない。
高級ホテルのウィークエンドディナーブッフェって初めてだったけど、エンターテ
ィーメントしているんですね。
楽しくて面白かった。
マーブルラウンジ/ヒルトン東京  【乾杯1ドリンク付】ローストビーフ、LAロールなど約60種のディナーブッフェ!通常8434→6500円(金土日祝) 8/31までは大人気の「恋するプリンセス」デザートブッフェのアイテムがデザートに登場します! 

スポンサードリンク

コメント
マーブルラウンジ
こんにちは!
いつもブログ楽しく読ませていただいております。
ブログの臨場感のある写真と、わかりやすいナレーションで、すぐにでもそのレストランへ行ってみたいと感じています。予約をする際に気が付いたのですが、ヒルトンの「マーブルラウンジ」のオンライン予約ページがあるようですよ。こちら:https://www.tablecheck.jp/shops/hiltontokyo-marble-lounge/reserve

リンクがあったら、すぐに予約ができていいなーと思い、余計なお世話かもしれませんが、情報提供させていただきます。

これからも、“おいしい記事”を楽しみにしています!
Re: マーブルラウンジ
はじめまして。
最近は色々予約方法があって、面白いですね!

個人的には初めてのレストランに乗り込む場合「謎の追加料金」や、税込み
価格が含まれている一休レストランを愛用する場合が多いです。
コースメニューさえ守っていれば、予算オーバーすることはないですし。

おいしい記事ですか! ありがとうございます!
確かに見ていて、異様にお腹が空いてくるブログですよね?
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ