DSCN7031vaever.jpg

今年春リニューアルオープンした、フォーシーズンズホテル丸の内 東京
フレンチレストランMOTIF RESTAURANT & BARでアフタヌーン
ティーをしてきました。

MOTIF様スタッフ様には、今回大変お世話になりました!
居心地いいわ、ここ。癒されたーっ!
北海道テイストのフレンチアフタヌーンティーも上品!

総勢5名のスタッフ様から、入れ替わり立ち替わりの連続サービス!
あー、久々にアフタヌーンティーでのんびりしましたよ。
2一休レストラン
今回一休レストランを通じて、シャンパン付コースをお願いしたので
すが。
ちょっと面白い試みをしてみました。
私はお酒が飲めないので、一休レストラン予約ページのコメント欄に
「ノンアルコ―ルシャンパンなどを用意していただけると、助かります」
と記載してみました。

一休レストランの確認事項、アンケート欄ってすごく便利で誕生日の
指定やら記念日やら色々な「目的」を記載しておくと、それに合った
サービスが受けられたりするので、実に便利。

さて、どうなるのか……
DSCN6961gfhjn.jpg
DSCN6962gjf.jpg
というわけで、東京駅八重洲口から歩いて5分程度で到着。
久々に来てみたけど、入り口はそれ程変化は無いようだ。
ただ、清潔さは相変わらず凄い。
チリ一つ見逃さない感じ。
DSCN6964jd.jpg
DSCN6965sg.jpg
エントランスで、確か3人の女性スタッフ様がいた。
そのうちのお一人が、私に声をかけてきた。

アフタヌーンティー目的であることを告げるとエレ
ベーターまで案内してくれる。

そういえば、エントランスがきれいにリノベーション
されていて驚く。
DSCN6966gs.jpg
DSCN6967hd.jpg
かつてのエキ・バー&グリル時代と同じく7Fにあるんですね。
パネルにまで表示されているので、迷い様がない。
DSCN6968hd.jpg
DSCN6969hdf.jpg
エレベーターの入り口ドアではなく、反対側ドアが開きます。
エレベーターから出ると、MOTIF店舗からスタッフ様が
顔を出してきた。
そのまま店内に案内してくれる。
あれやこれやと、あっという間に到着。
DSCN7037ve.jpg
DSCN7038cvaer.jpg
MOTIF入り口。謎の2枚の羽根があった!!
ちなみに、この撮影はアフタヌーンティー終了間際
に撮影したもの。
2人のスタッフ様が、カクテルの試作をしていた。
DSCN7035vev.jpg
モテイーフには3つのエリアがあります。

この入り口近くにリラックスした雰囲気のバーラウンジエリア、
The Living Room(ザ・リビングルーム)が配置
されている。

これは香港のデザイナー「アンドレ・フー氏」が、こだわった作品だそうな。
二羽の丹頂鶴の羽根が、交差した様子をイメージしたとか。
DSCN7036vevf.jpg
黒い巨大な羽根が結構リアルだった。
DSCN7040md.jpg
The Living Room(ザ・リビングルーム)には
ラウンジチェアも多数配置。
DSCN7039ndty.jpg
DSCN7041mhd.jpg
DSCN7042mdh.jpg
DSCN7057bgf.jpg
The Gastronomic Gallery

この入り口がら右手の方向にあるのエリアが
The Gastronomic Gallery(ザ・ガストロノミック・ギャラリー)

ブッフェテーブル、ランチタイムは前菜やデザートブッフェのステージ
として使うそうな。
ということは、ここがランチブッフェ時の主役的なエリアになる。
DSCN7043mtd.jpg
DSCN7033vfed.jpg
The Social Salon

メインダイニングとなるThe Social Salon(ザ・ソーシャルサロン)
基本的にアフタヌーンティーはこのエリアがメインで提供される。
DSCN7058bfg.jpg
DSCN6971ncvn.jpg
暑さにフラフラになりながら席に着く。
いくらか、意識朦朧になっていたかも?

各席女子会で、盛り上がっていた様だ。
(あと白人男性が、ノートPCで資料を作成していた)
DSCN6972bfcb.jpg
DSCN6973bxc.jpg
左がはちみつで、右が確か愛媛産のストロベリージャム。
今回は使用しなかったので、家のお土産に持って帰った。
(スタッフ様にお願いすれば、袋を用意してくれるはず)
家で食べてみたけど、果肉感が強い自然志向のジャムだった。
DSCN6995ger.jpg
DSCN6978n c
DSCN6980ncfn.jpg
ノンアルコールの冷たいアペリティフ

凍ったシロップとレモンの輪切りに、お茶を注いでくれた。
この時点で、頭が熱にやられていたのでとても助かる!!

いきなり到着時、こういったクールダウン出来る、ドリンクの
提供はありがたい。
DSCN6974gsh.jpg
DSCN6976mcg.jpg
ここで、お店側から私のリクエストに答えてくれて、
ノンアルコールスパークリングワインを用意してくれた!!
「これなら、シャンパンの気分を味わえると思います」
との事!!

私は暑さのあまり、すっかり自分でリクエストを出した事を
ド忘れ……あわわ。
本当にノンアルコールをきちんと用意してくださるとは!!
ありがたい!! 

ちなみにこのスパークリングワインは、スペイン産ワインからつく
られた本格的ノンアルコールワイン「IN VINO VERITAS」
インヴィノ・ヴェリタスというそうな。

アルコール除去最終工程はドイツなので、一応ドイツ産。
ブリュット・ブランコというノンアルコールスパークリング
なんですって。

DSCN6975mcg.jpg
一休レストランを通じて、シャンパン付アフタヌーンティー
コースのグラスシャンパン1杯付特別料金プラン場合、こう
いったサービスを楽しむ事が出来るのですね。
予算4,800円内に含まれる形になります。

nbxdgb.jpg

キンキンに冷えたスパークリングワインをいただく!!
おお、確かに上品な果実の味がするワインの味だ!!
(本当にアルコールが入っていないのかどうか、不安になったが
確かに酔わない。なんとなく、どんな料理にも合いそうだ)

しかし、これは夏にノンアルコールスパークリングワイン
っていいですねー。あー、癒される。
一気に体が冷えるし、酔わなくていいのでとても助かる。
でも、確かにシャンパンを嗜んでいる気分に浸れるのですよ。
これはたまらない……っ!
DSCN6979nc.jpg
エレガントな北海道牛乳みたいなメニュー表。
綺麗で丁寧なメニュー表があるお店って、大抵美味しいですよね。
DSCN6982ncf.jpg
DSCN6983nc.jpg
DSCN6984bhrt.jpg
計36種に及ぶドリンク類!
さすが、フォーシーズンズですね。
今回ロイヤルミルクティーに、強烈な感動を覚えました。
あと、アイスティーが狙い目。
もちろん定番のホットチョコも外せません!
DSCN6986brt.jpg
DSCN6999ges.jpg
AFTERNOON TEA

大根のピクルスと甘酢しょうがの和牛ミニバーガー
フルーツトマトとモッツァレラブッファラのカプレーゼ
グラタンドフィノア
トリュフポップコーン クミンとパルミジャーノのチップ 
ミニバーニャフレイダ
スミレとカシスのシュークリーム
柑橘モンブラン
マカロンピンク
ボンボンショコラ
いちごチョコを纏ったぐるぐるメレンゲ
サクリスタン
クレームダンジュ
スコーン クロテッドクリームを添えて

MOTIFアフタヌーンティーは、ガラスや陶器の器に平面状に盛
られておりました。
これは……自然派志向???
新鮮なお野菜や、焼き菓子などがかわいらしく盛られています。

特にガラス製の器に、思わず釘づけになる!!

モテイーフは北海道のミシュラン3つ星シェフ中道博氏が、北海道食材
にこだわったフランス料理を提供しているだけあって、そのテイストが
出ていますね。
DSCN6987bvfde.jpg
DSCN6990wefvwe.jpg
ekki BAR & GRILL( エキ・バー&グリル )時代から伝統の
和牛ミニハンバーガーをいただく!!
うーん、相変わらず美味しい!!
今回は大根のピクルスがいい感じに効いていて、良かった。
(正直、この和牛バーガーが残っていてくれて嬉しい!)
DSCN6991fwefw.jpg
DSCN7010kljhg.jpg
ミニバーニャフレイダ

バーニャカウダの冷製バージョン「バーニャフレイダ」
アンチョビソーズが濃厚だけど冷たくて
やっぱり夏向き!!

味付けは目立たないけど、美味しい味付け。
なんだか素材重視の和食に使い、感じもする。
DSCN6992fcwe.jpg
グラタンドフィノア

北海道産メイクィーンのジャガイモを使ったグラタ
ンなどもある。
DSCN6993gver.jpg
トリュフポップコーン クミンとパルミジャーノのチップ 

DSCN6994ge.jpg
DSCN7016kljhgf.jpg
チーズにクミンをまぶして、チップ状にしたもの。
スパイシーなチーズの味がしてきた。

底にあるトリュフポップコーンも香りがいい!
一見以前のままのメニューかと思うけど、「香り」を強
化した味付けになっている。
チーズが北海道とフランスにリンクしているのかな。
DSCN6998gre.jpg
セイヴォリー(塩味)は全体的に素材の味を生かしつつも
上品な味付けでした。
美味しさが一気に突進してくるタイプではなく、静かに
じわじわくるタイプですね。
しかし、新鮮な食材を大量に用意してきたものですね!
DSCN7000ger.jpg
スミレとカシスのシュークリーム
柑橘モンブラン
マカロンピンク
ボンボンショコラ
いちごチョコを纏ったぐるぐるメレンゲ
サクリスタン
クレームダンジュ
スコーン クロテッドクリームを添えて

なんと透明な皿に、スィーツ類が盛られていた!!

DSCN7019bd.jpg
お皿の底部は、ドーム状になっている。
これは面白い!
これなら、後日色々なステックメニューを盛る事が
できますね。
DSCN7020bd.jpg
今回はいちごチョコを纏ったぐるぐるメレンゲと
サクリスタンを、デコレーションするのに使用。
DSCN7001gera.jpg
DSCN7002vea.jpg
ボンボンショコラ
DSCN7003ves.jpg
マカロンピンク

植物が生えた、マカロン?
DSCN7004besa.jpg
柑橘モンブラン
オレンジリキュールを使用したモンブランだそうです。
なんでも、ここの方はフランスの焼き菓子(アントルメ)
が得意だそうで。
ですので、シュークリームやモンブランの土台、スコーン
などを中心とした焼き菓子系スィーツが多い。

焼き菓子系アフタヌーンティーって、ありそうで無かった
路線ではないですか??
アフタヌーンティーのスィーツといえば生菓子よりは、焼き菓
子のスィーツが多い傾向にあるし。


ちなみにこのモンブランはランチでも随分人気が高い
そうな。スィーツブッフェでも、同様のメニューが
使われているとか……。

というか、こんなに手が込んだモンブランとかが、スィ
ーツブッフェで食べられるの???

ここのブッフェはかなり評判が高いそうだけど確かに
このレベルなら分かる、分かる!
DSCN7005bes.jpg
DSCN7006btea.jpg
DSCN7027brd.jpg
DSCN7028cd.jpg
このシュークリームは甘酸っぱくて、美味しい! しかも、外
の皮が香ばしく様々な香りが広がってえらく複雑な味だった。
一口で食べてしまって、心の底から後悔した。
DSCN7008bs.jpg
DSCN7009hjgf.jpg
スコーンにハスカップのジャムを付けて食べてみたら
爽やかな味になった。
もちろん、瓶ではちみつとストロベリーのジャムも用意
されていたけど。
DSCN7012uikgfdgt.jpg
DSCN7013lkjhgf.jpg
外を見たら、新幹線が何度も行き交っていた。
ここまで頻繁に新幹線が見られるアフタヌーンティーは無いだろう。
なんか東京駅の隠れ家で、こっそりお茶をしている気分になる。
DSCN7015kljhgfd.jpg
アイスティーを飲み終わった後、氷まで紅茶で出来ていることに驚く!!!
これなら、確かにアイスティーが薄くなりませんよね。
こ、ここまでやってくれるのか……
DSCN7017grst.jpg
ティーポットはデンマークのコーヒー&茶器メーカー「ボダム」の
アッサムティープレスを継続して使用していました。

体が十分に冷えたし、折角の焼き菓子なのでホットティーを飲む事に。
DSCN7018rs.jpg
DSCN7022bdf.jpg
スタッフ様がやってきて、クレームダンジュをサーブしてくれる!!

今季、アフタヌーンティーベストスマイル賞でもあげたくなるような笑顔
に圧倒された!!!
そうか、ここのアフタヌーンティーは後から、後から、色々な追加メニューを
いただけるんだ!!
クレームダンジュはフランスと北海道の、コラボ的な意味合いもあるのだろうか。
確かに自然派志向。
DSCN7024bdrgf.jpg

クレームダンジュのハスカップ掛け。
ふわふわクリームチーズに、酸味がアクセントになって上品で優しい
お味です。
ほんと、何から何まで味がお上品で新鮮。
自然志向のレストランで食事しているような錯覚に陥る。
DSCN7026brdb.jpg
確かアールグレーとアップルのスコーン? 
が新たにサーブされる!! どんどん出てくる!
これも見事な焼き立て!!!
(ついでに、スタッフ様の素敵な笑顔付き)
DSCN7029vfv.jpg
いちごチョコを纏ったぐるぐるメレンゲ
サクリスタン

甘くバリバリした触感のサクリスタンをいただきながら、紅茶を
楽しむ。フランスの伝統的な焼菓子だそうな。

やっぱり焼き菓子だから、紅茶に合いますね。
かなりまったりした気分になってしまいました。
DSCN7030vaf.jpg
DSCN7032vearfvvfd.jpg

このMOTIF RESTAURANT はあまりに居心地がいいので、
時間ぎりぎりまでくつろぐ事に。
(なんとなく、女子会の会話も弾んでいた感じがする)
インテリアに圧迫感がなく、華やかかつ上品にまとまっているので
居心地がいいのかな。

天井が低いせいか公共的な空間というよりも、私的な空間という
感じがします。
DSCN7034cwcw.jpg

無機質なサンシェードではなく、なんとなく柔らかな感じの
サンシェードな所が好感。
こういうのもなんですけど、女子力が高い空間ですね。
DSCN7044b gr
DSCN7045bgdf.jpg
これは、凄い!
ポダムのティーポットの中に、ミルクティーが満載!!
このやり方だと香りがミルクティーの華やかで美味しいんですよね!
(でも、やった後ポットごと洗わなくてはならないので、あまり
どこのホテルも手間がかかるので、やりたがらないミルクティーの淹れ方)

感動のあまりスタッフ様に「ここのミルクティーはポットで淹れるんですね?」
と声をかけたら
満面の笑顔で
「もちろんでございます」
と華麗に返答。
な、何者だ? こ、ここのウェイター様は???
DSCN7046hnm.jpg
飲んでみる!!
うわっ! 美味しい!!
リアルにミルクをこれでもか! とふんだんに使用している!!
やった! 遂にポット淹れタイプのミルクティーに巡り合った!!
この演出は個人的に、ポイントり高い!!
しかも、焼菓子に合うんですよね!!
DSCN7047nhfn.jpg
飲んでみる!!
うわっ! 美味しい!!
リアルにミルクをこれでもか! とふんだんに使用している!!
この演出は個人的に、ポイントがかなり高い!!
しかも、焼菓子に合うんですよね!!
DSCN7049nhg.jpg
フランスが誇る磁器の都リモージュ最古参の磁器ブランド「BERNARDAUD」
(ベルナルド)を継続して使用。
フレンチのお店だから、フランスの名窯の食器というわけですね。
フランス、リモージュの名窯ベルナルドは、英国、ベルギー王室に
も愛用者が多い。
DSCN7053brg.jpg
カライヴ・ヴァローナホットチョコレート(カカオ66%)
をいただく。
DSCN7054btg.jpg
ホットチョコについてくる、マシュマロも健在でした!!
DSCN7056bgtrbs.jpg
さすがカカオ66パーセント。丁度いい甘さ。
80%だと、ちと苦味が厳しいけど。やっぱり70%というのが
ボーダーラインですよね。
やっぱり、ミルクティーとかホットチョコなどの飲み物は、ちょっと
ワンランク高い仕事をしてくれる感じがする。
DSCN7060vef.jpg

今回は一休レストランて予約しました。
一休レストラン「【平日限定×MOTIFアフタヌーンティー】8,073円→4,800円シャンパン付!お飲み物は約30種類をお好きなだけ」の値段を記録しておきます。

会計
フード            3865円
サービスチャージ15%   580円
税金8%           355円
トータル           4800円
一休レストランの平日限定アフタヌーンティーコースを選択すれば、
グラスシャンパン1杯が付いてきて4800円で収まる。
量は適量。
4800円ジャストで、この内容はかなり凄い!


とりあえず、一休レストランで予約さえしておけば5000円以内で
OKなのがありがたい。


(ドレスコードについて)
スマートカジュアルが基準らしいけど、フォーマルに着飾った女性客が多し。
そんなに厳しい感じがないけど、普段着よりはきっちりとした服装なら、そう
問題はないのでは。
    
DSCN7062bgfve.jpg
 (時間について)
ラストオーダーは16:30、お席の利用は17:00までなので注意。
つまりお茶の注文は16:30まで。席は17:00
まで利用可。

ちなみに、16:30になると各席にラストオーダーを聞きに来てくれる。

(スタッフ様の対応について)
入れ替わり立ち替わり、数名程度のスタッフ様が対応してくれる。
サービスはかなり濃密だと思う。
   

笑顔があふれ、実にフレンドリー。しかし、要望次第でフォーマルな
対応もしてくれるはず。居心地はかなりいい!
ホテルのゴージャス感を味わうとというよりは、上品なプライベート
感が欲しい方向きのフレンチ系アフタヌーンティー。
焼き菓子好きの方にはもってこいだと思う。

お茶重視なら、絶対飲み物を30種選択可能なアフタヌーンティー
がお勧め。
隠れ家別荘的なモテイーフの居心地の良さ&上品さは、都内屈指
だと思う。

事実食べ終えても、全然帰りたくなかった。
【平日限定×MOTIFアフタヌーンティー】8,073円→4,800円シャンパン付!お飲み物は約30種類をお好きなだけ

スポンサードリンク

コメント
初めまして、いつも楽しく拝見しています。
私も先日訪れまして、和牛ミニハンバーガーにトリュフポップコーンにやられてしまいました。
他も美味しく、本当レベル高いですよね。

良かったので思わず、ランチビュッフェも訪問してしまいました。
やはりな感じで、とてもとても満足でした。
ここを味わってしまうと、他の所がちょっと物足りなくなってしまいそうで怖いですね。

ブログ更新、楽しみにしています。
Re: タイトルなし
haluさん、はじめまして。いつも、読んでいただきありがとうございます!

ポップコーンがここまで豪華になるなんて、驚きですよね。
しかも、トリュフの香りが素敵ですし。

そういえば、サービスの方もビュッフェが好評とか言っていましたけど。
そんなにいいのですが……

いずれにしても、アフタヌーンティーにしてもビュッフェにしても、自分好み
の味を見つける過程って、面白いし楽しいと思います!!

これから、更新が年末まで何回か続くので、どうぞよろしくお願いいたします。
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ