DSCN6868csA.jpg
DSCN6910nfc.jpg
リッツカールトン東京 タワーズグリルから、モダンビスト
ロ「タワーズ」へリニューアルしたということで、訪れて見ました。


オープンキッチンを見て、驚愕!
リッツカールトン東京 ホテル
副総料理長 フランクリー・ラルーム氏自ら、陣頭指揮で料理を作って
いる!!


極めて大胆なフレンチビストロメニューへの変更が、行われていましたよ!!

リッツカールトンにおいて様々な変革が行われているようですが、特に
「タワーズ」になった事が一番の成功じゃないですか??

ありえないレベルの本場&最新のビストロメニューがなんとブッフェで、
思う存分味わえる、極めて貴重なお店だと思います。


DSCN6829mjhf.jpg
DSCN6830mjfj.jpg
DSCN6831mfhm.jpg

というわけで、灼熱地獄の中、久々にやってきました、
リッツカールトン東京。
相変わらず、この入り口は静寂ですね。


リッツカールトンカフェ&デリのテラス席で、白人女性
のバックパッカーが他の外国人と情報交換をしていた。
さすがに、都内の暑さにぐったりした様子だ。
DSCN6832mfhj.jpg
カフェ&デリでは、サマーサンデーをやっているんですね。
やたらモンブラン味が気になった。
去年はかき氷だったけど。
DSCN6834mmj.jpg
45階直通エレベーターへ行くために、通路をいつもの
様に歩いていると、巨大なチョコレート細工が3種も展示
されていて圧倒された!

誰が制作したんだろう?
DSCN6960vscd.jpg
DSCN6958csd.jpg
DSCN6959csd.jpg

通路にチョコだなんてリッツカールトンって、面白い
試みをするんですね!
(しかも、高級感があります)
歩いていて、お腹が空くではないですか。
DSCN6835mndgthn.jpg
DSCN6955csD.jpg

外国旅行者家族と何度かすれ違う。
なんだか、外国に来た錯覚を覚える。
(それにしても、外国のお子様はみんな元気がいい)
DSCN6957csD.jpg
45階直通のエレベーター乗り場へ行く為に、入り組んだ
通路を歩いていく。
慣れてしまえばどうということはないが、いくらか
入り組んでいるので、迷ったらスタッフ様へ声をかけ
よう。
DSCN6837n d
DSCN6838nhdn.jpg
特にエレベーターなどの内装は変わっていないようだけど。
とはいえ、やっぱりこのエレベーターに乗るといまだに
少し緊張してしまう。

DSCN6953csD.jpg

45階に直通で到着!
ちなみに、このスペースに御化粧室入り口があるので、
レストラン利用前、身だしなみの最終チェックをされ
たい方は利用するといいと思います。
DSCN6839ndhnfwe.jpg
おおお、ロビー入り口がよりシックにリニューアルされて
いる!!
(置物のレイアウトも、変わりましたね!)
そして何より一番驚いたのは和服着物姿のスタッフ様がいた事です。
????リ、リッツに和服???
雰囲気ががらりと変化している!

それだけ外国人宿泊者が多いということかな?
まさかの和風着物路線で来るとは思わなかった。
DSCN6843bgfxb.jpg
ライティング系が追加されています。
なんとも面白い形の提灯。
最近工事していたけど、これを設置していたのか。
DSCN6952SD.jpg
DSCN6842bfdbxdfb.jpg
DSCN6841bsbss.jpg

ザ・ロビー・ラウンジの手前の壁面にはアメリカの美術家サム・フランシス氏の
絵画が変わらず設置されています。
ただソファーなどの数が増えていますね。前はラウンジチェアが2脚だけでしたが。
DSCN6950vsdaf.jpg
モダンビストロ「タワーズ」入り口。
続々とお客様が入店していく。
やっぱり人気が高いんだな……と実感。
今回は、リニューアル初ということで期待してしまう!
DSCN6951vsd.jpg
そういえば、入り口近くで「リッツカールトン羊羹」が販売されていた。
リッツと羊羹……なんだか、面白い組み合わせ。
なんとなく、和風になってきているのかな?
DSCN6944ngf.jpg
DSCN6903bgf.jpg
いつもの様に、予約名を伝えて入店。
一休レストラン経由だったので、スムーズに入店出来た。
東京タワーが見える、窓と対面した席に案内される。

DSCN6844bgb.jpg
シェフズ テーブル

前菜
ブッフェよりお好みの前菜お選びいただけます。

メイン
イトヨリのソテー
フレゴラ リゾット、ターメリック、エストラゴン

真鯛のソテー
フムス、胡瓜、ドライトマト
ハーブバター

バルバリー種カネット(仔鴨)軽い燻製ロースト
リュバーブ、薄切り野菜、ナッツのキャラメリゼ・

ラム肩肉のカネロ二
グリーンピース、空豆、ミント

季節のベジタリアン ディッシュ


デザート 
ブッフェよりお選びください。

前菜(ブッフェ)+メイン(一品)+デザート(ブッフェ)
というシステムになっている。


メイン料理をサービスの方に注文してから、ブッフェスタート!
前菜ブッフェを楽しんでいる間、もしくは後に、メインが
運ばれてくる。
そして、インを食べ終えた後に、デザートブッフェに移ることになる。

DSCN6845vedv.jpg
やっぱり窓際のカウンター席は素敵だ。
入り口近くの席では、外国人一家8人が食事していた。
やはり女性客多し。
DSCN6846csdv.jpg
DSCN6847csdc.jpg
最初に炭酸水とか勧めてくれたが、あまりに暑いので
アイスティーを頼む。
ミルクとかわざわざ用意してくださって、ありがたい!

おしぼりのトレイもスタイリッシュ。やっぱりここ
リッツカールトンなんだな……となぜか実感。
DSCN6848csd.jpg

とりあえず前菜がブッフェらしいので、取りに行く。
HAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA
と、外国人シェフのジョークと、日本人シェフ達の
笑い声が聞こえてくる!!
????
なっ、なっ、なっ、なんだ? 
この異様に明るいオープンキッチンは??
こんなに、陽気で明るかったっけ?
ここだけの話、前は凄く「料理に集中している」感があった。
DSCN6865c.jpg
メインレタス
ミックスグリーンサラダ
オレンジドレッシング シーザードレッシング
DSCN6866cS.jpg
スパニッシュトルティーヤ
トンナートクランチベジタブル
レッドサラダ
アンディーブ
フレゴラサラダ
DSCN6867cS.jpg
サーモンマリネ
ニース風サラダ
コールドカット
DSCN6875c.jpg
DSCN6876cSAD.jpg
食材の質は全て第一級クラス。
まるで、素材に妥協していなかった。

DSCN6877cds.jpg
DSCN6879csD.jpg
インゲン豆のスープ
DSCN6880csDZ.jpg
DSCN6881cs.jpg
DSCN6882cs.jpg
DSCN6883cs.jpg
ガスパチョ
DSCN6893vrf.jpg

ニース風サラダはシーフードなどが具だくさん!
DSCN6894bfgtb.jpg
とうもろこしロワイヤル
ハムのエスプレッソ
DSCN6870cSD.jpg
ニース風サラダとかスパニッシュトルティーヤを食べてみる。

お!? めちゃくちゃ美味い!!!
そ、そんなに野菜好きではないのですが……お野菜が美味しい!!
DSCN6869csA.jpg
フルーツサラダに凄く力を入れていた。
これはスタート時一回目のフルーツサラダの様子。
ブルーベリーがてんこ盛り。
DSCN6871cSD.jpg
DSCN6872cs.jpg
DSCN6873csd.jpg

美味しいというか、今までにない味付け。
腕のいいシェフがブランチを作ると、こんなにも
優雅な味になるのか。
こまった。どうこの味を表現すればいいか分からない。

この一皿で、急激に興味が湧いて次の一皿を取りにいく
DSCN6884var.jpg
ガスパッチョをメインに、パンとかコールドカット
とかサーモンをいただくことに。
そういえば、あるお方のブログに、タワーズのパンが
美味しい! という記事を読んだのであえてパンを
食べてみる。
DSCN6889vz.jpg
本当だ。タワーズグリル時代より、なんだかパンが美味しく
なっている!
(画像では、派手さがないかもしれないけど、美味いんですよ
これが)
DSCN6885vsd.jpg
DSCN6886vsd.jpg
フレゴラサラダとか、見た目健康的だけど……
なんだこの清涼感のある味は。
DSCN6887vg.jpg
ス、スモークサーモンがなんだか、ねっとりした訳の分からない
レベルに達していた!!
DSCN6888gvesz.jpg
DSCN6892vsdz.jpg
冷たいガスパッチョをストローでいただく。
うわっ! 冷たいけど濃厚かつさわやか!!
(普通にお皿で一品料理として、出してもおかしくない味。
それをストロー飲むなんて、なんて贅沢な)
DSCN6890vzsd.jpg
ブッフェでこんな美味しいガスパッチョを飲めるなんて。
気軽に飲めるけど、味は本格的。
DSCN6900bgf.jpg
とうもろこしロワイヤル ハムのエスプレッソはお勧め。

ハムが泡状になると、こんな味になるんだ……おおお!!
なんだこりゃ……全てが未知の味!!
(なんだか、食べるたびに脳をマッサージされている感じ)
やはり全てが新鮮で、ショックが強い味なので
とうとう画像撮影を忘れる。

何て言えばいいんだろう?
品質(レベル)が高すぎて、このブログがレビューしてい
いレベルの味ではないな……。

ブッフェとかブランチの領域ではないだろ……この味付け。
リッツカールトンは凄い方を連れてきたものだ……
DSCN6904bgfc.jpg
DSCN6914nhn.jpg
DSCN6906nbgfxnb.jpg
メイン
そうこうしているうちにメイン料理が到着!!

ラム肩肉のカネロ二
インゲン豆の泡状のコクのあるソースが、たまらない!!
パスタに包まれた、ミンチ状? のラム肩肉がいいお味!
触感も未知だし、ソースも未知の味!!!
ソースも、お肉も手の込みようが異常すぎる一品。
あまりの味のショックが強烈すぎて、なんだか舌がノックダウン状態!!
DSCN6905bgfc.jpg
DSCN6907nfg.jpg
見ての通り、パスタの中にお肉が包まれている。
しかし、盛り付けも実にかわいらしい。
(これでも、アツアツに仕上がっているんですよ?
やっぱりオープンキッチンだから、出来たての
お皿を直ぐに食べられるのがいい)

DSCN6908nfgn.jpg
DSCN6909nfn.jpg
DSCN6912ncgf.jpg
DSCN6913nhfn.jpg

最近の流行りかどうか知らないけど
タワーズは泡を使うのに長けているようだ。
ハムのエスプレッソもそうだけど、この泡
ソースがたまらなく美味しい。
DSCN6915nfg.jpg
DSCN6916bgs.jpg
窓際のカウンター席って眺望も素敵ですが、見上げるとなか
なか天井が高いのでインテリアも素敵です。
心地よい解放感の中、優雅な気分で食事出来ます。
DSCN6849btr.jpg
スイートエンディング
メインを食べ終えたら、デザートブッフェのスタートです!
デザートも前菜と同じブッフェで、デザートコーナーが
テーブル上に用意されていました!
DSCN6850vcad.jpg
ラズベリードーム
DSCN6851va.jpg
クレームブリュレ

これは、前回のタワーズグリル時代からの人気スィーツ。
トロリとした甘みが美味しい。
DSCN6852cd.jpg
DSCN6898bg.jpg
へーゼルナッツ フィナンシェ
DSCN6854wdc.jpg
DSCN6899bfg.jpg
チーズケーキ
DSCN6855cwda.jpg
DSCN6856cwa.jpg
チョコレート&ピスタチオ

なんと8層からなる、手が込みまくりのスィーツ!!
8層のカラフルなグラデーションを見て、ちょっと唖
然とした。
ちなみに、上に乗っているチョコのマカロンが美味だった。
DSCN6857cwa.jpg
ココナッツパンナコッタ
これは2層のグラスデザートなんだけど、やはりビジュアル
にも拘っている!
DSCN6858cwa.jpg
バナナシフォンケーキ
DSCN6859cw.jpg
パリブレスト
このパリブレストのシューの生地と、アーモンドペースト
の味が良かった。
ミルクティーに合うんですよね。
(個人的にちょっとこのメニューはうれしい。
やはりブランチなので、パリを意識したスィーツが出てくるんですね)
DSCN6860cw.jpg
季節のフルーツタルト

タルト生地にフルーツを乗せ過ぎて、タルト生地からフルーツが
はみ出す事態に……
フルーツ乗せ過ぎ!!
DSCN6861c.jpg
これは入り口付近から撮影したスィーツ台。
DSCN6863vsz.jpg
DSCN6864aS.jpg
チョコレートケーキ オレンジ風味


ねっとりとした、ガトーショコラみたいなチョコケーキ
だった。
やっぱりチョコには、オレンジが合う。(アールグレーも合うけど)
DSCN6895g.jpg
DSCN6896bg.jpg
フルーツサラダ ブッフェスタート時の様子。
DSCN6935vca.jpg

2回目、補充を終えた後のフルーツサラダの様子!!
な、なんと一回目の時より、新鮮なフルーツが
あふれんばかりに補充されている!!

苺、キウイ、完熟パイナップルというラインナップ!!
DSCN6897bg.jpg
DSCN6919bdgf.jpg
とりあえず、気になったスィーツをいただいてみる。

四角形のお皿と、円形のお皿が2種用意されていた
のでそれを使用して、取り分けた後テーブルでいた
だく事になる。
DSCN6920bxfd.jpg
この濃厚な赤ワインゼリーに、はまってしまう……
ついつい暑いと、こういうのが美味しかったり
するんですよね。

お酒苦手なのに、これはいいかもしれない。
DSCN6924bdxf.jpg
ラズベリーの上に金箔。
DSCN6932va.jpg
ムースの中も、ラズベリーを限界まで使用しているので
色が濃い!!

どうも、このメニューは一部アフタヌーンティーにも
採用されているようだ。
(確かにブッフェにしては凝っている)
DSCN6921bdx.jpg
どのお菓子も、色が濃厚じゃないですか?
実際、ラズベリードームもチョコケーキも
ベリーやチョコの味が濃かった気がする。
(しかも味が単調ではなく、洗練されているから恐ろしい)
DSCN6926bdx.jpg
ね? 8層ですよね? 
4枚の薄いスポンジに、4回クリームを塗って
いることになります。
DSCN6925bgxfd.jpg
DSCN6927bdxf.jpg
チョコケーキの断面も、フィナンシェも単純な
形ではなく、二手間位かけたデコレーションな
点に感心しました。
DSCN6930vea.jpg
DSCN6929vbfa.jpg
DSCN6928bdxf.jpg
ホットティーも、タワーズグリル時代同様ポットから
サーブしてくれるので、高級感が漂います。
DSCN6933vc.jpg
フルーツの鮮度はさすが!
てか、まるでどれも外れがない……
DSCN6937ca.jpg


2皿目。
パリブレストやフルーツたっぷりのタルトが気になったので
食べてみることに。
ついでにシフォンケーキも。
DSCN6938vcas.jpg
DSCN6939bhx.jpg
想像通り、パルブレストはクラシカルな味に
徹していて、実に美味しかった!
(やっぱりこれが一番紅茶に合うスィーツだった)
DSCN6940gtfx.jpg
DSCN6942ngf.jpg

タルトは見ての通り、生地よりフルーツの方が
巨大!!
そういえば今回フルーツを多用したスィーツが
目立っていたかもしれない。
DSCN6941ngfx.jpg
DSCN6947vfd.jpg
ワインゼリーに、フルーツが「大量」に追加されたので
更におかわりする事に。
DSCN6946vfsd.jpg
苺、ラズベリー、ブルーベリー。そして赤ワイン。
正直、この組み合わせはズルイ。
美味しくない訳ないじゃあないですか?
DSCN6948vdf.jpg
今回は一休レストランで 【平日限定】約30種の前菜・デザートブッフェ!更にメイン1品チョイス!通常4,844円→4,000円 
を予約しました。
一休レストランを通した会計をここに記録しておきます。

会計
サブトータル            3221円
サービスチャージ15%      483円
税金                 296円
一休ポイント           -100円
トータル               3900円
一休レストランで100ポイント残っていたので、今回使用。
ポイント無しで、一休レストラン経由で利用すれば4000円ジャストで
収まるはず。
(ただし、追加のドリンクなどを別注すればその分料金に追加されるだろう)
今回ポイントを利用したとはいえ3900円で済んだ。なんだかお店に申し訳
ない気がしてきた。


食べる際に一つ注意したいことが。
フランスの三ツ星レストランや世界の美食都市で経験を積んだホテル副総料理長
フランクリー・ラルーム氏の作るブランチ(前菜やメイン)は恐ろしく美味しいので
ついつい食べてしまう恐れがある。

つまり、デザートに行き着くまでに、満腹になってしまう可能性がかなり
高い。
それくらい、フランクリー・ラルーム氏の料理は美味しすぎて危険。
(今回身を持って思い知った……)

とはいえ、タワーズのデザートも、完成度の高いレベルなので、満腹でもそ
れなりに食べられるとは思う。
ホテルブッフェのリニューアルにおいて、メニュー変更の面では2015年度
前半における一番の成功例と言っても、言い過ぎではない。

シェフが変わると、ここまで同じレストランでも味が変わるのか。
ただ、前回同様コースレベルのお料理が、ブッフェで出てくるという点は
抑えておきたい。
DSCN6840bstrfgb.jpg
(ドレスコードについて)
今回はフォーマルに着飾った女性客がやはり多かったが、男性
は割とラフな方も多かった気がする。

(時間について)
今回一休を利用した際、席の利用は1時間30分制だったらしいが、
特に時間に関して言われる事はなかった。
1時間30分もあれば、内容的にのんびり食べられるとは思う。


(スタッフ様の対応について)
ベテランのサービス様達が健在なので、とても安心して食事がで
きる。
流石と言うしかない。

(オープンキッチンについて)
オープンキッチンの料理人達が、調理しながら異様に
盛り上がっている(テンションが高い)のがポイント。
とてつもなく士気が高い点に、驚いた。

料理を取りに行く際、タワーズキッチンの様子を眺めて
みるのもかなり面白いと思う。一見の価値有り。
タワーズ/ザ・リッツ・カールトン東京 【平日限定】約30種の前菜・デザートブッフェ!更にメイン1品チョイス!通常4,844円→4,000円 

スポンサードリンク

コメント
そろそろ行こうかなと思っていたので、とても参考になりました♪


ややホテルを持ち上げすぎている感はありますが、写真がきれいで見やすいブログですね♪
Re: タイトルなし
カシオレ量産型さん
はじめまして!
参考になったみたいで、良かったです。
可能な限りリニューアルした、タワーズの内容&情報を拾って来よう! と思い、こういう
形の記事になりました!

ところでここだけの話、ここの新副料理長、相当腕が立ちますよ……。
いや本当に……。
わー。素敵ですね(*^^*)
リッツカールトンは1年前アジュールでランチしたっきりでしたが、タワーズが一休で4千円!!これは行きたい❤︎笑
Re: タイトルなし
アジュール45いいですねー! ランチへ行かれたんですか? さすが……
個人的にはそちらも、行ってみたいですよ。
いずれにしても今回、タワーズで大満足してしまいました!




とっても美味しかったです!
はじめまして。
群馬県在住のsuzukiと申します。

紅茶公爵様のブログ、楽しく拝見しています。

先日、家族3人で、タワーズに行って参りました。
紅茶公爵様のおっしゃるとおり、すべてのお料理がとっても美味しくて感動しました。

窓から見える景色も圧巻で、きっと夜景もすばらしいことでしょう!
またすぐに行きたくなるお店でした♪
Re: とっても美味しかったです!
suzuki様はじめましてー


タワーズで出てくる全てのお料理が、リアルに美味しいですよねー! 
コメント読んでいるだけで……またお腹が空いてきてしまいますよ。


タワーズの訪問記事を書いている時、、タワーズの味を思い出して悶絶
してしまう始末ですし。
(タワーズの美味しさは、実際食べてみないと分からない部分が多いと思いませんか?
食事中「なんだこれ!?」と何度も味わいながら思いましたよ)


確かにもう一度行きたいですよね。そういえば、夜のタワーズのコース
料理も、夜景も相当高評価みたいです。




コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
国内旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ