hotate2012

hotate2012

DSCN5849gtr.jpg
帝国ホテルタワー館30~31階 リニューアルされた特別階プレミアムタワーフロア 
スーペリアルームに宿泊してきました。

プレミアムタワーフロアは大変女性的な空間で、意表を突かれました!
初めて帝国ホテルに宿泊しましたが、機能的かつ居心地のいい空間で大満足です。
今回の記事は最新の特別階プレミアムタワーフロアについて、チェックインから部屋への
移動までまとめてみました。
DSCN6836vfd.jpg
こちらが今回宿泊に利用した帝国ホテルタワー館。
2015年4月に帝国ホテルタワー館帝国ホテルで最も高いフロア
30~31階に特別階『プレミアムタワーフロア』がリニューアルしたそうです。
今回の宿泊プランは一休の帝国ホテル 東京 【一休限定】「WINTER OFFER 第2弾」 特別階プレミアムタワーフロア コンチネンタルブレックファスト付を利用してみました。
朝食のルームサービスやプールなどを利用出来るらしい。

DSCN6833vfd.jpg
こちらが帝国ホテル本館。チェックインはこちら側で行います。
DSCN6835vd.jpg
左側が帝国ホテルタワー館。右側が本館。
中2階の通路でタワー館と本館が繋がっています。

DSCN5864kiu.jpg
一休のコースが17:00~のチェックインだった。食事も
かねてアフタヌーンティーでチェックインまでの時間を楽しみました。
(まあ、緊張もしていたけど)

DSCN5865kiu.jpg
こちらは帝国ホテル本館正面玄関前です。
正面玄関前は、見ての通りタクシーの乗降が多いです。
(逆に宴会場の玄関は、社用車や公用車が多い)
それにしても、どんどんタクシーが帝国ホテルに入ってきますね。
玄関前では、タクシー街の行列が出来ていました。
DSCN6057bfg.jpg
DSCN6060rf.jpg
アフタヌーンティーを終えて、改めて18時頃の帝国ホテルエントランス前に来てみる。

クリスマスの照明が華やかかつクラシカル……
更に次々と訪れるタクシーや高級車。
タクシーや、玄関前の照明を見て震えつつも気分が盛り上がる……
DSCN6061btr.jpg
DSCN6060rf.jpg
やはり帝国ホテルの正面玄関は、タクシーが多い。
ドアマンの方々がウエルカムな笑顔で、お客様を迎えつつてきぱき次々
とやってくるタクシーを誘導していく。
DSCN5870jyu.jpg
という訳で、改めて本館玄関を通る。
折角なのでクリスマスツリーやケーキを見学していく事にした。
DSCN6039hyt.jpg
中二階踊り場から見た、正面玄関の様子。
階段から見ると、更に華やかですね。
DSCN5871jyu.jpg
DSCN5880juy.jpg
DSCN5881jty.jpg
2016年帝国ホテル本館ロビーのクリスマス装飾は、ホワイトハウスのクリスマス装飾を
手掛けた事がある、ケーキデザイナー マギー・オースティン氏が手掛けたそうだ。
プリザーブドフラワーの赤いバラに、女性的な装飾が施されている。
DSCN6043hty.jpg
DSCN6042hty.jpg
DSCN6044bgf.jpg
DSCN6045bgf.jpg
帝国ホテルクリスマス恒例
スィーツアートコンペティションなども開催されていて
華やかだった。
DSCN5873jyu.jpg
DSCN5875jyu.jpg
DSCN5876jyu.jpg
DSCN5879juy.jpg
さて、フロントでチェックインしようかと思ってフロントに
顔を向けたら、ベルマンらしき方が寄ってきて笑顔で案内してくれる。
……は、早い……一瞬で、フロントに用があると気づかれた。

DSCN5883jty.jpg
カウンター横の荷物置き場にベルマンの方が「この置き方でよろしいでしょか?」
という、確認が。
あまりのうやうやしさに、震えあがる。

カウンターで一休で予約したと告げると用紙を出され、氏名と住所電話番号を記入。
そして、カードの提示か、前金として現金でのデポジット入金をお願いされる。
(帝国ホテルのデポジットは1.5倍)

にしてもなんだ? このカウンターの方のアットホームな笑顔と雰囲気は。
てっきり重厚かつフォーマルな重い雰囲気かと思ったらまるで逆!!
これが帝国ワールドか。
既に居心地いいぞ


この日は外国人客や、常連のご婦人の方などがカウンター付近で
受付されていた。
(特に、常連らしき方々は雰囲気が重厚な感じがした)
DSCN6332cwecew.jpg
宿泊者専用カードキーを受け取る。やったね!

このカードがないと、宿泊施設へ入館が出来ないシステムになっている。
なんだか、このカードキーを受け取った瞬間気分が既に高揚してしまった。
DSCN5886ht.jpg


カードデポジット前受け取り金証を受け取ると、おかけになってお待ちくださいと言われ
カウンター近くの椅子に誘導される。
緊張感と精神的疲労で頭がいっぱいになっていたが、なんとなくリラックスしてくる。
しかし、色々な意味で帝国ホテルは親切だな。
DSCN6062dafnbrfsrh.jpg

領収書をカバンにしまおうとすると、ベルマンの方に声をかけられる。
体育会系な文系ぽい? ベルマンの方が満面の笑みであいさつをしてきた。
なんか言葉使いが、異常に丁寧で衝撃を受ける。
どうやらタワー館の特別階の部屋まで、私を案内してくれるという。
案内?
そうか……よく考えたら、ここに宿泊に来たんだった。

なんとなく気分はいつものレストランを利用している感覚だった。
これから、部屋に移動というスーパーイベントが控えていたのか!
DSCN5887hyt.jpg
ベルマンの方が笑顔で私の荷物を持ちながら、エレベーター前まで移動する。

帝国ホテルの場合フロントでのチェックインの後、フロント横のエレベーターを使って
お客様の部屋までの移動を、スタートさせる事になる。

ベルマンがエレベーター前の女性スターターと、瞬時に会釈と打ち合わせ
を済ませる。

(本館前には「スターター」という、エレベーターに乗ってお客様を
スタートさせる役割の女性スタッフがいる)

ベルマンの方が、二人組のお客様が乗ったエレベーターに入っていった。
??なんで?
「どうぞお乗りください、紅茶公爵様」
どうやら、私が乗る為にエレベーターを止めておいてくれたらしい。
こ、これが宿泊客モードか!

あわわわわっ。
DSCN5889ht.jpg
DSCN5891ht.jpg
ちなみにタワー館に移動する際は、
①まず本館エレベーターで中二階まで移動。
②更に中二階から連絡通路を使って本館からタワー館に徒歩で移動。
③エレベーターで高層特別階に移動することになる。
DSCN6391vf.jpg
中二階に到着。先日大変お世話になったフランス料理店「レ セゾン」もこの中二階にある。
DSCN6393vfd.jpg
これが本館とタワー館を繋ぐ、中二階連絡通路。
ベルマンの方によると、お年を召した常連の方はカウンターから部屋まで歩かなくていい本館へ宿泊する傾向にあるとか。
逆に、若い方々はタワー館に好んで宿泊する傾向が多い。

今回私は重量のある荷物を、ベルマンの方に運んでもらっているので
心配になり声をかけると、ベルマンの方曰く外国の方々の荷物は大変重く、
こんなものではないらしい。

本館からタワー館まで移動するには多少時間がかかる訳で、その間帝国ベルマンの
会話力や技術が試される訳だ。
DSCN6394vfd.jpg
ふと途中左手を見ると、宴会ロビー出口が見えてみた。
(年末なので宴会客が多かった)
しかし、ベルマンの方と一緒に歩くと結構注目されるんですね。
DSCN6369vd.jpg
宴会出口側ロビーの様子。
DSCN6364vdf.jpg
DSCN6398vdf.jpg
遂に、タワー館中二階「セキュリティエントランス」到着!
このセキュリティエントランスを通らないと、タワー館居住者用エレベーターに入
れない仕組みになっています。
言わば、宿泊用の結界な訳ですよ。

ここから先が、宿泊客にしか入れない空間か……
謎のオーラーが出ているな……

ルームカードキーで入場できるシステムです。
ベルマンの方がセキュリティエントランスに入る為の操作方法を、丁寧に教えてくれる。
DSCN6363vf.jpg
ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ
(実際は、スムーズかつ静寂に扉が開きます)
DSCN6397vfd.jpg
つ、遂にセキュリティーエントランスが開いた!
更に気分が盛り上がる!!!
DSCN6399vd.jpg
こ、これがタワー館エントランスの内部か……おおっ
DSCN6362vf.jpg
セキュリティエントランスを通るといきなり静寂かつ清潔な空間が登場。
こ、これが居住者専用の空間か。
(まだ入り口でしかないのだが)
DSCN6358vfd.jpg
gegerfregedq.jpg
フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライトデザインのタワー館仕様のチェアが3脚も!
おおおっ! これはオリジナルモデル????
いっ、椅子だけで、圧倒される!!!
DSCN6820vdf.jpg
DSCN6359vdf.jpg
右手の方に曲がると……
DSCN6402vfd.jpg
タワー館居住者専用エレベーターが姿を現す! 
DSCN6818vfd.jpg
いよいよここから、特別階へ一気に行きます!!
うわー、エレベーターの扉が上品な金色……
DSCN6351vdfvfvs.jpg
これがタワー館居住者用エレベーター!
やっぱり本館エレベーターと同じく、スターターの方が
花をエレベーター内にも生けてあるのか。
しかも椅子付き!
DSCN6352vfd.jpg
おおお! これがタワー館エレベーターの操作パネルか。
本館と同じ様式の、ブロックみたいなパネルですね。
(操作パネルだけ見て興奮してしまった)
21~31階が客室になっていたのか。
特別階はパネルが大型なので、どこかプレミア感があります。

DSCN6353vdf.jpg
タワー館にフィットネスセンターやプールが配置されている。
DSCN6354vdvds.jpg
エレベーター天井のライティングが、フランクロイドライトの
名作ライト「タリアセン」をヒックリ返したみたいでカッコいい!!
DSCN6403vfd.jpg
DSCN6355vd.jpg
床が上品な鼠色。
ちなみにベルマンの方は、仕草が上品&大変話し上手な方だった。
なんだか、初めて会った気がしない位親し気だ。
お陰様で過度の緊張をしないで済んだ。
DSCN6803vfd.jpg
30階に到着です!
あ、なんかレトロですが新築感があります。
ここも、怖い位清潔な空間だ。
しかも静寂感が更に増しています。

DSCN6802vfd.jpg
タワー館特別階廊下の窓(昼間の画像です)からとんでもない眺望が……
DSCN6810vfd.jpg

なんと特別階廊下の窓から、帝国ホテル本館の屋上が一望できる!
レトロ建築物(と言っても本館自体1970年台の建築物だが……)好きにはたまらない光景!
な、なんだ? この映画の様な空間は……浮世離れしすぎている。
タワー館特別階廊下からだと、こんな秘密結社の建築物の様な光景が一望できるのか。
(撮影は翌日昼頃しました)
DSCN6350vfd.jpg
これがタワー館特別階の廊下か。女性的で清楚なデザインの廊下ですね。
柔らかい雰囲気のデザインで、心が落ち着く。
てっきりレトロ感を強調した廊下かと思っていたけど、逆だった。
しかし、ここも静寂に満ちている。
DSCN6345brg.jpg
さて、いよいよ今回お世話になった部屋前に到着!

では次回、特別階プレミアムタワーフロア スーペリアルームレビュー編に
続きます。
帝国ホテル 東京 【一休限定】「WINTER OFFER 第2弾」 特別階プレミアムタワーフロア コンチネンタルブレックファスト付
Posted by

スポンサードリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply